クリエイティブな仕事ができる京都のホテル「The Millennials」に行ってみた

NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。

日本でもそんな新しい働き方ができるライフスタイルホテル「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」が京都河原町三条にできた。

カフェでもなく、「ホテルのロビー」がワークスペースとして注目されている。

「The Millennials」とは?

手がけるのは、株式会社グローバルエージェンツ。ソーシャルアパートメントなど、新しいライフスタイルを提案する会社だ。

平均年齢も若く、ミレニアル世代にあたる社員が多い。そんな彼らが同じ世代に向けて、自分たちの感性や考え方を表現したのが今回のホテル。

シンプルなエントランスを抜け、僕は8階にあるレセプションへと向かった。

ラグジュアリーなロビーと
ワークスペース「andwork」

8階に上がると、ホテルのロビーと「andwork」と名づけられたワークスペースがある。

ソファーがあるロビー、がっつり仕事ができるワークスペース、最新の調理器具を配備したキッチン&ダイニングスペースの、大きく3つに分かれている。

ホテルも兼ねているので、24時間365日利用可能。深夜に集まって夜食を作りながら仲間と仕事をする、なんてこともできる。

ソファーの近くには電源コンセントが配備されており、充電の心配をする必要はない。

ソファーの奥に見えるのがレセプション。フリービールの提供もあるのだとか。仕事が終わった後の「あの1杯」が待ち遠しい。

月額プランによっては私書箱も使える。

無料の朝食サービスも。

BALMUDAでリベイクしたパンは、やはりおいしかった。

なぜか落ち着いてしまうボックスシート。

個室のミーティングルームがあるのは、フリーランスとしてうれしい。オープンにできない話だってあるからね。

iPodと連携した
「スマートポッド」

チェックインの際には、iPodが渡され、同社が企画・開発した「スマートポッド」という客室に泊まる。空室があれば、時間制で昼寝をすることも可能。

iPodがルームキーになっており、内蔵されている専用アプリで空調からベットのリクライニング、ライトまでコントロールする。「ユニークなアラーム」もあるので、お試しあれ。

ベッドは、米国No.1シェアSerta(サータ)社製を採用。120cmのセミダブルサイズで、厚さは25cmのポケットコイル式。移動の疲れもあり、ぐっすり寝てしまった。

プロジェクターが付いている客室もある。また、仕切りとなるカーテンに自身のPCやスマホの画面を投影できる。

80インチの大画面を活かしてNetflixを見てもいいし、PC作業だってできる。

ライフワークミックスな空間

ロビーで朝食をとり、ソファで仕事をして、客室でちょっと昼寝をする。

夜は集まってきた友人や旅人と夕食を作る。お酒を片手に刺激的な話を聞いて、そこから仕事に繋がることだってある。

NYから始まったムーブメントに乗り遅れないように、更新情報はこちらからチェックしよう。

Licensed material used with permission by andwork, The Millennials
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
北モンゴルのタイガの森で暮らすトナカイの遊牧民「ツァータン」の家に宿泊できるAirbnbプラン。ローカルフードも食べられてカルチャー体験もできる濃いプラン。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
日本初のジン専門の蒸溜所がつくる「季の美 京都ドライジン」を紹介する。原料には柚子、生姜、山椒、玉露などの和のものを、スピリッツにはお米を、ラベルには伝統...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
京都市内に町家ホテルは数あれど、ここMAGASINN KYOTO(マガザン キョウト)は、他とは一線を画していると断言できます。その理由は「編集できるホテ...
「みぞれ山崎」は、サントリーシングルモルトウイスキー山崎を使用したかき氷。添えられたレモンの酸味と優しい甘みの自家製シロップが、個性的な深みのある「山崎」...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
京都府南丹市美山町にある「美山FUTON&Breakfast」は、まるでその土地に暮らしているかのように宿泊できる、茅葺き一棟貸しの宿。古来の日本人が表現...