今夜、銭湯に行きたくなる!詳しすぎる「イラスト図鑑」が話題に

密かに訪れている、銭湯ブーム。人気のTV番組で紹介されたり、「銭湯部」なるサークル活動をしている企業があったりと、最近では若い人の間でも人気になりつつあります。

そんな銭湯の魅力を発信しようと、ひとりの女性がイラスト風の見取り図をFacebookに投稿していたところ話題になり、それを集めた書籍『ひつじの京都銭湯図鑑』が出版されました。

本書には、京都市内の銭湯が全部で17軒も紹介されていますが、ここではその中から少しだけ、中身をお見せしたいと思います。

京都の「銭湯」を丸はだか?

見てください、この細かい見取り図。

「怪しく光る浴槽」なんて言われたら、思わず行ってみたくなりますよね。

建物の意匠や材質、普通ならスルーしてしまいがちな脱衣所にもしっかりと目を向けているのが、この図鑑の人気のポイント。

なかには、こんな断面図で解説しているページも。

他に、取材の間に出会った人々との逸話や、銭湯でおこなわれているイベント(落語やコンサートなど)を紹介したり、吐水口の形状(どこの銭湯にライオンの吐水口があるか、気になりますよね?)、タイルの柄、ロッカーの鍵の形状、番台の作りなどが掲載されています。

のれんをくぐった気分になれる世界観!

このように味のあるタッチで、外観も紹介をしています。「古い建物が好き」という作者のこだわりが感じられますね。

ページを開くと、まるで銭湯ののれんをくぐったかのような、丁寧に描き込まれた脱衣所の内観が広がります。

いざ、今夜は銭湯へ

中には錦鯉を見ながらお風呂に入れる銭湯や、ガラス越しに60羽ものインコが見られる銭湯もあり、紹介されている17軒は、どこをとっても訪れてみたくなるところばかり。

京都に住んでいる人なら本の中からお気に入りの銭湯を探してみるのも良いでしょうし、他の町に住んでいる人も、作者のような目線で近所の銭湯を巡ってみるのも面白いかもしれないですね。

「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。
機能的でタフなバックパックに定評のある「Aer(エアー)」ですが、こんなプロダクトも出してます。
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
「白川八木邸」は、京都市から認定を受けた京町家の一棟貸し宿。日本庭園や枯山水、ひのき風呂など、京都を感じる要素が勢揃いです。
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
京都の中心部、四条烏丸にある「凛葩(RINPA)」は、日本画と京町家をかけ合わせた宿。一棟貸し切りのこの宿には、きらびやかな日本画と木造建築の雰囲気がマッ...
その光景は、まるでイギリスの田舎町。人気観光地として名高いコッツウォルズさながらです。この村があるのはなんと日本。しかも、古都・京都というのだからさらに驚...
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...