「走る」ためのウールソックスが誕生

ランニング用として徹底的にこだわり抜かれたソックスが誕生した。

製作したのはウール専門ブランド「Woolly」。オールシーズン快適な天然の機能素材「メリノウール」をベースに、激しい動きにも耐えるグリップ力摩擦耐久性を兼ね備えた自信作だ。

羊からとれるウールは、厳しい環境を生き抜くため、多くの機能を有している。

空気をたっぷり含んだ繊維は、夏は涼しさを保ち、冬は高い断熱機能を発揮。 蒸れてベタベタしたり、汗冷えもしにくい。加えて、軽量性抗菌性抗臭性静電気防止など、最先端の化繊スポーツソックスよりも多くの点で優れているらしい。

編み立ては、すべてが奈良県の提携工場にて。使用されている滑止め糸は、とくに機械の調整が難しい素材。二重に編み立てていく独自の構造も複雑なため、職人が使用する細かくメンテナンスされた機械のみでしか生産できないのだという。

現時点での価格は2250円(税込)〜。購入はCAMPFIREで。

©CAMPFIRE
©CAMPFIRE
©CAMPFIRE
Top image: © CAMPFIRE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
見た目は一般的な靴下と変わらず、さらにかつてない履き心地を実現したという5本指ソックス「呼吸するウール靴下」が「Makuake」に登場。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
ベルリン発、都市型農場野菜のプラットフォーム「Infarm(インファーム)」が、今月から東京都内の3店舗でアジアで初となる「インファーム」の店舗展開をスタート。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
スタンダードこそいいものを。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
アメリカ生まれのサステイナブルなソックスブランド「ソルメイトソックス」。日本公式オンラインストアが先週8日(水)にオープン。
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
兵庫県加古川市にてコットンの栽培・製品企画・販売をおこなう「かこっとん株式会社」が「畑から育てた靴下」を開発。
あっと驚くような他にないサービスを次々と手がける「TENGA」と、デザインオフィス「れもんらいふ」代表のアートディレクター・千原徹也による「KISS,TO...
国産の規格外フルーツを使った「リードディフューザー」を届けるサブスクサービスが登場。
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
500mlの牛乳パックって……う〜ん、最高!
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
インテリアショップ「KEYUCA」が、日本製で298円の靴下を発売中。
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...