モルディブのフィノールにある「Beach Bubble Tent」|いつかは泊まりたい世界の宿 #3

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

バブルといえば?

©TSMIC
ビーチなんて世界中にありふれてる。テントに泊まるっていうのも、グランピング全盛の今、珍しいことじゃない。とすれば、ビーチ・バブル・テントでわたしが選ぶべきはバブル(=泡)。消去法で。
 
バブルといえば?
 
シャンパン
バブルバス
シャボン玉
カニ
 
全部持っていこう。
 
バブルバスに浸かりながら、シャンパン片手に、シャボン玉を部屋中に飛ばす。
「Beach Bubble Tent(ビーチ・バブル・テント)」の正しい過ごし方はこれ。
カニは置いておくけれど。
 
©TSMIC
©TSMIC
©TSMIC

Finolhu

住所:Kanufushi Island Baa Atoll, モルディブ
1泊2名あたりの料金:約123,016円〜(2019年2月13日現在)

ビーチ・バブル・テントは、モルディブのレトロシックなラグジュアリーリゾート、フィノールの砂州の突端にある、宿泊のゲストのみ追加料金600ドルから体験できるアクティビティです(利用可能時間は夜から朝まで。ビーチでの夕食と朝食込み)。ザ・スモール・モルディブ・アイランド・カンパニー(TSMIC)のアイディアにより開発されました。お問い合わせ:ワールドホテルズ  0120-557-537
Top image: © TSMIC, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。