本当のマカオは、「こっち」なのかもしれない

 

みなさん、マカオと聞いて、最初になにを思い浮かべますか?

カジノ?ラグジュアリーなホテル?
きっと、そういう非日常的な観光スポットを想像する人が多いと思います。

かくいうわたしもそうでした。だから、この間はじめてマカオに行ってびっくりしたんです。非日常を体験できるのは、一部のエリアに限ったはなし。すこし外れた場所へ移動すると、そこには、昔ながらの中国が色濃く残る、マカオならではの日常の風景が広がっていました。

 

 

その土地の日常にもぐりこめるのも、旅の醍醐味だったりしますよね。

 

Photo by Kozai Mikako
他の記事を見る
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
だから、味にはほぼノータッチです。
マカオの住宅街を散歩していると、家の玄関にこういう郵便受けが掛かっている風景をよく見かけました。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
UAE(アラブ首長国連邦)の生産者が、ジープで砂漠まで行き、集めた砂を使って作られたコーヒーカップ。フォルムは変わりゆく砂丘をイメージ。大切な人にこそプレ...
ここ、どーこだ。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
もう、何から何まで想像以上に素敵で。
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
 加工とか演出がほどこされていない、あらゆるものごとの「生」の状態って、とてもすてきだと思います。中国の若者たちの日常を紹介した記事の反応をみていると、こ...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾に続き、今回も中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの...
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第一弾は中国編です。クール?それともファニー?中国のミレニアルズの、理解を超え...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
なんかちょっと、変なんだけど。
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...