こんなに「ときめいた」ホテルは、はじめてでした。

 

この間、マカオで「ザ・パリジャン・マカオ」というホテルに宿泊しました。もう、何から何まで想像以上に素敵で、何度もときめいてしまったわけです。

そのポイントすべてを紹介したいところだけれど、となると、かなりボリューミーになってしまいそうなので。今回は、個人的にときめき度が高かったベスト3をお伝えしたいと思います。

【3位】
とにもかくにもゴージャスな
エントランスまわり

 

青い方はサービスフロントで、赤い方はレセプション。どちらも「やりすぎじゃない!?」ってくらいに装飾がほどこされていました。

ふだん、インスタジェニックと形容されるおしゃれなスポットで、まわりの人と同じように記念写真を撮るのは、なんだかこっぱずかしくて遠慮しがちなわたしでも、このふたつのスポットだけは、例外。カウンターに立って、すかしたポーズして、ばっちりいい感じに撮ってもらいました。

 

 

エントランスの奥にある廊下。ヨーロッパの歴史映画に出てくる王宮の舞踏会場みたい!この先に宿泊階へ上がるエレベーターがあるので、滞在中何度も通ったのですが、そのたびにドキドキしちゃいました。

とにかくホテル全体がフォトジェニックで、いたるところで観光客が(地元の女子高生もいたなあ)パシャパシャと写真を撮っていました。とくにその光景をみかけたのが、ここ。

サンズ・リゾーツ・マカオ内には、世界のインスタジェニックラグジュアリーホテルというランキングのトップ10に選ばれているホテルもあるとのこと。「ザ・パリジャン・マカオ」でじゅうぶんゴージャスなのに、そこはいったいどんな風になっているんだろう!

【2位】
バスルーム(と、その界隈のもの)

 

バスルームが大理石風の床ってだけで、かなりテンションが上がるんです。ただね、このバスルームに惹かれた理由は、大理石風の床だからではなくて。バスタブとシャワールームが別々の、こんなに広いバスルームは、はじめてだったから。

半身浴をしながら映画をみたら、「いま、わたしとっても優雅じゃん!」という自己満足感にひたることができて、1日動き回った疲労はどこへやら、でした。

 

 

アメニティの歯磨きセット。色の組み合わせがキュートで一目惚れしたので、お家に持ち帰ってきました。

 

 

ふだん、ひとりの時は、ほぼ裸の状態で寝るんです。でも、このバスローブは一度試着したら肌触りがフッワフワ、着心地がとてもよくて。滞在中、ひとり部屋なのに裸から程遠い状態で寝ました。

【1位】
1日中ビュッフェが楽しめる!

 

「Le Buffet」は、朝6時30分から夜の10時までほぼ1日中ビュッフェが楽しめます(メンテナンスのため、30分程度クローズするタイミングが2、3回あるそうです)。寝坊して朝食を食べ損ねる、なんてこともなければ、ランチに、アフタヌーンティーに、ディナーに(アルコールメニューもあります)、使い勝手がとてもいいレストランなんです。

メニューもかなり充実していて、お腹の都合でコンプリートできないのがこころの底から悔しかった!

 

 

クロワッサン、シナモンロール、フレンチトースト。パンだけでも10種類ありました。

 

 

その場でカットしてくれるハム。冷めてもジューシーでした!

 

 

トマトのソテー。甘くて、それでいて香ばしくてすこし塩っ気があって。そのままで食べてもじゅうぶん美味しいんだけど、ハムと、半熟卵の黄味とからめて食べると、もっともっと美味しかった!

 

 

チーズは、エメンタール、チェダー、モッツアレラの3種類。ディナー使いするならうれしいメニュー。

 

 

すべてが自分で選べるヌードル。麺は、ラーメン的なちょっと太くて黄色いものか、ビーフン的な白くて細いもの2種類から、トッピングは、野菜や練り物など10種類から、好きなものを選べます。

オーダーの仕方がわからなくてなんとなくやり過ごしていたら、全部トッピングしてくれて、もりもりヌードルが完成してしまいました。

 


わたしのときめきランキングベスト3はこんな感じ。でも、冒頭に書いたように、ほんとにときめきポイントが多くって。他にも、ショッピングモールに好きなブランドショップが何軒も入っていてときめき、美男美女が出演しているショーを見てときめき、ライトアップされたホテルの外観をみてときめき……。

何度もときめいたおかげで、とってもいいリフレッシュになった滞在でした。最終日は名残惜しい気持ちとともにホテルを後にして、帰国して1週間以上たったいまでも、まだ戻りたくて仕方ありません!

 

The Parisian Macao

住所:Estrada do Istmo, Lote 3, Cotai Strip, Macao SAR, P.R. China

1泊あたりの料金:
デラックスルーム(33㎡)2名1室1,198MOP=約15,600円~(2018年4月現在)
リヨンスイート(72㎡)2名1室1,798MOP=約23,400円~(2018年4月現在)
※料金には、10%のサービス料と5%の税金が加算されます。
※現在、「スプリング・ゲッタウェイ」という宿泊プランをプロモーション中(2018年7月11日まで予約可能で、宿泊は2018年7月13日まで適用されます)。上記とほぼ変わらない料金で、さまざまな特典がついてくるお得なプランです。

WEB:https://jp.parisianmacao.com/

 

Le Buffet

営業時間:6時30分〜22時

場所:1階

1人あたりの料金:約2,750円〜(2018年4月2日現在)
※料金には、10%のサービス料が加算されます。
※朝食を含む宿泊プランがあります。

昔ながらの中国が色濃く残る。
マカオの住宅街を散歩していると、家の玄関にこういう郵便受けが掛かっている風景をよく見かけました。
ひとりの旅行でも、誰かと一緒の旅行でも。片手でパッと食べられる食べ物を紹介します。
最初から最後まで、ドキドキが止まりませんでした。
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
だから、味にはほぼノータッチです。
ここ、どーこだ。
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。