クリエイティブな仕事ができる京都のホテル「The Millennials」に行ってみた

NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。

日本でもそんな新しい働き方ができるライフスタイルホテル「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」が京都河原町三条にできた。

カフェでもなく、「ホテルのロビー」がワークスペースとして注目されている。

「The Millennials」とは?

D839d2a29d9727a20bd0c16f3a96bdaead7a08db

手がけるのは、株式会社グローバルエージェンツ。ソーシャルアパートメントなど、新しいライフスタイルを提案する会社だ。

平均年齢も若く、ミレニアル世代にあたる社員が多い。そんな彼らが同じ世代に向けて、自分たちの感性や考え方を表現したのが今回のホテル。

シンプルなエントランスを抜け、僕は8階にあるレセプションへと向かった。

81fda5944b145a5071a58f0530e3f7701db59d166e4ea99b69b0f843a3cd4d4a0f1c84b3ff1cded8

ラグジュアリーなロビーと
ワークスペース「andwork」

8階に上がると、ホテルのロビーと「andwork」と名づけられたワークスペースがある。

ソファーがあるロビー、がっつり仕事ができるワークスペース、最新の調理器具を配備したキッチン&ダイニングスペースの、大きく3つに分かれている。

ホテルも兼ねているので、24時間365日利用可能。深夜に集まって夜食を作りながら仲間と仕事をする、なんてこともできる。

8f255b4452c40df8f5b17a46cfe91a0fce34525a

ソファーの近くには電源コンセントが配備されており、充電の心配をする必要はない。

6ef2452d504cddbf552eeb78845a590c8d25f3b9

ソファーの奥に見えるのがレセプション。フリービールの提供もあるのだとか。仕事が終わった後の「あの1杯」が待ち遠しい。

Ebd9f8398be35a0f4ab85a54642a99083209df4a5c15c140df67f9e96dbca10f5f768d37cea451c3

月額プランによっては私書箱も使える。

Ea5b74376ca34afb98db0426109dc6bd7e887d99Acea68126f6a36a84e9d2f266c19871b008409cd

無料の朝食サービスも。

BALMUDAでリベイクしたパンは、やはりおいしかった。

97fa1750900ac0b935df59ffd3eeb57a2abd8fb68c6ffc2de48619d2486c8ec4b90ce843e73e8bed

なぜか落ち着いてしまうボックスシート。

948b24c2c2e12f8e9fd37e92ad00a514df5cb6f15a3dda37ea190285e63718b753b8e3718bce2690

個室のミーティングルームがあるのは、フリーランスとしてうれしい。オープンにできない話だってあるからね。

86a4921454ba4b73130e4de2afa57299ebf4b1ac7a724e91835b9a97b599a6ebc52766273cf581b87282dfa808c188a171ee1bc21338f5102b056ff9

iPodと連携した
「スマートポッド」

チェックインの際には、iPodが渡され、同社が企画・開発した「スマートポッド」という客室に泊まる。空室があれば、時間制で昼寝をすることも可能。

5311bf06dfb2c3fa69adc5f2a6a4ca532b46c667Fd9085dbf7e36408e408227587296b7bd9425669

iPodがルームキーになっており、内蔵されている専用アプリで空調からベットのリクライニング、ライトまでコントロールする。「ユニークなアラーム」もあるので、お試しあれ。

399cc3940888fdfd850619a9bc5d3cd0ef92df96A33bb6087c59a99a4e063423b8578394327e443f

ベッドは、米国No.1シェアSerta(サータ)社製を採用。120cmのセミダブルサイズで、厚さは25cmのポケットコイル式。移動の疲れもあり、ぐっすり寝てしまった。

Ca4e799877996726cae00606f09da6e4f3276b5f

プロジェクターが付いている客室もある。また、仕切りとなるカーテンに自身のPCやスマホの画面を投影できる。

80インチの大画面を活かしてNetflixを見てもいいし、PC作業だってできる。

Bb5417ea247503343a63c7a8274d37d8b2a1c3eb82c0de7ee41425b2b6247fd79d74d5bfa77635a93dd85211d609c7a86d760c111e2ed5a6d10feb603bfd30b1104060e1c6755655bda73ed11bb5a490

ライフワークミックスな空間

908538cb8711a7eb25993ea06c9f34c52f56b2ac

ロビーで朝食をとり、ソファで仕事をして、客室でちょっと昼寝をする。

夜は集まってきた友人や旅人と夕食を作る。お酒を片手に刺激的な話を聞いて、そこから仕事に繋がることだってある。

NYから始まったムーブメントに乗り遅れないように、更新情報はこちらからチェックしよう。

Licensed material used with permission by andwork, The Millennials
ここは兵庫県篠山市。約400年の歴史を持ち、国の史跡に指定されている篠山城の城下町であるこの場所に、ぜひ訪れてみたい独創的なコンセプトのホテルがあります。
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
農的なライフスタイルを学ぶ場としてオンライン上に登場した「The CAMPus(ザ・キャンパス)」。生産するということは創造することだと考えてみれば、農を...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
歴史的建造物が多く残り、観光地としても人気の「京都」。その地で活躍した人物や歴史的事件は、国内外問わず多くの人が興味を持っています。これまで、地図や鉄道関...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。