サウナ自粛中のサウナーへ。「自宅でととのう方法」教えます!

サウナに入って汗をかきたい。水風呂に浸かって“羽衣”を纏いたい。外気を浴びてボーッとしたい。あ〜っ、ととのいたい!!!

サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。わかります。僕もです。でも、このご時世。みんなでグッと我慢です。サウナーたるもの、紳士たれ。サ活は安全・安心な世の中になってから!

というわけで、ここでは外出することなく「自宅」でととのう方法を紹介。“特効薬”ともいうべきハウツーを伝授してくれたのは、『TABI LABO』ではもうおなじみの加藤容崇医師。

全サウナーを代表して一言。

先生〜!助けてください!!!

加藤 容崇(かとう やすたか)

慶応義塾大学医学部腫瘍センターゲノム医療ユニット特任助教・医師、北斗病院・医師、日本サウナ学会 代表理事。サウナ好きが高じて、“ととのう”をはじめとしたサウナの効能を科学的に解明する取り組みをおこなっている。著書『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』が好評発売中。

「結論から言います。

41℃〜42℃のお風呂15分(バブ入り)→水シャワー→休憩がおすすめです。理由は以下。

60℃のウェットサウナ15分で0.8℃、90℃のドライサウナでは0.5℃ほど深部体温が上がります。

また、40℃の風呂15分では0.8℃、42℃では1.6℃ほど上昇することが報告されています(入浴による食欲、深部体温、食欲調整ホルモンへの影響, 日本健康開発雑誌, 2017)。

したがって、60℃の少しぬるいウェットサウナと40℃のお風呂は同等の深部体温上昇効果があると言えるでしょう。

42℃のお風呂には、60℃のウェットサウナ2セット分の深部体温上昇効果がある。一般家庭の浴槽は温度が不均一で、実際には設定温度よりも低くなる傾向があることを考慮すると、バブなどの発泡性入浴剤によって温熱効果を追加するといいかと。湯中の炭酸は血管拡張作用があり、体が温まりやすくなりますから。

お風呂15分は入ってみると意外と長いので、漫画を読んだり、スマホで動画を見たりするといいかもしれません。こんなときだからこそ、普段サウナではできないようなことをしてリラックスしてみては?

ただし、長時間のお風呂はサウナと比較すると疲れを感じる傾向があります。朝には不向きですし、夜であっても入り過ぎにはくれぐれも注意してください」

『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』

脳疲労が瞬時に消える!ビジネスのパフォーマンスを最大化する正しいサウナの入り方!

著:加藤 容崇 発行:ダイヤモンド社

Top image: © iStock.com/qwerty01

関連する記事

いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、いまだ謎めいた状態“ととのう”について解説してもらった。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
4月下旬、北海道標茶町の「THE GEEK」に本格フィンランド式サウナが誕生予定。
「University of California, Los Angeles(通称:UCLA)」が管理する研究所「Lawrence Berkeley Na...
「十勝アヴァント」は、凍った湖に穴を開けて水風呂代わりにするフィンランドの文化「アヴァント」を体験できるアウトドアサウナアクティビティ。
この夏、サウナーの話題を独占した「8HOTEL CHIGASAKI」のサウナを取材。
サウナーに評判の長野県・野尻湖のサウナ施設「The Sauna」に2棟目が誕生。新たにオープンするサウナは2階建てとなっており、1階は涼しく、2階は暑いと...
サウナー専門ブランドを運営する「TTNE株式会社」が、全国5000以上ともいわれるサウナ施設の中から、いま行くべき全国のサウナ上位11施設「SAUNACH...
12月4日、東京・神楽坂に日本初となる完全個室のフィンランド式サウナ「ソロサウナtune」がオープン。
「サ水(さみず)」は、昨今のサウナブームの火付け役となった『サ道』の原作者であるマンガ家・タナカカツキ氏によるオリジナルデザインの富士ミネラルウォーター。
サウナを愛しているのに、視力のせいでイマイチ楽しみきれなかったサウナーへ「サウナ専用メガネ」を紹介。
“しきじの娘”こと笹野美紀恵さんが提唱する「サウナ美容」について。
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
見知らぬ他人と3密空間で過ごさなくて済む「貸切サウナ」を5つ紹介。
体験型複合施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、埼玉・飯能に8月1日よりニューオープン。究極の癒し体験ができる「テントサウナ」も開業。
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
9月29日、サウナーの聖地と呼ばれる「サウナしきじ」からオフィシャルブックが発売された。
聖地「サウナしきじ」の娘であり、豊富な知識を誇る笹野美紀恵さんに「女性サウナーが行くべき施設」を聞いた。
世界一のサウナを作る「ヴァルス計画」が始動。その中心人物である加藤容崇医師に話を聞いた。
「カプセルイン錦糸町」の屋上に昨秋オープンしたルーフトップサウナ「SAUNA GARDEN錦糸町」。この度誕生する「The錦糸町」は、さらにその上に位置す...
オンラインストア「サウナマーケット」は、Tシャツやステッカーなど施設のグッズや画像、前売りチケット(準備中)が購入でき、その売り上げでサウナ施設を経済的に...