オランダのアムステルダムにある「The Yays - Crane Apartment」|いつかは泊まりたい世界の宿 #4

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

まってろ、クレーンホテル

©2019 Yays Concierged Boutique Apartments

人それぞれ嫌いな食べ物があるように、わたしも少し前までニンジンとピーマンとパクチーが嫌いだった。

だけど、その3つを好きな女の子は「小動物のように可愛らしくて少し個性的でモテそう」と思ってて、自分もそうなりたかったから克服できるよう頑張ってみた。

といっても特別なことをしたわけではない。

目の前に出てきたら残さずに食べ続けただけ。でも、いつのまにか好きになれていたから「継続は力なり」とはよく言ったものだなあと思う。

この経験をふまえた上で次のミッションは、高所恐怖症の克服。
 
デートで観覧車に乗れない自分のさがとお別れしたい。
 
そのトレーニングの場として、このホテルに泊まりたい。
 
クレーンホテル――客室からの眺めは、わたしにとって恐怖でしかない。歩道橋や観覧車と同様に、なんかこの鉄骨丸出しのルックスが信用できない。そして、信用できないからこそ意味がある。そういう場所で一晩過ごすことで、わたしはきっとひとまわり大きくなれる。愛しのカレと観覧車でいちゃいちゃできる。
 
とくに楽しみなのはベッドと出窓の約40cmのすき間。シースルーの恐怖……。
 
なんにしろ、私にはニンジンとピーマンとパクチーを克服した実績がある。今度のミッションも必ず成功させるに違いない。
 
まってろ、クレーンホテル。
©2019 Yays Concierged Boutique Apartments
©2019 Yays Concierged Boutique Apartments
©2019 Yays Concierged Boutique Apartments

The Yays - Crane Apartment

住所:Surinamekade 34, 1019 BH Amsterdam, オランダ
2名1泊あたりの料金:約44,677円〜(2019年2月14日現在)

Top image: © 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!