月額3万円!エステ付き「パーソナルジム」って、どーなんよ?

気を抜くとすぐ太っちゃう……。ももかです。

今回はパーソナルジム「BESTA」。

従来のパーソナルジムとは異なる最大のポイントが、ワークアウト後にセルフエステができること!それで月額3万円って、思わず「利益出てますか?」って聞いてもうたわ(笑)。

場所は築地駅から徒歩1分(東銀座駅からでも3分で新富町駅からだと4分)。白を基調とした清潔で綺麗なお部屋です♡

BESTAの内観
©2020 NEW STANDARD

今回担当してくださった松本大志さん。ムッキムキのイッケメ〜ン!そして笑顔がすてきっ♡

むきむきイケメン
©2020 NEW STANDARD
笑顔が素敵なトレーナー
©2020 NEW STANDARD

まずはカウンセリングからスタート。トレーニングする前に自分が痩せたらどうなりたいかなど、細かくカウンセリングしてくれるのでモチベーションがめっちゃあがる。ちなみにうちは痩せたらタンクトップを着たい♡

その後は、体重計に乗って体脂肪率などを計っていきます。痩せるための食事管理のアドバイスもしてくれるので心強い!

BESTAのカウンセリングシート
©2020 NEW STANDARD

カウンセリングが終わるとトレーニング開始です。30分のトレーニング時間の中で、カウンセリングに基づいたメニューをトレーナーさんが作ってくれます。

私は肩こりが悩みなので、肩甲骨のトレーニングと、やっぱりヒップアップしたい♡ってことでお尻・モモ裏のトレーニングの2本立てからスタート。慣れてる人だと30分間で6種類ものトレーニングをするらしいで。

まずは肩甲骨のトレーニングから!

BESTAのトレーニング
©2020 NEW STANDARD
BESTAのトレーニング
©2020 NEW STANDARD

普段使わない筋肉を動かすから地味にくる!しんどくなっても声をかけてくれるので、最後までがんばれた〜!

ハードトレーニング
©2020 NEW STANDARD

次はお尻・モモ裏のトレーニング。これも結構キツくて終わる頃には足がプルプル。効いてる証拠やんな。家でもできるトレーニングも教えてくれるし、その時の注意点などを丁寧に教えてくれるのも◎。

お尻に効くトレーニング
©2020 NEW STANDARD
モモ裏に効くトレーニング
©2020 NEW STANDARD

30分みっちりトレーニングした後は2階に移動。

エステと有酸素運動どちらか選べます。私はエステをチョイス。がっつり運動したい人は有酸素もありやで。

有酸素マシン
©2020 NEW STANDARD

エステのお部屋は広々とした空間にドレッサーもついているので、なんだか贅沢な気分♡

ドレッサー
©2020 NEW STANDARD
BESTAのセルフエステマシーン
©2020 NEW STANDARD

最初に機械の使い方を教えてもらってからセルフで行います。ちゃんと丁寧に教えてくれるので初心者の方でも大丈夫。気になる部分別に説明が書いてある冊子もあるので安心や♡

BESTAのオーナーさん
©2020 NEW STANDARD
説明冊子付き
©2020 NEW STANDARD

うちは二の腕と顔を。気になる部分を重点的にがっつりできるのはめっちゃいい!個室やし、リラックスしながらできるのも最高や〜ん♡

BESTAのセルフエステ
©2020 NEW STANDARD
BESTAのセルフエステ
©2020 NEW STANDARD

30分みっちり流したら終了。ちょっと細くなったかも?なんてね♡

©2020 NEW STANDARD

パーソナルトレーニング30分+エステ30分で合計1時間。すでに筋肉痛もきてるし、エステもできたしで大満足!

細かいフォームなどを最初に説明してくれるので、正しい姿勢でトレーニングを行うことができるのはパーソナルならではやんな。家で出来るトレーニングも教えてくれるしがんばれそう。あと、トレーナーさんはイケメンしかおらへんらしいでッ♡

3月上旬には表参道にもジムがオープンするそう!ジムとエステを同時にできるお得なジムはここだけやで。あんまり教えたくないくらい穴場やからぜひ体験してみて!

以上、ももかでした!

BESTA
©2020 NEW STANDARD

BESTA(ビスタ)

 

【住所】東京都中央区築地1丁目10-11 Ratio築地 701

【最寄駅】築地駅 2番出口 or 新富町駅 1番出口

【営業時間】10:00〜22:30(土日祝 9:00〜22:30)

【公式Instagram】https://www.instagram.com/besta.tokyo/
オーナー:https://www.instagram.com/haohaohaokun/?igshid=1rk377jx5g1vs

Top image: © 2020 NEW STANDARD
ももかの記事はまだまだあるで〜
マンション併設ジムでパーソナルトレーニングを受け放題なうえ、クロストレーナー、エアロバイク、セルフエステマシンやセルフホワイトニングマシンなども入居者なら...
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
ブルックリンでひそかに話題になっていたジム『Playground』が日本に上陸しました。「遊び場」という意味が込められているこの場所では、遊びを通して体を...
「Terra Hale」はすでに3つの店舗がロンドンにオープンしていて、地球に優しいとして注目されています。
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
いろんな飲食店のオリジナルTシャツを紹介する「ショップT大集合」。今回は番外編です。ピックアップしたのは、ゴールドジムのTシャツ。そう、あのゴールドジムです。
「タオル+プロ」は、ワークアウトをサポートする多機能タオル。ジッパー付きのポケットがあるので小物はそこへ収納できます。他にも、ジムユーザーに便利な機能付きです。
マンハッタンのチェルシー地区にあるジム「Brrrn」の紹介。ここは室温が45°F〜60°F(約7℃〜約15℃)に保たれているんです。
フランス・パリのエッフェル塔近くにあるスポーツ施設「Centre Sportif Emile Anthoine」のルーフトップにボクシングジムができました...
理想通り、ううん、理想以上のナップサック。
「Makuake」で販売中のフィットネスバイク「BIKEBOX」は、静音式で移動もカンタン、収納幅は11センチとコンパクトで家庭的だ。
この8月、フィットネスの定額サービス「mozaiq(モザイク)」がスタート。東京エリアからサービスの提供をはじめ、ユーザー獲得とともにエリア拡大を目指す。
総合格闘家・宇野薫氏がブランドディレクターを務める「ONEHUNDRED ATHLETIC」とフィットネスクラブ「ゴールドジム」がコラボしたアイテムが1月...
自分を磨きあげるために泊まりたい、と思ったホテルの紹介です。名前は「Equinox Hotels」。北米で約100店舗ほどジムを展開している企業「Equi...
割とシンプルな見た目のXBARですが、スペースをとらずに全身の筋肉を鍛えるワークアウトをサポートしてくれます。自分の部屋でだって筋トレが簡単にできるように。
「FLIGHT 001(フライトワン)」のパッキングバッグは、発色の良いブルーが気分を高めてくれるし、イラストも可愛い。
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
パーソナルスペースは円滑な人付き合いをするために非常に重要な要素です。心の距離感は近すぎても遠すぎてもダメ。また男女で広さに違いもあります。今記事では、パ...
最近デートに退屈さを感じていませんか?もっと言えば人間関係が面倒くさいときはありませんか?つねに何かに“縛られている”現代社会において「ストレスから開放さ...
「BodyBoss 2.0」は、ベクトルフィットベースと呼ばれる“板”のようなものに、伸縮性のあるバンドをつけて、その負荷を使ってワークアウトをする器具。...
「subsclife」はブランド家具のサブスク。月額500円から利用できます。