イギリスのディールにある「The Rose Deal」|いつかは泊まりたい世界の宿 #8

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

なんせ、わたしは20代の(ニセ)ロンドナー

©Seth Carnill 2018, The Rose Deal
ロンドンに社会人留学して約2ヶ月。言葉の不自由は思ったほどじゃないし、生活もあまり東京と変わらない。良くも悪くもロンドンでの日常に慣れたわ。
 
時々、友だちのベンが最新のトレンドスポットに連れてってくれる以外には楽しみがない。だからわたし、イギリスに来てはじめて、旅の計画を立てることにしたの。といっても、金も時間もないので、いわゆる週末の国内旅行よ。
 
選んだのはディールという街。
 
ロンドンから車でも電車でも約2時間ぐらいで行ける。東京でいえば房総半島あたりのイメージかしら。一応、リゾート地とされているけれど、Instagramで見るかぎりアッパーな雰囲気はあまりない。かと言って寂れてるわけでもない。うん、そうそう、コレコレ。日本からじゃ絶対に行かないような、ローカルな感じがいいのよ。
 
昼間はさして興味ない観光地をつまらなそうな顔して巡るのよ。そんなアンニュイなわたしのバイブスに、勝手にアジアンビューティーを見出して声をかけてくる胡散臭いオトコもいるけれど、全部パス。
 
夜はため息混じりに、地元のパブに入るの。瞬間、ジロリと常連のオジサンたちに睨まれて。だけど、1時間後には彼らと肩くんで、謎のサポーターズソングをシンガロンしてることでしょう。都会の生活に疲れたわたしを癒やしてくれるのは、場末の飲み屋だったというオチ……。
 
ただ、ホテルだけは洒落込みたいわ。なんせわたしは20代の(ニセ)ロンドナー。ドミトリーは肌に合わない。小さいけれどセンスのいい、ブティックホテルってのがいいわ。
 
写真で見る限り「The Rose Deal(ローズ・ディール)」がよさげ。コギレイだし、インテリアのチョイスもいいんじゃない。ん?アメニティが「Austin Austin(オースティン・オースティン)」じゃない!!わたし、大好き、コレ。
 
このブランドを持ってくるあたり、信用できる。
 
決めた。週末のディール旅行は、「The Rose Deal」に泊まるわ。
©Seth Carnill 2018, The Rose Deal
©Seth Carnill 2018, The Rose Deal
©Seth Carnill 2018, The Rose Deal

The Rose Deal

住所:91 High St, Deal CT14 6ED イギリス
1泊2名あたりの料金:約16,245円〜(2019年2月18日現在)

Top image: © Seth Carnill, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ

関連する記事

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...