あえての『CHICSTOCKS』無地ソックス

 

デビュー間もなく有名セレクトショップで取り扱いがはじまり、瞬く間に注目を集めたソックスブランド『CHICSTOCKS』。

真骨頂はグラフィカルなラインをあしらったデザイン。ですが、今回は季節を問わず使える無地タイプのブラックとホワイトをピックアップしました。スタンダードこそいいものを、という考えです。

©Mikako Kozai

 

特筆すべきはその履き心地。甲を一周しているゴムとスネ部分のリブのおかげで、フィット性がバツグン!しかもただフィットするだけじゃなくて、締め付け感がまるでない。長時間履いていてもストレスフリーだから驚きです。

 

©Mikako Kozai

 

ブランドのソックスに一般的なロゴがデザインされていないのも高ポイント!

 

©Mikako Kozai

 

サイズ展開はS(22-24cm)、M(24-26cm)、L(26-28cm)。この主張控えめなサイズ表記もかわいい!

 

©Mikako Kozai

 

ちなみに、ピンクやパープル、オレンジなどカラバリも豊富。ダークトーンに偏りがちな秋冬コーデのアクセントとして、追加で買おうと企み中です。

 

Top image: © Mikako Kozai
ソックスにこだわりたい!
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
見た目は一般的な靴下と変わらず、さらにかつてない履き心地を実現したという5本指ソックス「呼吸するウール靴下」が「Makuake」に登場。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
500mlの牛乳パックって……う〜ん、最高!
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
アメリカ生まれのサステイナブルなソックスブランド「ソルメイトソックス」。日本公式オンラインストアが先週8日(水)にオープン。
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
兵庫県加古川市にてコットンの栽培・製品企画・販売をおこなう「かこっとん株式会社」が「畑から育てた靴下」を開発。
アメリカ発の〈ORGANIC THREADS(オーガニックスレッズ)〉の3PACKシリーズです。名前の通り素材はオーガニックコットンのみ。染色も含めて薬品...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...