バスルームのせいで、きっと連泊したくなる。

バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひとつのルールにしていて。
でも、『The Cabochon Hotel(カボション ホテル&レジデンス)』だけは、一歩足をふみ入れたものなら、滞在中ずっと泊まりたくなってしまうと思うんですよね。
 
すベてはこのバスルームのせいで。

白いタイルの壁に大理石風な床の組み合わせは、べつに珍しいものじゃありません。そこにでんっとたたずむブロンズのバスタブが、私をこの空間の虜にしたんです。

入り心地なんて、この際どうでもよくって。「ここにいるわたし」っていう、女子らしい発想で、とにかくここに泊まりたいわけです。


朝、9時くらいに起きて、朝ごはんを食べたら、お散歩 & ショッピングへ。バンコクは本当に暑いから、3時くらいにバテて、トゥクトゥクでいったんホテルへ帰る。
そしたらバスルームへ直行!サイドテーブルにはお水とフルーツを用意して、ちょっとぬるめのお湯がたまったバスタブにつかりながら、iPadで映画を観て(とにかくハッピーなやつ)。それが終わったらシャワーを浴びて、バスルームを出る。

髪の毛を乾かして、お化粧したら、ちょうど6時くらい。そこから夜の街へ繰り出す──。


こんな映画みたいな時間の過ごし方を、飽きるまでくり返したい!

The Cabochon Hotel

住所:14/29 Soi Sukhumvit 45, Sukhumvit Road, Klongton Nua, Bangkok, Wattana, 10110, Thailand(BTSプロームポン駅から徒歩3分)

1泊あたりの料金:2名25,521円~(2018年1月11日現在)

HP:http://www.cabochonhotel.com/

andmore
他の記事を見る
一足先に「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してきました!
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
マスタードイエローの看板が目印渋谷をもっと楽しめるホテルMUSTARD HOTEL〒150-0011 東京都渋谷区東1-29-3 SHIBUYA BRID...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
2月1日にオープンした「MUSTARD HOTEL ASAKUSA 1」と「TEMBEA」のトートバッグは、楽しみ方が似ているんです。
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。