バスルームのせいで、きっと連泊したくなる。

バンコクには定期的に行っています(理由はさておいて)。日本と比べてラグジュアリーホテルの宿泊料金がお得なこの街では、いろんなところに泊まってみるのを、ひとつのルールにしていて。
でも、『The Cabochon Hotel(カボション ホテル&レジデンス)』だけは、一歩足をふみ入れたものなら、滞在中ずっと泊まりたくなってしまうと思うんですよね。
 
すベてはこのバスルームのせいで。

白いタイルの壁に大理石風な床の組み合わせは、べつに珍しいものじゃありません。そこにでんっとたたずむブロンズのバスタブが、私をこの空間の虜にしたんです。

入り心地なんて、この際どうでもよくって。「ここにいるわたし」っていう、女子らしい発想で、とにかくここに泊まりたいわけです。


朝、9時くらいに起きて、朝ごはんを食べたら、お散歩 & ショッピングへ。バンコクは本当に暑いから、3時くらいにバテて、トゥクトゥクでいったんホテルへ帰る。
そしたらバスルームへ直行!サイドテーブルにはお水とフルーツを用意して、ちょっとぬるめのお湯がたまったバスタブにつかりながら、iPadで映画を観て(とにかくハッピーなやつ)。それが終わったらシャワーを浴びて、バスルームを出る。

髪の毛を乾かして、お化粧したら、ちょうど6時くらい。そこから夜の街へ繰り出す──。


こんな映画みたいな時間の過ごし方を、飽きるまでくり返したい!

The Cabochon Hotel

住所:14/29 Soi Sukhumvit 45, Sukhumvit Road, Klongton Nua, Bangkok, Wattana, 10110, Thailand(BTSプロームポン駅から徒歩3分)

1泊あたりの料金:2名25,521円~(2018年1月11日現在)

HP:http://www.cabochonhotel.com/

スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
香港にある「TUVE HOTEL」のアメニティが、LE LABOのものなんです。
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
バンコクを中心にストリートアートを通して、人々の意識を覚醒しようとするHeadache Stencilにインタビュー。
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
バンコク発「Silent Brew Yoga」は、ビールヨガとサイレントディスコのミックス。参加者は自分が好きなジャンルの音楽を選択。そしてビールをすすり...
本のように見えるこれ、なんだと思います? 乙女心を揺さぶる淡い色合いのパッケージと、シーンを思わせるタイトル。「空想バスルーム」というシリーズのバスパウダ...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...
実現できるようにがんばろっと。