取材で寝落ち……「LUSH SPAの新トリートメント」がすごい!

「LUSH SPA」の新トリートメント「テールズ オブ バス」が日本初上陸!バスタブを使用した、待望のフルボディトリートメントです。

「イギリスの古代都市バースに古くから伝わる、史跡ローマン浴場にまつわるおとぎ話にインスピレーションを得て開発」というプレスリリースを見て即、担当者にコンタクト。お願いして、実際に体験させてもらいました!

……にしても、やってしまった。大事な取材だというのに、あまりの気持ちよさに寝落ちしてしまうなんて。ごめんなさいLUSHさん!

“水の音”が流れる空間で
心身の緊張をやわらげる

©2019 NEW STANDARD

「テールズ オブ バス」は3部構成。

簡単なコンサルテーションを終え、ガウンに着替えたら第1部がスタート。

ここは、あくまでも序章です。これから始まる「テールズ オブ バス」の世界に思い切り没入できるよう、心身の緊張を和らげるための時間——。

キャンドルに火が灯る薄暗いスペースで、椅子に座って足を伸ばした状態で頭皮や首、肩のマッサージ。セラピストが導くままに身を委ねると、筋肉が温まって緩んでいくのがわかります。

目の前にはブルーの照明とバスタブ。

©2019 NEW STANDARD

第1部に限ったことではなく全体を通しての話ですが、このトリートメントでは、ぜひとも「音」に注目してみて!

流れているのは、おとぎ話の舞台となったイギリスの古都バース出身のミュージシャンが制作した音楽や、バースにある洞窟の中の水の音など所縁の場所でレコーディングされた自然が奏でるさまざまな音色。もちろん、このためだけに制作されたオリジナル。

「限定バスボム」を投入!
ゴージャスなバスタブで癒やしのひととき

©2019 NEW STANDARD

心身を徹底的にリラックスさせたら、第2部の始まり。ガウンを脱いでバスタブへGO!

BGM同様、このためだけに作られた限定バスボム「クリスタルボール」を投入し、思いっきり足を伸ばす——。しばらくすると、サプライズな演出が。

バスボムの中にライトが埋め込まれていて、水の中で青や赤、緑などのやわらかな光を放ちます。いやあ、優雅……。バスタブを独り占めしてる特別感もあわせて心地いい。

©2019 NEW STANDARD

ここでは、ケルトのスリス女神によって病気を治癒された後に都市を設立したブラドッド王子にまつわるおとぎ話が流れています。

温かなお湯に浸かり、無重力のような浮遊感を感じながらリラックス。目を閉じると物語の世界にどんどん入っていく。

いつの間にか時は過ぎ、「さあ、時間ですよ」と優しい声が聞こえるといよいよメインの第3部へ!

いざ、寝落ちする環境は整った

©2019 NEW STANDARD

腕と背中、脚のホットオイルマッサージです。なんと、抱き枕を抱えて横たわった姿勢で!しかも、ベッド自体がヒーターで温められている(これが後々、寝落ちを引き起こすことに……)。

おとぎ話の中に入り込んだ気持ちにさせてくれる音楽とやさしい水の音に合わせて、セラピストが温かいオイルを身体に馴染ませていってくれます。

天井に投影されているのは“水面”。横たわった体勢だから周辺視野でとらえることになるわけですが、それが水中にいるような感覚を呼び起こすという絶妙な設計になってる!

©2019 NEW STANDARD

ポイントは、セラピストの“動き”。音楽にあわせたリズミカルな施術は、まるでダンスをしているかのよう。間違いなく新感覚の体験です。

あまりの非日常感に、徐々に現実から解き放たれていく……気づいたときには眠りに落ち、ゆらゆらと旅立ってました。

入浴でポカポカになった体、温かいベッド、抱き枕、ホットオイル、そして水のようにしなやかなマッサージ……そりゃ眠っちゃいますよ〜。

©2019 NEW STANDARD

まるで100年の眠りから覚めたような晴れやかな気分。

身体の疲れを緩和するトリートメントは数あれど、これほどまでに心に深い安らぎを与えてくれるトリートメントはなかなかない!自分の中に少しだけ余裕を作ってもらえました。

今年も残り1ヶ月。一年頑張った自分へのご褒美として、また大切な人へのプレゼントとしてどうでしょう?

気を張った取材でさえ寝落ちしてしまうんだから、普通だと、それはそれはリラックスできるんだと思いますよ(笑)。

「Tales Of Bath」概要


【価格】23,100円(税込)
【施術時間】約75分(コンサルテーション、お着替え、お直し時間は含まず)
【場所】LUSH 新宿店
【予約方法】電話受付、またはLUSH 新宿店にて直接予約

※バスタブ付きの個室で行うため、風営法を考慮し、女性限定のトリートメントとなります

Top image: © 2019 NEW STANDARD