はじめての「彼とおそろい」はコレに決めた!

 

彼とおそろいを身にまとう。

コレ、女の子はうれしいに決まってる!「彼のガールフレンド感」というか「私のボーイフレンド感」というか……「カップル感」とでも呼んでおこうかな。

ところで、アイテムは何でもいいわけじゃない。トップスやボトムスだとやりすぎな気がして。周りに引かれないかとっても不安になる。バッグやアクセサリーはハードルが高い。ルームウェアって選択肢もあるけど、なんかもうちょっと見せびらかしたくはある。

となると、ちょうどいいのはソックス。一緒に履いたところで気づく人がいるかもしれないし、いないかもしれない。アピールするでもなく、アピールできるという絶妙なポジショニング!

 

5356113339875328
©Mikako Kozai

 

『MY LOADS ARE RIGHT』のそれは、ユニセックスではあるものの、どっちかと言うとメンズライク、かつスポーティなデザインが好印象。おそろいに消極的な彼でもカジュアルに履けそうです。

 

4652191168069632
©Mikako Kozai
4785043096469504
©Mikako Kozai
5953056030064640
©MIikako Kozai

 

コチラから購入可能です。

 

Top image: © Mikako Kozai
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
スタンダードこそいいものを。
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
500mlの牛乳パックって、パッケージのクセがつよい。
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
理想通り、ううん、理想以上のナップサック。
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
パリジェンヌたちのライフスタイルを身近に感じることができるアイテムが詰まった、小さなボックスが毎月自宅に届く。2011年パリ・モンマルトルで誕生した「My...
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...