イギリスのディールにある「The Rose Deal」|いつかは泊まりたい世界の宿 #8

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

なんせ、わたしは20代の(ニセ)ロンドナー

©Seth Carnill 2018, The Rose Deal
ロンドンに社会人留学して約2ヶ月。言葉の不自由は思ったほどじゃないし、生活もあまり東京と変わらない。良くも悪くもロンドンでの日常に慣れたわ。
 
時々、友だちのベンが最新のトレンドスポットに連れてってくれる以外には楽しみがない。だからわたし、イギリスに来てはじめて、旅の計画を立てることにしたの。といっても、金も時間もないので、いわゆる週末の国内旅行よ。
 
選んだのはディールという街。
 
ロンドンから車でも電車でも約2時間ぐらいで行ける。東京でいえば房総半島あたりのイメージかしら。一応、リゾート地とされているけれど、Instagramで見るかぎりアッパーな雰囲気はあまりない。かと言って寂れてるわけでもない。うん、そうそう、コレコレ。日本からじゃ絶対に行かないような、ローカルな感じがいいのよ。
 
昼間はさして興味ない観光地をつまらなそうな顔して巡るのよ。そんなアンニュイなわたしのバイブスに、勝手にアジアンビューティーを見出して声をかけてくる胡散臭いオトコもいるけれど、全部パス。
 
夜はため息混じりに、地元のパブに入るの。瞬間、ジロリと常連のオジサンたちに睨まれて。だけど、1時間後には彼らと肩くんで、謎のサポーターズソングをシンガロンしてることでしょう。都会の生活に疲れたわたしを癒やしてくれるのは、場末の飲み屋だったというオチ……。
 
ただ、ホテルだけは洒落込みたいわ。なんせわたしは20代の(ニセ)ロンドナー。ドミトリーは肌に合わない。小さいけれどセンスのいい、ブティックホテルってのがいいわ。
 
写真で見る限り「The Rose Deal(ローズ・ディール)」がよさげ。コギレイだし、インテリアのチョイスもいいんじゃない。ん?アメニティが「Austin Austin(オースティン・オースティン)」じゃない!!わたし、大好き、コレ。
 
このブランドを持ってくるあたり、信用できる。
 
決めた。週末のディール旅行は、「The Rose Deal」に泊まるわ。
©Seth Carnill 2018, The Rose Deal
©Seth Carnill 2018, The Rose Deal
©Seth Carnill 2018, The Rose Deal

The Rose Deal

住所:91 High St, Deal CT14 6ED イギリス
1泊2名あたりの料金:約16,245円〜(2019年2月18日現在)

Top image: © Seth Carnill, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ

関連する記事

フロントタイヤを二輪にした「ゴールドトライアングル構造」によってバツグンの安定感を誇るニュータイプの電動キックボード型モーターサイクル「ilark」が「M...
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
ウォッカと言えば、一般的に原料としてイモ類や穀物が使用されることが多いですよね。でも「Black Cow」ウォッカの原料となるのは牛乳です。
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
愛する人を失った悲しみの中にいる、すべての人たちへ。
江戸日本橋を起点とし、四十三番目の宿場町となる「馬籠宿」。そこには石畳の街道の両脇に江戸の面影を残す集落が広がっています。さらに見る、食べる、泊まる、そし...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...