ビビッドなバイカラーに惚れた!――色で遊べ!#11

全身モノトーンのコーディネートは、それなりにサマにはなるけど、物足りなさも感じる。本当は色を取り入れたりしてみたいのに、結局いつも無難なチョイスをしてしまう自分。

たしかに派手なカラーのトップスやボトムスには、なかなか手が出しづらい。でも、小物ならそこまでハードルは高くないはず。せっかくなら、とびきり明るいアイテムで遊びたい!

たとえば、こんなバッグで。

©2019 TABI LABO

hotel koé tokyoのアパレルフロアで、鮮やなバイカラーが目に留まりました。

色の主は「Lagimusim(ラギムシム)」というブランドのpaani bag。全体的には女性っぽい色の組み合わせが多かったのですが、このブルー×ピンクなら男性の自分でも臆せず使える!2色を楽しめるリバーシブル仕様です。

ナイロン100%。とにかく薄くて軽いから、肩への負担が少なくて済みそう。

こうなると懸念されるのが耐久性ですが、縦には伸びない生地のため、4kg程度までなら入れられるみたい。スーパーでガッツリ買い物するには不安だけど、コンビニ使いなら十分。ワンマイルバッグだからこそ、思い切ってチョイスできるカラーリングだとも思いますし。

本体カラーと合わせた巾着とセットで税込2,700円。

©2019 TABI LABO
Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
「Lagimusim」の巾着です。色で遊べ!#12
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
「ROSTER SOX」の靴下です。色で遊べ!#8
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
「UNIVERSAL PRODUCTS」のビーニーです。色で遊べ!#5
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4
「zattu」のウエストポーチ です。色で遊べ!#10
「FIRE」は温度によって髪色を変えてくれるカラーリング剤。まだ商品化されていないけれど、いつか使ってみた〜い!
「O -」のJOY CASEです。色で遊べ!#1
「POSTALCO」のKETTLE ZIPPER WALLET SMALLです。色で遊べ!#3
「坪田パール」のハードエッジです。色で遊べ!#9
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
『VOIRY STORE』の「NEON CLUTCH POUCH」。キャンバス地のポーチって無数に選択肢があると思うんですが、蛍光色っていうのが一番のポイ...
写真は黄色ばかりですが、それ以外も。ビビッドカラーのカラバリがある文房具をピックアップしました!
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。