サウナーの医師に聞いた、withコロナ時代「サウナ施設の選び方」

withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点をまとめたのが6月。依然として予断を許さない状況が続いている。

利用者個人の感染症対策はもちろんだが、やはり施設側の対策も気になるところ。というわけで言葉を求めたのは、おなじみの加藤容崇医師。聞けば、彼が代表理事を務める日本サウナ学会と全国のサウナ施設とが協力し、感染症対策に取り組んでいるという。

この時代における“正しいサウナの選び方”とは——。

加藤 容崇(かとう やすたか)

慶応義塾大学医学部腫瘍センターゲノム医療ユニット特任助教・医師、北斗病院・医師、日本サウナ学会 代表理事。サウナ好きが高じて、“ととのう”をはじめとしたサウナの効能を科学的に解明する取り組みをおこなっている。著書『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』が好評発売中。

新型コロナウイルス感染症対策を
積極的におこなう施設を公開中

「私が言いたいことは、たったひとつ。しっかりとした感染症対策をおこなっている施設を選ぶべき。当たり前のように聞こえるが、これがすべて。

ただ単にガイドラインの項目のみをなぞったような対策は徹底されない。実際にサウナ施設で起こった事例であるが、あるサウナ施設は政府の推奨にしたがって、ソーシャルディスタンス、館内マスク着用、私語を慎むこと、消毒の徹底などの対策をおこなっていたが、利用者からのクレームや拒否によって対策が徹底されなくなってしまった。

私はクレームを入れた利用者の気持ちもわかるし、利用者を大事にしようとする施設の考えも素晴らしいと思う。だから、批判されるべきこととは思わない。根本的な問題は、コロナウイルス感染症対策についての基礎的な知識の啓蒙ができていないこと。多くの人が基礎的な知識を理解させてもらえないまま混乱してしまっている」

©iStock.com/qwerty01

「そこで、日本サウナ学会では施設向けの新型コロナウイルス感染症予防ガイドラインを策定し、施設職員向けのコロナ対策webセミナーを開催。対策済みの施設リストをYouTubeの動画付きで日本サウナ学会のHPにて紹介している。

以下の33の施設が、日本サウナ学会の『サウナ・温浴施設のための新型コロナウイルス感染防止ガイドライン』に準拠した新型コロナウイルス感染症対策セミナーを受講し、新型コロナウイルス感染症対策を積極的におこなう温浴・サウナ施設。ぜひ、利用時の参考にしてほしい」

【北海道・東北】

北海道ふとみ銘泉万葉の湯:https://youtu.be/scOGW6ydT2k

竜泉寺の湯 仙台泉店:https://youtu.be/XTrsBCmVyGA

旭川高砂台 万葉の湯:https://youtu.be/1ut5VRmuyqo

喜盛の湯:https://youtu.be/hwTbHwmnxFA

 

【関東】

湘南RESORT SPA 竜泉寺の湯 湘南茅ヶ崎店:https://youtu.be/fX8wTVGiJ0Q

草加健康センター:https://youtu.be/g18n8oBbOoc

東名厚木健康センター:https://youtu.be/DRW3LrYfFkA

相模健康センター:登録なし

竜泉寺の湯 八王子みなみ野店:https://youtu.be/_2ri3ps2EVM

竜泉寺の湯 草加谷塚店:https://youtu.be/_vZww-FbA84

東京・湯河原温泉 万葉の湯 町田:https://youtu.be/SZzjclQefXA

小田原お堀端万葉の湯:https://youtu.be/GqeAqT-2LHY

はだの・湯河原温泉 万葉の湯:https://youtu.be/7KlbhfbpyyA

スパロイヤル川口:https://youtu.be/NU5AoBQjgvA

横濱スパヒルズ 竜泉寺の湯:https://youtu.be/7JU_m3teBGc

東京・湯河原温泉 万葉の湯 町田:https://youtu.be/SZzjclQefXA

横浜みなとみらい万葉倶楽部:https://youtu.be/bJLR2I_Z0SA

 

【東海】

天空スパヒルズ竜泉寺の湯名古屋守山本店:https://youtu.be/B1OhdnX724Y

沼津・湯河原温泉 万葉の湯:https://youtu.be/YIvV63PxuTQ

健康ゆ空間 磐田ななつぼし:https://youtu.be/zMxufy0XiGY

日帰り天然温泉 竜泉寺の湯 豊田浄水店:https://youtu.be/85QWATJLBlg

 

【近畿】

SPA&HOTEL水春松井山手:https://youtu.be/Em3VxSnxTfo

守山湯元水春ピエリ守山:https://youtu.be/bZXUnbdiS8Q

潮芦屋温泉SPA水春:https://youtu.be/SncWSaK2HmY

岩塩 和らかの湯:https://youtu.be/C6IR3qD4GnM

東香里湯元水春:https://youtu.be/vZT86KmCjPQ

箕面湯元水春:https://youtu.be/OjkTlKGrnG0

岩塩 りんくうの湯:https://youtu.be/nV4INhKyUbA

草津湯元水春:https://youtu.be/5SYnMH9iZOM

鶴見緑地湯元水春:https://youtu.be/XL9kgBYeEd0

神戸ハーバーランド温泉 万葉倶楽部:https://youtu.be/DjTFaTmh86Y

 

【九州】

嘉島湯元 水春:https://youtu.be/zAUI4O2I2fU

博多  由布院・武雄温泉 万葉の湯:https://youtu.be/AkraidUm2uU

「さらに今後は、対策を訴えるポスターを制作し、日本サウナ学会の会員・非会員にかかわらず施設に無料配布する予定もある。

もちろん、ここに掲載されていない施設が安全でないというわけではないし、掲載されているからといって絶対に安全とも言い切れない。ゼロリスクという考えは幻想。きちんと対策していても、残念ながら新型コロナウイルスに感染するリスクはゼロにはならない。

しかし、みなさんがコロナ対策が徹底されている施設を選ぶことで、社会全体で感染者数や重症者数、死亡者数を“社会の容量を超えないように”コントロールすることが重要だ。

個人個人、各施設がコロナ対策を徹底することが唯一の突破口であり、みんなの愛するサウナ文化が守られることにつながる。コロナを正しく恐れて、サウナに行こう

Top image: © iStock.com/HQuality Video
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
肌着メーカー「GUNZE(グンゼ)」から、「肌にやさしい洗える冷感布製マスク」が登場。肌触りがよく、長年に渡って肌に触れる製品を作ってきたこだわりを感じる...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナのダイエット効果の有無をハッキリさせるべく、疑問をぶつけた。
サウナに関する研究を進め、医学的効能をより詳しく明らかにし、人々の健康増進に役立てる。さらには、研究成果を社会にわかりやすく発信し、適切なサウナ利用に向け...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、いまだ謎めいた状態“ととのう”について解説してもらった。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
「Off-White(オフホワイト)」のアクティブウェアが人気必至!ジムやスポーツ用はもちろん、普段着使いしたいトレーナーやパーカーも!
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
この夏、サウナーの話題を独占した「8HOTEL CHIGASAKI」のサウナを取材。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
東京・銀座に、美容目線で厳選したナッツ16種類を揃える専門店「美容とナッツの専門店 produced by Terra grano」が登場。専門スタッフに...
今月1日(火)、「味覇(ウェイパァー)」に新商品の青い缶がお目見え。エビにアサリ、昆布、オイスターなどを合わせた海鮮調味料だ。
オンラインストア「サウナマーケット」は、Tシャツやステッカーなど施設のグッズや画像、前売りチケット(準備中)が購入でき、その売り上げでサウナ施設を経済的に...
複合リゾート施設「BIO RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(埼玉県入間郡)に、3月、一棟貸しの宿泊施設「サウナスイートキャ...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。