この色にはなかなか出会えない!――色で遊べ!#8

全身モノトーンのコーディネートは、それなりにサマにはなるけど、物足りなさも感じる。本当は色を取り入れたりしてみたいのに、結局いつも無難なチョイスをしてしまう自分。

たしかに派手なカラーのトップスやボトムスには、なかなか手が出しづらい。でも、小物ならそこまでハードルは高くないはず。せっかくなら、とびきり明るいアイテムで遊びたい!

たとえば、こんなソックスで。

© 2019 TABI LABO

一目惚れしてレジへ運んだ「ROSTER SOX(ロスターソックス)」。

理由は明確。トレンドの蛍光イエローなら他ブランドでも出してるけど、蛍光ピンクにはなかなかお目にかかれないから!

ロールアップで常時見せるというよりは、椅子に座ったときや階段を上がるときにちらっと見えるくらいが気分。ネイビーのスニーカーとの組み合わせが調子いいです。

軽くてふんわりと柔らかなコットンの編み地は、締め付けもなくストレスフリー。これからの季節にちょうどいいミドル丈もうれしい。

で、極めつけは、ヒールラインの刺繍「What's up?」。so goodです。小さいので、おそらく履いてる自分にしかわからないけど、それでいいんです。遊び心があることが大事。

購入は恵比寿のTAMANIWAにて。ちなみに、同ブランドのソックスはこのモデルに限らずギミックが効いたデザインが多いですよ。

© 2019 TABI LABO
© 2019 TABI LABO
Top image: © 2019 TABI LABO
派手なカラーのイケてる「ファッション小物」まとめ
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
「Lagimusim」のバッグです。色で遊べ!#11
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
「UNIVERSAL PRODUCTS」のビーニーです。色で遊べ!#5
プラスチック製のシースルーランプシェード(フェイスシールド)「Plex'Eat」を使用すれば、向かい合って食事を楽しむことができる。レストランの雰囲気を壊...
あの有名ブランドのバックパックです。色で遊べ!#14
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4
「亀の子束子×BEAMS JAPAN」のノートです。色で遊べ!#13
「DIGAWEL」のORIGINAL FIT BELTです。色で遊べ!#2
「もしチーズを食べることが日課であるなら、あなたはきっとこのプログラムを気にいるでしょう」
「COMESANDGOES」のキャップです。色で遊べ!#6
「Lagimusim」の巾着です。色で遊べ!#12
「O -」のJOY CASEです。色で遊べ!#1
「POSTALCO」のKETTLE ZIPPER WALLET SMALLです。色で遊べ!#3
「zattu」のウエストポーチ です。色で遊べ!#10
NY生まれのラーメンブランド「黒帯」。日本第1号店が「RAYARD MIYASHITA PARK」に誕生。
「米国国勢調査局」が先月発表したデータによると、米国の16歳未満の人口構成で、ヒスパニックや黒人、アジア系の人口が昨年初めて白人の人口を上回ったとことが明...
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
「坪田パール」のハードエッジです。色で遊べ!#9
ナイキの新作シューズ「Air Force 1」。紫外線にあたると色が変化するシューズです。
アメリカとカナダのスタバで販売されている、色が変わるタンブラー。
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。