「走る」ためのウールソックスが誕生

ランニング用として徹底的にこだわり抜かれたソックスが誕生した。

製作したのはウール専門ブランド「Woolly」。オールシーズン快適な天然の機能素材「メリノウール」をベースに、激しい動きにも耐えるグリップ力摩擦耐久性を兼ね備えた自信作だ。

羊からとれるウールは、厳しい環境を生き抜くため、多くの機能を有している。

空気をたっぷり含んだ繊維は、夏は涼しさを保ち、冬は高い断熱機能を発揮。 蒸れてベタベタしたり、汗冷えもしにくい。加えて、軽量性抗菌性抗臭性静電気防止など、最先端の化繊スポーツソックスよりも多くの点で優れているらしい。

編み立ては、すべてが奈良県の提携工場にて。使用されている滑止め糸は、とくに機械の調整が難しい素材。二重に編み立てていく独自の構造も複雑なため、職人が使用する細かくメンテナンスされた機械のみでしか生産できないのだという。

現時点での価格は2250円(税込)〜。購入はCAMPFIREで。

©CAMPFIRE
©CAMPFIRE
©CAMPFIRE
Top image: © CAMPFIRE
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

見た目は一般的な靴下と変わらず、さらにかつてない履き心地を実現したという5本指ソックス「呼吸するウール靴下」が「Makuake」に登場。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。