ウキウキ銭湯用バッグ♥

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

渋谷区西原にあるハイパー銭湯BathHaus(バスハウス)が発売している“銭湯に行く時用のバッグ”。

1ヶ月ぐらい前に注文してたんですが、長らく在庫切れになってて、やっとこさ届きました。つまり、それだけ人気ってこと!

とっても軽くて、ドライバッグのように濡れたタオルを入れるところもあって、スマホなんかの小物用のメッシュポケットもあって。実際に銭湯に行く時に役立つ作りになってます。

もちろん、銭湯に行かない時にも使えます。メインのコンパートメントは保冷効果もあるからドリンクを入れてもいいし、コードをキュッと絞ると巾着っぽいカタチに変身するのもいい。

あんまり説明するのも野暮ッスね。

「こんなバッグを持って出かけたら、気分がアガるでしょ?」ってな感じ。

公式オンラインショップで購入可能です。

Top image: © 2019 NEW STANDARD
今、僕らがリアルに使っているもの「ビー!」まとめ
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
銭湯の魅力を発信しようと、ひとりの女性がイラスト風の見取り図をFacebookに投稿していたところ話題になり、それを集めた書籍『ひつじの京都銭湯図鑑』が出...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
機能的でタフなバックパックに定評のある「Aer(エアー)」ですが、こんなプロダクトも出してます。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
「株式会社サン・クロレラ」は創業50年を迎えるにあたり、クロレラの貴重な成分が入った緑湯を提供する昨年大好評だった特別イベント「サン・クロレラの湯」をパワ...
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
モチーフとなっているのはアメリカ軍の医療機関で使われていたバッグ。ワックスコットンの素材感と合わせて、巾着型なのに男性的な魅力があるところがお気に入り。デ...
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。