モルディブのフィノールにある「Beach Bubble Tent」|いつかは泊まりたい世界の宿 #3

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界の宿を紹介するよ!

バブルといえば?

©TSMIC
ビーチなんて世界中にありふれてる。テントに泊まるっていうのも、グランピング全盛の今、珍しいことじゃない。とすれば、ビーチ・バブル・テントでわたしが選ぶべきはバブル(=泡)。消去法で。
 
バブルといえば?
 
シャンパン
バブルバス
シャボン玉
カニ
 
全部持っていこう。
 
バブルバスに浸かりながら、シャンパン片手に、シャボン玉を部屋中に飛ばす。
「Beach Bubble Tent(ビーチ・バブル・テント)」の正しい過ごし方はこれ。
カニは置いておくけれど。
 
©TSMIC
©TSMIC
©TSMIC

Finolhu

住所:Kanufushi Island Baa Atoll, モルディブ
1泊2名あたりの料金:約123,016円〜(2019年2月13日現在)

ビーチ・バブル・テントは、モルディブのレトロシックなラグジュアリーリゾート、フィノールの砂州の突端にある、宿泊のゲストのみ追加料金600ドルから体験できるアクティビティです(利用可能時間は夜から朝まで。ビーチでの夕食と朝食込み)。ザ・スモール・モルディブ・アイランド・カンパニー(TSMIC)のアイディアにより開発されました。お問い合わせ:ワールドホテルズ  0120-557-537
Top image: © TSMIC, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
オウムアムアは「高度な地球外文明によって太陽系に送り込まれたエイリアンの探査機」。米ハーバード大学教授が新著を発表。
今年1月「ルイ・ヴィトン」からデビューした新作は、美しくラグジュアリーでありつつも、メゾンの創作物に対する姿勢が伝わってくる。
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
フレグランスカプセルが入ったマスク用のノーズパッド「Petitnina nosepad」(プチニーナ ノーズパッド)」が、2月6日(土)までクラウドファン...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。