欲望を巧みに刺激する、中国ラブホ最新事情。

日本人にしてみれば見慣れた光景も、海外からくる観光客には物珍しくて仕方ないものがあります。たとえば「ラブホテル」、これも立派な日本固有のカルチャー。

ヨーロッパ圏ではもちろん、同じアジア地域でもほとんど目にする機会がなく、訪日し初めてラブホテルを目にする外国人たちは、絢爛豪華な見た目と、アミューズメントパークのような凝ったつくりに感動するんだとか。

さて、そんなラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭州・西湖に最新ラブホテル「Mylines Hotel」がオープンし話題となっています。

コンセプトは、感情と欲望

7f54ef8cde59d829dd400cc76e9761a08527274d

現在、中国には300~500軒のラブホテルが存在するそうですが、従来のラブホはとにかく雰囲気が派手。さらに陽気なのが特徴で、あまりセックスに対しての雰囲気づくりには向いていないものが多かったようです。

そこで、愛し合う2人の気分を高揚させる、セクシーでロマンチックなデザインのラブホテルを、というコンセプトから、中国最大の大人の玩具専門店Chun Shui Tangと、デザインスタジオであるLYCSアーキテクチャーが協力し、コンセプチュアルなラブホテルを作り上げました。

「Mylines Hotel」には33部屋が準備されていて、各部屋は人間の感情や欲望をコンセプトにデザインされているそうです。音響や照明などが幻想的な雰囲気を盛り上げ、人の心を高揚させる環境が宿泊客の胸の奥に眠る欲望を呼び覚ますようです。

Room01:
【ナルシシズム】

53a0e8dc70a38834679c4bfc23c5a2eefb0d8263D453e16a5469188bd0bd7fa39ee32d7f08c563d2E6381dd4cbc002974a4c969b1d805115628288c1

実際に部屋をいくつか紹介しましょう。この部屋のコンセプトは「ナルシシズム」。自己愛ですね。

鏡張りになった壁が、欲望をあらわにした自分自身を映し出します。現実感や平衡感覚を失うつくりは、まるでミラーハウスのよう。自分の肌に触れるものの感覚がいつもより鮮明になることでしょう。

Room02:
【長く秘められた欲望】

7ed5d7bccc0a076516e9d3edd367e069ebabfd126f3e80c311684789c6fec0ffcbe9fb6b7145efabD496800ac5b63a01826e5c6b0a2ff9055f011da2744c4d45b8c8a56649805b2fb3f367ee92ff8807

相手をひとりで想う時間。孤独に苛まれる時間。

恋愛において、待つということは必ずしも悪いことではありません。ひとりの時間が愛を育み、内なる欲望を膨らませるからです。そんな静かな情熱を表したのがこの「長く秘められた欲望」の部屋。

ひとりずつに設置されたシャワールームや廊下など、相手の姿が見えない時間を過ごすことで、寝室に入るまでのドキドキ感を演出します

Room03:
【暴露】

86c2940f9e900d159897977bb6567a251b2d5eeaB833fc2166046864469761e2f7957ad74e136646A3e061433125386e8030bc26041c5fe3ba9c6d40

 こちらは「暴露」というコンセプトにふさわしいガラス張りの部屋。

プライバシーを保障する設計になっていると言われても…これじゃ外から丸見え!?という緊張感がありますよね。そのスリルを最大限演出するため、部屋の中心にはバスタブが置かれ、ベッドやソファなどの家具は、すべて窓際に配置されています。

Room04:
【ファンタジー】

868e3824f79b29805463cffe78b922629378d37cFb441f53e5dbcffd8f5db0a8f3f3c57969e2577eEc933dd0ed76e310c20fb66583fa5af24bcc2f94

非現実的な空間「ファンタジー」。

真っ白な床や天井、ガラス張りのシャワールームなどが日常生活と離れた環境を演出します。ラブホテルの醍醐味はなんと言っても普通のホテルとは一線を画した「特別感」ですよね。

宿泊場所にもワクワクや驚きがあってほしい、普通のホテルでは物足りないというカップルでも、「Mylines Hotel」は満足できそう。中国の最先端ラブホ事情、海外旅行に行くにあたって知っておいて損はないかも。

Licensed material used with permission by LYCS Architecture
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
中国のハワイとして開発が進むビーチリゾート「海南島」は、中国最南端に位置する。島の大きさは九州ほどで、島南部は熱帯気候に属する。この島がハワイと言われるゆ...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
バックパッカーの人気ランキングで、上位にくいこむ中国雲南省の大理(ダーリー)。大理石の名産地であるこの土地に生息するのが「ダーリーズ」と呼ばれる日本人ヒッ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
河南省は、中国古代文明の発祥地の一つとして知られている地域。その山間に近代的なデザインの建築物が誕生した。『The Shaolin Flying monk...
日本でも『LINE』などでグループチャット機能を使っている人は多いと思います。中国でもグループチャットは盛んで、仕事でも当たり前に使われています。
「インスタジェニックな香港」といえば、ヴィクトリア・ピークやシンフォニー・オブ・ライツで異論なし。だけど、James Wongは、単なるストリートにその美...
昔ながらの中国が色濃く残る。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...