パッケージにひとめぼれ!

 

“好きな感じ”のソックスをはいて出かける日の朝は「ウフンッ」な気分。さりげないところにもこだわってるっていう自己肯定感に浮き足立っちゃう。おざなりにしがちだけど、やっぱり特別なファッションアイテムです。

というわけで始めてみました。“好きな感じ”のソックスを紹介する特集企画。

今日のソックスはこちら。

 

©Mikako Kozai

 

ホワイトだから汚してしまうのが怖いとか、それなりなお値段だったから特別な日まで取っておきたいとかいう理由じゃありません。

Ginza Sony Parkに店を構えるコンセプトストア『THE CONVENI』のコレ、パッケージのクセがつよい。500mlの牛乳パックなんです。

 

©Mikako Kozai

 

ファッションアイテムを牛乳パックの中にいれちゃうって、意外性ありまくりでしょう?たぶん、ソックスではなく、Tシャツやタオル、ボクサーパンツだったとしても惹かれていたはず。

でもって、ちゃっかりかわいいものだから、オブジェとして未開封のまま部屋に飾っておきたいなーと。あけくちを開けてもいいっちゃいいんだけど、半開きの状態って何だかはしたない!

 

©Mikako Kozai
©Mikako Kozai

 

ホワイトの他にブラックもありますが(ソックスの色のことね)、オンラインショップではどちらも完売。店舗にはまだあるかも!?

 

Top image: © Mikako Kozai
他の記事を見る
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
スタンダードこそいいものを。
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
一足先に「MUJI HOTEL GINZA」に宿泊してきました!
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
ひとめぼれの直感に従って行動を起こすことが、誰にだって一度や二度はあるはずです。これってとてもパワフルな感情だから、最初の読みが外れることも多々あるものな...
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
「THE CONVENI」の傘です。色で遊べ!#7
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
「カップル感」を、アピールするでもなく、アピールできます。
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
割れないよう安全に持ち運ぶ最適なデザインが、必ずしも現行のものでなくても良いのではないか?はじまりはそんなギモンからでした。
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...