わたしを球場へ連れてって。

 

野球観戦には一度も行ったことがありません(テレビでもほとんど見たことがありません)。超がつくほどの野球初心者です。だけど、いろんなタイミングが合えば経験してみたいと思っています。

で、万が一、近々に叶うとしたら。履きたいのが、『ROSTER SOX』のソックス。

 

©Mikako Kozai

 

「Take Me Out to the Ballpark(わたしを球場に連れてって)」

土踏まずの部分のひっそりとプリントされた欲望が、まだ見ぬスタジアムへの期待感を膨らませてくれます。コレを履いていかないで、なにを履いていくの?って感じ。
で、ダメ押しのワンポイント。スネの部分にはユニフォーム姿のアブストラクトなクマが。か、か、か……
 
かわいい!一般的なソックスのように、サイドでもバックでもなく、真正面にちょこんと佇む感じもまたヨシ、です。

 

©Mikako Kozai
 
他にもカーキ、ブルー、ホワイト、グレーの4色がありますが、オレンジ一択。クリームがかった淡い感じが逆に履きやすかったり。デニムだとワンウォッシュ系とライトブルー系どっちにも合うし、かっちりめなスラックスとも好相性です。わたしはここで買いました!
 
ところで誰か、一緒に野球観戦に行かない?

 

Top image: © Mikako Kozai
スタンダードこそいいものを。
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
500mlの牛乳パックって……う〜ん、最高!
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで食べるべきグルメです。
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
アメリカ発の〈ORGANIC THREADS(オーガニックスレッズ)〉の3PACKシリーズです。名前の通り素材はオーガニックコットンのみ。染色も含めて薬品...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
「カップル感」を、アピールするでもなく、アピールできます。
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...