「サウナって痩せるの?」ダイエット効果をサウナーの医師に聞いてみた

睡眠の質だけでなく、集中力や発想力もアップ。認知症やうつ病の予防効果も期待できる。さらには、肩こり・腰痛の緩和まで!

“気持ちいい”にとどまらないサウナの効果・効能が明らかになった前回の記事

今回はその中でも多くの人が気になったであろう「ダイエット効果」にフォーカス。加藤容崇医師に、より突っ込んだ質問をぶつけてみた。

改めて、このド直球なやりとりから!

加藤 容崇(かとう やすたか)

慶応義塾大学医学部腫瘍センターゲノム医療ユニット特任助教・医師、北斗病院・医師、日本サウナ学会 代表理事。サウナ好きが高じて、“ととのう”をはじめとしたサウナの効能を科学的に解明する取り組みをおこなっている。著書『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』が3月6日に発売。

撮影協力:かるまる池袋店

Q.
ぶっちゃけ、サウナで痩せる?
それとも痩せない?

「長い目で見れば、ダイエット効果は十分にあると思います。ただし、サウナ直後のカロリー摂取に気をつければ。

サウナに入って休憩すると、甲状腺ホルモンの分泌量が増えて代謝が上がる。このことはすでに論文で発表されています。代謝が上がれば脂肪は燃焼しやすくなります。加えて、サウナ後は睡眠の質も上がるので日中の活動性、エネルギー消費も上がるでしょう。

ただし、サウナ後は代謝が上がる一方、副交感神経が優位になる。ごはんがとにかく美味しく感じるんですよ。しかも消化・吸収の機能が非常に高まっていて、どんどん自分の肉にしてしまう。

だから、痩せるかどうかは直後の食事次第。サウナ施設のごはんって、めちゃくちゃ美味しいじゃないですか?カレーや豚の生姜焼き、ビール、レモンサワー。『天空のアジト マルシンスパ』に行ったら、絶対に『笹塚チャーシュー』を食べたくなる(笑)。それを我慢できるかどうかにかかっています。

サウナに入ってさえいればたくさん食べても痩せるなんて、そんな魔法のような効果はありませんよ」

サウナ ダイエット効果
©2020 NEW STANDARD

Q.
では、何を食べればいい?

「オススメは沖縄料理です。ラフテーみたいな高カロリーのものではなく、ゴーヤチャンプルーなど香りのいい野菜を使った料理

サウナのあとは感覚機能が向上し、満足感を得やすい。風味をよく感じられるようになるので、カロリーが低く、香りがいい食べものでごまかすのはひとつのテクニックです」

Q.
ダイエットに効果的な入り方は?

「代謝の向上という観点では、空腹状態で入ったほうが効果的です。

甲状腺ホルモンの分泌を指標にすると、この効果はファスティングに近い。ファスティングって、18時間以上何も食べないと、食事によって摂取したエネルギーを使って活動するモードから、体の中に貯蓄してあるエネルギーを使って活動するモードに切り替わるんです。『栄養がこない。ピンチだ』と体が反応するわけです。

直前に食事を取ると、ファスティングモードが解除されてしまうので効果が弱まります」

Q.
水分補給にも注意?

「サウナに入る前、途中、入った後に糖分を摂取するという実験で興味深い結果が出ました。

じつは、サウナの前と途中に糖分を摂取すると甲状腺ホルモンの分泌が増加せず、代謝アップの効果が打ち消されます。サウナの後に摂取するぶんには影響はないのですが。

サウナ途中の水分補給は炭酸水がオススメ。体の冷却効果が高く、水風呂をより冷たく感じられる効果もあります」

まとめ

・サウナ、休憩をセットでおこない、直後の食事でカロリーをしっかりとコントロールする

・満腹時よりも空腹時に入るほうがベター

・水分補給にも注意。サウナ前と途中に糖分を摂取してはいけない。オススメは炭酸水

 

『医者が教えるサウナの教科書 ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』

脳疲労が瞬時に消える!ビジネスのパフォーマンスを最大化する正しいサウナの入り方!

著:加藤 容崇 発行:ダイヤモンド社

Top image: © 2020 NEW STANDARD
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
コロナ禍で「運動不足」「野菜不足」からくる健康不安を抱えている人が多い2020年。これまで以上に健康意識が高まるなか、9月、新たなヴィーガン向けの情報サイ...
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、いまだ謎めいた状態“ととのう”について解説してもらった。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
この夏、サウナーの話題を独占した「8HOTEL CHIGASAKI」のサウナを取材。
サウナに関する研究を進め、医学的効能をより詳しく明らかにし、人々の健康増進に役立てる。さらには、研究成果を社会にわかりやすく発信し、適切なサウナ利用に向け...
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
利用者個人の感染症対策はもちろんだが、やはり施設側の対策も気になるところ。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...