はじめての「ジム通い」に欠かせないのはコレ!

どうも、何ごとも形から入るタイプです。

すこし筋肉が欲しくって、スポーツジムに通いはじめようと思ってるんだけど、入会よりも先に、必要になりそうなアイテムを買い揃えちゃった(そもそも、どのジムにするかも決めてない!)。

でも続けられるかわかんないから、あまりお金はかけないようにしたよ。

ウェアとスニーカーはいたって普通。動きやすければいいやって感じ。ある程度続いたらデザインも好みのやつに買いかえようかな、と。
ただ、この『SPALDING(スポルディング)』で見つけたナップサックだけは、ジムバッグとしてずっと使い続けるってもう決めてる。

理想通り
ううん、理想以上

©Mikako Kozai

ジムに行けるのは週末のみ。だからちょっとしたイベントっぽくしたくって、行き帰りの途中も「体を動かしに行く/動かしてきた」感が欲しいんだー。かといってウェアをそのまま着て行ったり帰ったりするのはヤダ。もちろんスニーカーは履けないし。

となるとバッグなんだよね。工夫しようがあって、インパクト出せるのって。かわいいのは大前提で。

©Mikako Kozai

そんな理想にこのナップサックはぴったり、ううん、それ以上。色々なバスケットボールのプリントがカラフルで、何だかおもちゃみたい。似たものの集合体って無条件にキャッチーでしょ?

背負ってるだけでスポーツカジュアルなコーディネートが完成しちゃうからホント優秀。

べつにバスケはしなくてもジャンルは一緒だし、いいよね。

©Mikako Kozai
©Mikako Kozai

ジムに持っていかなきゃいけないものは余裕で全部入れられるくらいに大きめなサイズなんだけど、柄のおかげでこじんまりして見える。「着やせ効果」的な?うれしいね。

あと、ユニフォームと一緒の素材でできてるから通気性もバツグン。汗でぬれたウェアやタオルをそのまま入れても平気なんだよ。

©Mikako Kozai
©Mikako Kozai

かわいくて使える。しかもかなりリーズナブルな値段。
だから実は、デザイン違いの

©Mikako Kozai

これと、

©Mikako Kozai

これも。


一緒にまとめ買いしちゃいました(やってもたー。けど後悔はしてない!)。
よし、どのジムに入会するか、そろそろ決めようっと。

©Mikako Kozai
Top image: © Mikako Kozai
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
「FLIGHT 001(フライトワン)」のパッキングバッグは、発色の良いブルーが気分を高めてくれるし、イラストも可愛い。
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
ブランドは〈if you have〉。ウルトラライトが根底にある作り手らしく、たったの48g。軽いです、中身がなかったら、背負ってることを忘れるぐらいの軽...
最近デートに退屈さを感じていませんか?もっと言えば人間関係が面倒くさいときはありませんか?つねに何かに“縛られている”現代社会において「ストレスから開放さ...
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
スイムブランド〈SPEEDO(スピード)〉とスポーツライフスタイルショップ〈NEUTRALWORKS.〉のダブルネーム。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...