モルディブのフィノールにある「Beach Bubble Tent」|いつかは泊まりたい世界の宿 #3

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

バブルといえば?

©TSMIC
ビーチなんて世界中にありふれてる。テントに泊まるっていうのも、グランピング全盛の今、珍しいことじゃない。とすれば、ビーチ・バブル・テントでわたしが選ぶべきはバブル(=泡)。消去法で。
 
バブルといえば?
 
シャンパン
バブルバス
シャボン玉
カニ
 
全部持っていこう。
 
バブルバスに浸かりながら、シャンパン片手に、シャボン玉を部屋中に飛ばす。
「Beach Bubble Tent(ビーチ・バブル・テント)」の正しい過ごし方はこれ。
カニは置いておくけれど。
 
©TSMIC
©TSMIC
©TSMIC

Finolhu

住所:Kanufushi Island Baa Atoll, モルディブ
1泊2名あたりの料金:約123,016円〜(2019年2月13日現在)

ビーチ・バブル・テントは、モルディブのレトロシックなラグジュアリーリゾート、フィノールの砂州の突端にある、宿泊のゲストのみ追加料金600ドルから体験できるアクティビティです(利用可能時間は夜から朝まで。ビーチでの夕食と朝食込み)。ザ・スモール・モルディブ・アイランド・カンパニー(TSMIC)のアイディアにより開発されました。お問い合わせ:ワールドホテルズ  0120-557-537
Top image: © TSMIC, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ

関連する記事

アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
「Conrad Maldives Rangali Island」が、たくさんの魚に囲まれながら寝泊まりができる施設の構想を発表した。2018年末にオープン...
2020年の夏、宮崎県青島に「AOSHIMA BEACH VILLAGE」がプレオープンします。
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
いまクラウドファンディングサイトで資金を集めている「Tent Jacket」は、約37,000円と少し割高だけど、多くの人を救うポテンシャルを持っている。
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
江戸日本橋を起点とし、四十三番目の宿場町となる「馬籠宿」。そこには石畳の街道の両脇に江戸の面影を残す集落が広がっています。さらに見る、食べる、泊まる、そし...
気泡緩衝材の“プチプチ”を潰すのが楽しい!って人は注目です。「Bubble Calendar」は365日分のプチプチがついたカレンダー。日めくりの代わりに...