履き心地のいいソックス見つけた!

自分の周囲が皆このブランドを推すので気になっていた〈MY LOADS ARE LIGHT(マイ ローズ アー ライト)〉のソックス。ストリート、それもスケーター界隈で人気のブランドだけに、スポーツやカルチャーを感じるデザインが多いのだが、こちらは見た目フツーの3足1組のパックだ。

足裏部分にのみ採用されることの多いパイル地が、表の甲の部分、くるぶしの部分まで入っているのが特徴……と言われても、イマイチ想像がつかないが、これが試してみると抜群の履き心地。わりと厚手のソックスなんだけど、ゴワゴワ感や締めつけ感がなくて軽やかなのだ。

こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。俄然、同ブランドの他のモデルにも興味が沸いてきた。

6037712586932224

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

アメリカ発の〈ORGANIC THREADS(オーガニックスレッズ)〉の3PACKシリーズです。名前の通り素材はオーガニックコットンのみ。染色も含めて薬品...
部屋の温度はエアコンやらファンヒーターやらで調節できますが、足元が寒い。そこで〈もちはだ〉のルームソックスです。
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
足裏への負担を軽減するために生まれたリカバリーシューズというカテゴリー。そのなかでも〈OOFOS®〉オリジナルの特殊素材OOfoamは、衝撃の反発を37%...
たとえば、2週間の海外旅行に出かけるとすると、荷物の量はそれなりに多い。中でも衣服が占める割合は大。トップスやパンツはある程度着回せるとはいえ、実際に肌に...
〈is-ness(イズネス)〉のサンダルは、ハイブランドのスラックスにもマッチするデザイン。さり気なくイタリア製というのもポイントです。
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
とにかく未体験の人は一度履いてみることをオススメする。クッション性がどうとか、どのシューズでも語られることだけど、コイツはちょっとモノが違う。
〈TRIOP(トリオプ)〉の「API」はアッパーに柔らかいシンセティックレザー(人工スウェード)を使用。ストレッチ構造になっているので、最初からストレスな...
〈BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)〉が1925年、つまり大正14年に発売した「ブルーフットベッド」。とんでもないロングセラーだ。
〈Chaco(チャコ)〉の「Z/VOLV(Z ヴォルブ)」は、クッション性、アッパーのフィット感を高いレベルで実現しています。
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
〈PHILO(フィロ)〉のiPhoneケースは、まさに“なん かいい”ってプロダクトだ。側面に薄いネオンカラーのバンパー。同色のストラップ。背面はクリアカ...
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の新作「CRASH」シリーズは、発色の良いカラーはそのままに、ブランドロゴまでをワントーンで統一。ビビッドでありながら主張...
アメリカブランド〈OOFOS(ウーファス)〉の「OOriginal」はパッと見はビーサンのようですが、登山やトレランのリカバリーシューズとして開発されたモデル。
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
コンセプトは「Walk on air」。病みつきになる履き心地と話題のサンダル「Airmatrixx」の日本上陸が、どうやら目の前に迫っている模様。コレ、...
秋冬のシューズの新しい選択肢としてサンダルを提案をしているのが、〈SUBU〉です。昨冬に履いてみたところヤミツキになりました。ダウンみたいなアッパーで暖か...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...