本当のマカオは、「こっち」なのかもしれない

 

みなさん、マカオと聞いて、最初になにを思い浮かべますか?

カジノ?ラグジュアリーなホテル?
きっと、そういう非日常的な観光スポットを想像する人が多いと思います。

かくいうわたしもそうでした。だから、この間はじめてマカオに行ってびっくりしたんです。非日常を体験できるのは、一部のエリアに限ったはなし。すこし外れた場所へ移動すると、そこには、昔ながらの中国が色濃く残る、マカオならではの日常の風景が広がっていました。

 

 

その土地の日常にもぐりこめるのも、旅の醍醐味だったりしますよね。

 

Photo by Kozai Mikako

関連する記事

ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
だから、味にはほぼノータッチです。
マカオの住宅街を散歩していると、家の玄関にこういう郵便受けが掛かっている風景をよく見かけました。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
ここ、どーこだ。
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
ラブホが中国でも昨年来ブームの兆し。観光局も、今後大きな成長が見込まれる分野、と。その先駆けとして、古代中国のラブストーリー『白蛇伝説』の舞台となった、杭...
アメリカ、フランス、中国など世界の12の国と地域の人々の間では、終息後に訪れたい旅行先として日本がもっとも人気だという。
先日旅行で廈門市を訪れましたが、そこで利用したトイレが以前北京で経験した「ニーハオトイレ」と違いすぎて驚きました。リゾート地だったからかもしれませんが、中...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
「ニュージーランド政府観光局」がキャンペーン動画を通して「インスタ映えの旅はもう止めよう」とメッセージを発信中。
 加工とか演出がほどこされていない、あらゆるものごとの「生」の状態って、とてもすてきだと思います。中国の若者たちの日常を紹介した記事の反応をみていると、こ...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...