【徹底取材】チームラボサウナの衝撃

「どうやら、チームラボが都内にサウナを作るらしい」

そんな噂を耳にしたのが昨年の秋。「サウナシュラン」にて2年連続でグランプリを獲得した「御船山楽園ホテル らかんの湯(佐賀県)」と2019年からコラボレーションするなど、実績は十分。一体、どんなサウナができあがるのか?期待に胸を膨らませつつ、待ちに待った。

迎えた取材当日。今月22日のオープンを目前に控えた六本木の特設会場へ向かうと、そこには想像を遥かに上回る“規格外のサウナ”が待っていた。

「ととのった状態」でアートに没入

©2021 NEW STANDARD

そもそも、この「チームラボ & TikTok チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木」は、サウナに入ってアートに没入する新しい形の展覧会だ。美術館や宮殿など「高級な場所」でアートを鑑賞するのではなく、来場者自身がサウナ&冷水でととのい、「最高な状態」になってアートを体験しようという、なんとも興味深い提案となる。

この前提を踏まえたうえで、いざサウナへ。水着に着替えシャワーを浴びて先へ進むと、いきなり面食らった。

まさに規格外!
セッティングが異なるサウナ室が7種

©2021 NEW STANDARD
©2021 NEW STANDARD

なんと、2つの女性専用を含めてサウナ室が7つも!

もちろんすべてセッティングが異なり、中温多湿から超高温ドライまで、さまざまな温度・湿度が組み合わされている。3セットをどのサウナ室で過ごすか?という贅沢な悩みは、なかなか抱けるものじゃない。その日の体調や気分、同行者の好みによって使い分けられる。

たとえば、下の写真のサウナ室「Fire Red」は照明が赤で、温度80℃、ロウリュ多め。アロマはほうじ茶で、佐賀県の茶葉ブランド「EN TEA」によってサウナ用に配合・焙煎されたものを使用している(らかんの湯と同様)。室内ミュージックは「炎」。

この室内ミュージックもサウナ用にわざわざ作られたもので、相当に心地がいい。普通のサウナ室はTVか話し声(今の時期はご法度)、もしくは無音のいずれか。ロウリュのタイミング以外で、耳まで気持ちいいサウナ室は新鮮だ。

©2021 NEW STANDARD
©2021 NEW STANDARD

さらに驚きなのは、各サウナ室入り口のモニターに「セッティング」が表示されており、一目で特徴が理解できる点。混雑状況までモニターで把握できるから、無駄にドアを開けて室内の温度を下げてしまうこともない。画期的だ。大発明。7つすべてのサウナ室の混雑状況が一目瞭然のモニターまで用意されている……。

各サウナ室の入り口横には、スマホやマスクを収納できるミニロッカーも。スマホを持ち運ぶ人が大勢いると思われるなか、素晴らしすぎる配慮!

水風呂レスを補って余りある
「キンキンの冷水シャワー」

©2021 NEW STANDARD
©2021 NEW STANDARD

冷水エリアは2ヵ所。ここにもアート要素は欠かさない。禅における書画のひとつ「円相」(円形を一筆で書いたもの)をテーマにそれぞれが水の作品空間となっており、身体ごと作品に没入できる仕掛けがなされている。

肝心の冷水シャワーはチラー(冷却器)によってキンキン。頭上から大量の冷水を浴びたい人は直径30cmのオーバーヘッドタイプを、冷水が苦手で肩から下だけ浴びたい人や髪を濡らしたくない人は斜め45°タイプを選べるという優しさがここにも。

シャワーの数も申し分なく、冷水待ちも発生しなさそう。サウナ室を出てから冷水を浴びるまで、1秒たりとも無駄にしたくないこちらの気持ちをよく理解してくれている!

「アート浴」で新世界へ……

©2021 NEW STANDARD

冷水で身体を冷やしたら、外気浴ならぬアート浴(休憩)。3種類のアートが展示されているため、3セットすべて新鮮な気持ちでアート体験が楽しめる。

これはもう実際に体感してもらいたいためアートの詳細は割愛するが、ととのった状態で鑑賞するアート体験は格別の一言。特に3セット目に『空中浮揚』を前にしたときは、何が起きているのか脳が理解できず、思わず笑ってしまった。これまで経験したことのない感覚に、自分の身体が驚いているのがわかった。

©2021 NEW STANDARD
©2021 NEW STANDARD

サウナに入り、超自然現象的アートと一体化し、世界と時間に再びつながる——。「リコネクト」の意味は体験してはじめて理解できる。筋金入りのサウナーであろうが、初めてサウナに来た人だろうが、平等に新世界へと誘ってくれるはずだ。

そうそう、ウォーターサーバーの設置ポイントも絶妙。アート浴からサウナ室に戻る動線上に置かれているため、ナチュラルにこまめな水分補給ができる。ほとんどの施設は浴場の入り口にのみ置かれていて、意識しないとおろそかになりがち……ありがたい。

©2021 NEW STANDARD

サウナを愛する人はもちろん、興味はあるけれど機会に恵まれないという人にこそ体験してもらいたい「TikTokチームラボリコネクト」。アートとサウナをセットで体験することで、これを機にサウナにハマるという人も決して少なくないだろう。

なお、体験時間は入館から退館まで100分。3セット繰り返すことを考えると、写真撮影は早々に切り上げて、ととのいに集中するのが正解かと。

ついにサウナはここまできた——。その衝撃を、ぜひ。

© teamLab/YouTube

『チームラボ & TikTok チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木』
【所在地】港区六本木5丁目10-25
【会期】3月22日(月)〜8月31日(火)
【時間】10:00~23:00(最終入館21:30)※3月22日〜4月23日の平日は12:00~23:00(最終入館21:30)
【料金】平日4800円/土日祝・特定日5800円
【チケット】https://reconnect.teamlab.art/jp
※安全管理上、0〜11歳の利用は不可。12〜17歳は20歳以上の保護者の同伴が必要

Top image: © 2021 NEW STANDARD

関連する記事

サウナ界のミシュラン「サウナシュラン2019」でグランプリに輝いた「御船山楽園ホテル らかんの湯(佐賀)」が「teamLab(チームラボ)」とコラボレーション。
「チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木」が3月から半年間限定で開催。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
この夏、サウナーの話題を独占した「8HOTEL CHIGASAKI」のサウナを取材。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
4月下旬、北海道標茶町の「THE GEEK」に本格フィンランド式サウナが誕生予定。
12月4日、東京・神楽坂に日本初となる完全個室のフィンランド式サウナ「ソロサウナtune」がオープン。
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
名古屋、福岡に続く、サウナラボの国内3店舗目が「神田ポートビル」に誕生予定。
見知らぬ他人と3密空間で過ごさなくて済む「貸切サウナ」を5つ紹介。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
サウナ後に飲むクラフトビール「After SAUNA Ale」が明日発売。
サウナー専門ブランドを運営する「TTNE株式会社」が、全国5000以上ともいわれるサウナ施設の中から、いま行くべき全国のサウナ上位11施設「SAUNACH...
「チームラボ」が、自宅のテレビを”アート”にして世界中とつながるプロジェクトを始動。自作の花を絵をアップロードすることで、世界中の人が描いた花と共に咲き乱...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
「読む」、「書く」、「なにもしない」の3つの過ごし方を軸に、自分のために時間を使う贅沢を味わう"RETREA Healing Lounge"(リトレア ヒ...
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。