夏に履きたいのは、こんなトロピカルな靴下。

あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。


洋服よりも
「靴下」のほうが目立つ。

Ryley O'Byrneさんのブランド「Strathcona Stockings」では、常夏なデザインの靴下が勢ぞろい。パイナップルを始め、アボカドや花、さらにはマリファナ柄まで。

洋服よりも靴下のほうが目立ってしまうくらい。

あえて見せたくなっちゃう。

靴下を見せたいから、スニーカーじゃなくてサンダルでもアリ。

おしゃれな靴下の人って、ついつい目で追ってしまいますよね。

おばあちゃんもニッコリ。

なんと春画柄。これなら夏以外でも履けますね。

靴下以外も
かわいいんです。

もっと他の柄が見たいという人は、公式サイトをぜひチェックしてみてください。靴下以外の商品も展開中。おしゃれは足元からといいますが、これでみんなと差をつけられるかも?

Licensed material used with permission by Strathcona

関連する記事

「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
見た目は一般的な靴下と変わらず、さらにかつてない履き心地を実現したという5本指ソックス「呼吸するウール靴下」が「Makuake」に登場。
「オランダ神経科学研究所」の2007年に発表された研究結果によると、靴下を履いて寝る方が眠りに落ちるのが早いのだとか!そのワケは?
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
「靴下屋」や「Tabio」などの靴下専門店を展開する「タビオ」から、廃棄予定食材を活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE」が展開する糸を使用した靴...
兵庫県加古川市にてコットンの栽培・製品企画・販売をおこなう「かこっとん株式会社」が「畑から育てた靴下」を開発。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
ボリューミーなサイズも可愛いです。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
スタンダードこそいいものを。
秋冬のシューズの新しい選択肢としてサンダルを提案をしているのが、〈SUBU〉です。昨冬に履いてみたところヤミツキになりました。ダウンみたいなアッパーで暖か...
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
スニーカーのアッパーを取っ払って、そのまんま履けるようにした、大胆なシューズがこの「Link」。
日本の伝統文化と融合したサンダル「神奈備ごこち」は、老舗看護師サンダルメーカーが「疲れにくく履きやすい」をテーマに独自の製法で作り上げた逸品。長時間にわた...
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
「buntaro Waraji Sandals」は、草鞋(わらじ)に着想を得て作られたサンダル。
日本上陸は2014年。すでに知っている人もいるかもしれませんが、年々暑くなっている夏を見据え、いま改めて注目したい「iGUANEYE」のフットウェア。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
雪駄×スニーカー「unda」が2021年春夏シーズンのデザインをコンペティション形式にて決定する。
靴下を使ってできるヘアスタイリングが手軽&おもしろいと話題に。その出来上がりは靴下で作ったとは思えないクオリティだ。
アウトドアを楽しむ時、持っていく「靴」って迷いませんか?アクティブな動きに耐えられるしっかりとした造りが欲しい、でもかさばらないようにコンパクトであって欲...