サウナ自粛中のサウナーへ。「自宅でととのう方法」教えます!

サウナに入って汗をかきたい。水風呂に浸かって“羽衣”を纏いたい。外気を浴びてボーッとしたい。あ〜っ、ととのいたい!!!

サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。わかります。僕もです。でも、このご時世。みんなでグッと我慢です。サウナーたるもの、紳士たれ。サ活は安全・安心な世の中になってから!

というわけで、ここでは外出することなく「自宅」でととのう方法を紹介。“特効薬”ともいうべきハウツーを伝授してくれたのは、『TABI LABO』ではもうおなじみの加藤容崇医師。

全サウナーを代表して一言。

先生〜!助けてください!!!

加藤 容崇(かとう やすたか)

慶応義塾大学医学部腫瘍センターゲノム医療ユニット特任助教・医師、北斗病院・医師、日本サウナ学会 代表理事。サウナ好きが高じて、“ととのう”をはじめとしたサウナの効能を科学的に解明する取り組みをおこなっている。著書『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』が好評発売中。

「結論から言います。

41℃〜42℃のお風呂15分(バブ入り)→水シャワー→休憩がおすすめです。理由は以下。

60℃のウェットサウナ15分で0.8℃、90℃のドライサウナでは0.5℃ほど深部体温が上がります。

また、40℃の風呂15分では0.8℃、42℃では1.6℃ほど上昇することが報告されています(入浴による食欲、深部体温、食欲調整ホルモンへの影響, 日本健康開発雑誌, 2017)。

したがって、60℃の少しぬるいウェットサウナと40℃のお風呂は同等の深部体温上昇効果があると言えるでしょう。

42℃のお風呂には、60℃のウェットサウナ2セット分の深部体温上昇効果がある。一般家庭の浴槽は温度が不均一で、実際には設定温度よりも低くなる傾向があることを考慮すると、バブなどの発泡性入浴剤によって温熱効果を追加するといいかと。湯中の炭酸は血管拡張作用があり、体が温まりやすくなりますから。

お風呂15分は入ってみると意外と長いので、漫画を読んだり、スマホで動画を見たりするといいかもしれません。こんなときだからこそ、普段サウナではできないようなことをしてリラックスしてみては?

ただし、長時間のお風呂はサウナと比較すると疲れを感じる傾向があります。朝には不向きですし、夜であっても入り過ぎにはくれぐれも注意してください」

『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』

脳疲労が瞬時に消える!ビジネスのパフォーマンスを最大化する正しいサウナの入り方!

著:加藤 容崇 発行:ダイヤモンド社

Top image: © iStock.com/qwerty01
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、いまだ謎めいた状態“ととのう”について解説してもらった。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
サウナに関する研究を進め、医学的効能をより詳しく明らかにし、人々の健康増進に役立てる。さらには、研究成果を社会にわかりやすく発信し、適切なサウナ利用に向け...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
その名も「Mosoco Mos killer lamp」。蚊が集まる周波数を発するLEDの紫外線ランプだ。
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
オンラインストア「サウナマーケット」は、Tシャツやステッカーなど施設のグッズや画像、前売りチケット(準備中)が購入でき、その売り上げでサウナ施設を経済的に...
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
サウナーにおすすめしたい東京の「極上サウナ」をご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...