サウナの聖地「しきじ」の娘に聞いた「女性サウナーが行くべき施設5選」

オススメのサウナ施設をまとめた記事は、すでに世に数多。しかし、その多くは男湯のサウナ環境にフォーカスされたもの。女湯のそれはまったく別物であるケースがほとんどだ。

たまには女性サウナーのためだけに作る記事があってもいい!聖地「サウナしきじ」の娘であり、豊富な知識を誇る笹野美紀恵さんに「女性サウナーが行くべき施設」を聞いてみた。

01.
城山ホテル鹿児島
(鹿児島県鹿児島市)

©笹野美紀恵

「ここはなんといっても水風呂!圧倒的にクオリティが違います。本当にマイルド……。たまたま居合わせて話をした方も、水質に病みつきになってわざわざ奈良県から通っていらっしゃるとか。

サウナはスチームサウナ。露天スペースでは鹿児島の雄大な自然も楽しめます。

まだあまり知られていない施設だと思いますが、あの水風呂はいつか体験してみてほしい!」

02.
ザ・グランドスパ南大門
(栃木県宇都宮市)

「スチームサウナが衝撃です。座面に穴が開いていて、その上にお尻を乗せる斬新なスタイル。膣を温められるサウナってなかなかない。サウナでよもぎ蒸しができてしまうイメージですね!もちろん、しっかり熱いサウナもあります。

水風呂とは別に大きなプールがあって泳げるのも楽しい。大の大人が真っ裸で泳ぐのってなんかいいですよ(笑)。お子さんがいる方はプールで一緒に遊べますし、自由度の高い施設といえるかもしれません。

あとはやっぱり施設内で本格的な焼肉が食べられる!南大門さんはもともと焼肉屋さんなんです。サウナのあとにあんなにおいしい焼肉が待っているなんて、本当に素敵な施設だと思います。

都内からも小旅行気分でサクッと行ける宇都宮。餃子のあとに行くのもよし、そのまま南大門に泊まるもよし!」

03.
THERMAL SPA S.WAVE/大磯プリンスホテル
(神奈川県大磯町)

©笹野美紀恵

「サウナ初心者の方を誘って一緒に行く。そんなときは、サウナ室のセッティングがどうだとか、水風呂がどうだというだけでなく、絶景というプラスアルファの要素があると誘いやすい。

入りやすいやさしいセッティングですし、サウナ室の中から絶景が見える施設はまだまだ少ない。テンションが上がって心も豊かになるサウナ。誘われた人が絶対にサウナを嫌いにならない施設だと思います。

あと、温浴施設って普通は写真を撮っちゃいけないですよね?それを逆手にとった発想で、ここは『私の写真を撮ってほしい!』という女性の気持ちを存分に満たせる施設。フォトジェニックな作りは、施設経営側の私の立場から見るとうまい!と思います。

サウナも満足したいし、自分をキレイに撮ってほしい。そんな女性の2つの願いを同時にかなえてくれるこの施設には、利用者を現実に引き戻してしまわないよう体重計が置かれていません(笑)」

©笹野美紀恵

04.
ルビーパレス
(東京都新宿区)

©笹野美紀恵

「すでにご存知の方も多い王道施設ですが、やっぱり絶妙です。

サウナは全4種類。中でも遠赤サウナのベッド式の椅子が最高。椅子がゆるやかにカーブしていて、辛くない体勢で入れるのが気持ちいい!

最近はサウナ室内で横になれるプライベートサウナも増えてきましたが、フラットなところにただ横になるのと、横になる前提の椅子とでは大違い。優雅な気分にもなれますし。もちろん、軟水のやわらかな水風呂もポイントですよ。

韓国に行けない今だからこそ、新大久保でプチ韓国気分を味わえるのも嬉しい。ちょっとした旅行気分が味わえて、さらにキレイになれる。何も気にしなくていい『女性専用』であることも本能剥き出しでいられてリラックスできます」

05.
蔵サウナ/パブリックハウス&サウナ久米屋
(岡山県美作市)

©笹野美紀恵

「絶対に行ったほうがいいです。岡山県の美作市というところにあるサウナで、隣接するゲストハウス『久米屋』の宿泊者だけが利用できます。

サウナメーカーに頼らず、一級建築士の丸山さんという方が独学でDIYしたサウナ室はとにかく空気がなめらか。ストーブからの熱が綺麗に流れるよう緻密に設計されていて、肌あたりが驚くほどマイルドです。

自然に囲まれたロケーションのため、空気が新鮮で景色を楽しめるのはもちろんですが、色々とストレスを抱えがちな現代社会において、自分を見つめ直す効果もあります。

もともと丸山さんは街を再生させることを目指してサウナを作ったそう。チャレンジングな女性も増えているなか、彼と話して蔵サウナに入ることは『自分には何ができるだろう?』と考える良い機会になりますよ。私はここで彼とたくさん話して感銘を受けました!

おいしいご飯を食べて、サウナでととのうだけじゃなく、そこから一歩踏み込んで自分の世界を広げる旅になる。そういう意味でもココはオススメです」

©笹野美紀恵

【番外編】
おとぎの宿 米屋
(福島県須賀川市)

©笹野美紀恵

「ここのミストサウナは珍しいですよ。なんと源泉100パーセント。なめらかな化粧水を全身で浴びているみたいで、肌がツルッツルになります!汗をかくだけじゃなく、さらにキレイになれる贅沢なサウナ。

加えて、おとぎ話をコース仕立てでいただけるディナーも魅力。視覚的にも楽しめるので、圧倒的に記憶に残ります。夫婦やカップルで行くのがオススメ!」

笹野美紀恵
Top image: © 笹野美紀恵
“しきじの娘”こと笹野美紀恵さんが提唱する「サウナ美容」について。
サウナー専門ブランドを運営する「TTNE株式会社」が、全国5000以上ともいわれるサウナ施設の中から、いま行くべき全国のサウナ上位11施設「SAUNACH...
9月29日、サウナーの聖地と呼ばれる「サウナしきじ」からオフィシャルブックが発売された。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
サウナに関する研究を進め、医学的効能をより詳しく明らかにし、人々の健康増進に役立てる。さらには、研究成果を社会にわかりやすく発信し、適切なサウナ利用に向け...
見知らぬ他人と3密空間で過ごさなくて済む「貸切サウナ」を5つ紹介。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
利用者個人の感染症対策はもちろんだが、やはり施設側の対策も気になるところ。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
サウナーにおすすめしたい東京の「極上サウナ」をご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
オンラインストア「サウナマーケット」は、Tシャツやステッカーなど施設のグッズや画像、前売りチケット(準備中)が購入でき、その売り上げでサウナ施設を経済的に...
この夏、サウナーの話題を独占した「8HOTEL CHIGASAKI」のサウナを取材。
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...