「フィッシングバッグ」と「ハンティングバッグ」を見分ける方法

意味や理由、歴史を知れば、ファッションは今よりもっと楽しめる──。誰かに話したくなる、ファッションやアイテムのあんなこと、こんなこと。

イギリスを代表するクラシックなバッグといえば「フィッシングバッグ」と「ハンティングバッグ」。これらは、釣りや狩猟に必要な道具を収納しつつ、獲った獲物をなかに仕舞えるよう、内側がゴム引きになっているのが特徴です。

ちなみに、写真のバッグはともに「Brady(ブレディ)」という英国の老舗ブランドのもので、手前の網がついているのがハンティングバッグで、奥のものがフィッシングバッグです。これらはいずれも似たような用途に用いられるため「ゲームバッグ」と総称されることもあります。

では、フィッシングバッグを狩猟に使ったり、ハンティング用のものを釣りのシーンに持ち出していいかというと、じつはそうではありません。

フィッシングバッグとハンティングバッグの最大の違いは「色」にあります。

沼や川辺で使われるフィッシングバッグは、付着した泥が乾いた際に目立たないようカーキ色で染められているのが正統派。一方、獲物の血で汚れやすいハンティングバッグの場合は、乾燥した血液の色に似た濃いブラウンのものを使うのが王道とされているんです。

もちろん、今ではファッションアイテムとして親しまれているこれらのバッグには、黒やブルーなどさまざまなカラーバリエーションが存在しますが、色のひとつにまで理由が存在する、じつに歴史ある英国らしいプロダクトといえるのではないでしょうか。

島倉弘光/「MAINE」企画担当

1988年創業の老舗インポートセレクトショップ「MAINE」に学生時代からアルバイトとして勤務。現在はバイヤーを務めるかたわら、オリジナルブランド「CAMCO」や「BAGGY」の企画を担当している。

【「MAINE」ホームページ】https://www.maine1988.com/

Top image: © 2019 NEW STANDARD
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
日本ではあまり馴染みがないが、欧米では、趣味で野生動物を狩猟する「トロフィー・ハンティング」が広く好まれているという実態がある。射殺された動物は、剥製や毛...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
塊根植物ブームを世に巻き起こした、エキゾチックプランツショップ「BOTANIZE」の代表・横町健さんに「オススメの塊根植物」を聞いた。
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
CAPTAINS HELMのレインポンチョは、雨具としての機能性もさることながら、折りたためばトートバッグとしても利用できる優れもの。イザというときに助か...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
ファッションやアウトドアのシーンで人気の「サコッシュ」を超える勢いで話題となっている「チェストバッグ」。高い機能性と利便性、そしてなによりカッコいいスタイ...