欲望を巧みに刺激する、中国ラブホ最新事情。

日本人にしてみれば見慣れた光景も、海外からくる観光客には物珍しくて仕方ないものがあります。たとえば「ラブホテル」、これも立派な日本固有のカルチャー。

ヨーロッパ圏ではもちろん、同じアジア地域でもほとんど目にする機会がなく、訪日し初めてラブホテルを目にする外国人たちは、絢爛豪華な見た目と、アミューズメントパークのような凝ったつくりに感動するんだとか。

さて、そんなラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭州・西湖に最新ラブホテル「Mylines Hotel」がオープンし話題となっています。

コンセプトは、感情と欲望

中国ラブホ最新事情

現在、中国には300~500軒のラブホテルが存在するそうですが、従来のラブホはとにかく雰囲気が派手。さらに陽気なのが特徴で、あまりセックスに対しての雰囲気づくりには向いていないものが多かったようです。

そこで、愛し合う2人の気分を高揚させる、セクシーでロマンチックなデザインのラブホテルを、というコンセプトから、中国最大の大人の玩具専門店Chun Shui Tangと、デザインスタジオであるLYCSアーキテクチャーが協力し、コンセプチュアルなラブホテルを作り上げました。

「Mylines Hotel」には33部屋が準備されていて、各部屋は人間の感情や欲望をコンセプトにデザインされているそうです。音響や照明などが幻想的な雰囲気を盛り上げ、人の心を高揚させる環境が宿泊客の胸の奥に眠る欲望を呼び覚ますようです。

Room01:
【ナルシシズム】

中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情

実際に部屋をいくつか紹介しましょう。この部屋のコンセプトは「ナルシシズム」。自己愛ですね。

鏡張りになった壁が、欲望をあらわにした自分自身を映し出します。現実感や平衡感覚を失うつくりは、まるでミラーハウスのよう。自分の肌に触れるものの感覚がいつもより鮮明になることでしょう。

Room02:
【長く秘められた欲望】

中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情

相手をひとりで想う時間。孤独に苛まれる時間。

恋愛において、待つということは必ずしも悪いことではありません。ひとりの時間が愛を育み、内なる欲望を膨らませるからです。そんな静かな情熱を表したのがこの「長く秘められた欲望」の部屋。

ひとりずつに設置されたシャワールームや廊下など、相手の姿が見えない時間を過ごすことで、寝室に入るまでのドキドキ感を演出します

Room03:
【暴露】

中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情

 こちらは「暴露」というコンセプトにふさわしいガラス張りの部屋。

プライバシーを保障する設計になっていると言われても…これじゃ外から丸見え!?という緊張感がありますよね。そのスリルを最大限演出するため、部屋の中心にはバスタブが置かれ、ベッドやソファなどの家具は、すべて窓際に配置されています。

Room04:
【ファンタジー】

中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情中国ラブホ最新事情

非現実的な空間「ファンタジー」。

真っ白な床や天井、ガラス張りのシャワールームなどが日常生活と離れた環境を演出します。ラブホテルの醍醐味はなんと言っても普通のホテルとは一線を画した「特別感」ですよね。

宿泊場所にもワクワクや驚きがあってほしい、普通のホテルでは物足りないというカップルでも、「Mylines Hotel」は満足できそう。中国の最先端ラブホ事情、海外旅行に行くにあたって知っておいて損はないかも。

Licensed material used with permission by LYCS Architecture
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
編集部員が「Good Clean Love ビオジェネシス」を初体験した感想をお届けします。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
3月15日、RADWIMPSは新曲『Light the Light』を発表し話題となっている。世界的に広がりをみせるコロナウイルスの影響で苦しみ、不安を抱...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
2018年に初めて隅田川での航行を実現した「ファスナーの船」が再登場。
「Go To Eatキャンペーン」の対象店をいくつものサイトを横断して検索しながら、不便だなぁ……と思っていた人もいるのでは?そこで完成したのが、東京のG...
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
中国のスマートシティ雄安新区の都市計画コンペで、スペインの「Guallart Architects」が「自給自足都市」を設計し、見事に優勝。その未来都市っ...
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...