はじめての「彼とおそろい」はコレに決めた!

 

彼とおそろいを身にまとう。

コレ、女の子はうれしいに決まってる!「彼のガールフレンド感」というか「私のボーイフレンド感」というか……「カップル感」とでも呼んでおこうかな。

ところで、アイテムは何でもいいわけじゃない。トップスやボトムスだとやりすぎな気がして。周りに引かれないかとっても不安になる。バッグやアクセサリーはハードルが高い。ルームウェアって選択肢もあるけど、なんかもうちょっと見せびらかしたくはある。

となると、ちょうどいいのはソックス。一緒に履いたところで気づく人がいるかもしれないし、いないかもしれない。アピールするでもなく、アピールできるという絶妙なポジショニング!

 

©Mikako Kozai

 

『MY LOADS ARE RIGHT』のそれは、ユニセックスではあるものの、どっちかと言うとメンズライク、かつスポーティなデザインが好印象。おそろいに消極的な彼でもカジュアルに履けそうです。

 

©Mikako Kozai
©Mikako Kozai
©MIikako Kozai

 

コチラから購入可能です。

 

Top image: © Mikako Kozai
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
スタンダードこそいいものを。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
500mlの牛乳パックって……う〜ん、最高!
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
理想通り、ううん、理想以上のナップサック。
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
「Light Ball」とネーミングされたランプ。遊び心が溢れたスタイルは、「ナイッシュー」という歓声が聞こえてきそう。こちらを手がけたのは、ウクライナを...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
パリジェンヌたちのライフスタイルを身近に感じることができるアイテムが詰まった、小さなボックスが毎月自宅に届く。2011年パリ・モンマルトルで誕生した「My...
日々飛躍的な進化を遂げるスマホ。でも、「こんなにたくさん機能があって、疲れちゃった」「ついつい時間を無駄にしてしまう」と思う人もいるかもしれません。「Th...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...