はじめての「彼とおそろい」はコレに決めた!

 

彼とおそろいを身にまとう。

コレ、女の子はうれしいに決まってる!「彼のガールフレンド感」というか「私のボーイフレンド感」というか……「カップル感」とでも呼んでおこうかな。

ところで、アイテムは何でもいいわけじゃない。トップスやボトムスだとやりすぎな気がして。周りに引かれないかとっても不安になる。バッグやアクセサリーはハードルが高い。ルームウェアって選択肢もあるけど、なんかもうちょっと見せびらかしたくはある。

となると、ちょうどいいのはソックス。一緒に履いたところで気づく人がいるかもしれないし、いないかもしれない。アピールするでもなく、アピールできるという絶妙なポジショニング!

 

©Mikako Kozai

 

『MY LOADS ARE RIGHT』のそれは、ユニセックスではあるものの、どっちかと言うとメンズライク、かつスポーティなデザインが好印象。おそろいに消極的な彼でもカジュアルに履けそうです。

 

©Mikako Kozai
©Mikako Kozai
©MIikako Kozai

 

コチラから購入可能です。

 

Top image: © Mikako Kozai
ソックスにこだわりたい!
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
スタンダードこそいいものを。
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
1月28日、東京のHIPHOPシーンで注目を浴びるYENTOWNに所属するラッパー「kZm」と、DJ DARUMAが率いる「FULL-BK」のコラボコレク...
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
500mlの牛乳パックって……う〜ん、最高!
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
車のシェアサービス「Lyft」が自転車シェアサービス「LyftUp」を発表。このサービスは「Lyft」と「YMCA」、さらにレブロン・ジェームスの協力を得...
エンジニアとして活躍するShah Galeeb Ahmedさんが開発したのは、週単位で自分が死ぬまでの期間を可視化してくれるサービス「How many w...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
理想通り、ううん、理想以上のナップサック。
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...