サウナの聖地「しきじ」の娘が伝授!「効率よくキレイになれる入り方」

今やその名を全国にとどろかせている「サウナしきじ」。9月には初のオフィシャルブックが発売されるなど、特別な地位を確固たるものにしている。

この聖地を実家に持つのが笹野美紀恵さん。同じく9月に発売された著書『キレイをかなえる「しきじの娘」の速効サウナ美容』は、とくに女性サウナーに大好評。曰く、「忙しく毎日頑張っている女性に贈る究極のハウツー」が詰まっているとか。

笹野さーん!サウナ美容って、具体的にどうすればいいんですか!?

©2020 NEW STANDARD

「そもそも、私が言っているサウナ美容とは、“ズボラにキレイになれる方法”のことです。ただサウナに入るだけでもキレイになれますが、運動やエステの要素を加えて、さらに美容効果を高める。毎日忙しいなか、美顔器を使ったり、ヘッドスパに行ったりとコツコツ頑張るのってキツいじゃないですか(笑)。

内容は体を引き締める『ジムコース』とリラックスできる『エステコース』の2種類。どちらも簡単で、いつものサウナに少しプラスしてあげるだけ。

女性だけでなく男性にも試していただきたいので、ぜひチェックしてみてくださいね!」

【ジムコース】

「全身の血行がよくなるサウナだからこそ、軽いストレッチを組み合わせれば、もっと体を引き締められる。そんな発想から生まれたのが、サウナをジム代わりにしてしまうジムコースです。

まずはサウナに入る前にスクワットをしましょう。ポイントは2つ。肩幅くらいに足を開いて、おしりの穴をギュッと締めておこなうこと。

最初は無理せず10〜20回でOKです。私は年齢×3回を自分に課しています(笑)。スクワットをすると大きな筋肉が動いて脂肪が燃えやすくなるんですよ。汗のかきかたも劇的に変わります!

サウナ室ではあぐら体勢。そして、両手で脇をつかむようにしてゆっくり息を吐きながら、一番上の肋骨の下の筋肉を4本の指で中にぐっと入れ込む。次におへそあたりを、最後に子宮あたりを押し込みましょう。このとき、おしりの穴と膣はキュッと締めておきます。

かなり腹筋を使うので、本当に汗だくになりますよ。普通のサウナでかく汗が表面的なものだとしたら、内面的な汗がブワッと出てくる感覚。2種類の汗がかけて、さらに体を引き締める効果があるので、ぜひやってみてほしいです!

難しい、分からないという人は、呼吸を意識するだけでも大丈夫。胸を張ってあぐらをかき、ゆっくりと長く息を吐く。ふーーーーー!って全部吐き切るイメージ。吐き切ったらゆっくりと吸う。これだけでも変わります。

あ、スクワットやストレッチは、もちろん周囲への配慮を忘れずにお願いしますね!」

©2020 NEW STANDARD

【エステコース】

「ちょっとだけハードなジムコースに対して、エステコースは完全リラックスモード。

体を洗ってメイクを落とし、まずは5分(ちょっと体が温まってきたなと感じる程度)サウナ室に入りましょう。あくまでも毛穴を開かせることが目的なので、その後の水風呂はナシ。そのままシャワーへ。

毛穴を開かせてから鼻や頭皮を洗うと、汚れがよりキレイにとれます。そこからようやく1セット目がスタート。濡らしたタオルを髪に巻くと、熱から守るだけでなくトリートメント効果もアップします。

3セットを終えたら、締めに頭から炭酸水を浴びるのがおすすめ。毛細血管が刺激されるから、頭皮マッサージ要らず。本当に私のようなズボラな人にはもってこいですね(笑)」

Top image: © 2020 NEW STANDARD
聖地「サウナしきじ」の娘であり、豊富な知識を誇る笹野美紀恵さんに「女性サウナーが行くべき施設」を聞いた。
9月29日、サウナーの聖地と呼ばれる「サウナしきじ」からオフィシャルブックが発売された。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
サウナに関する研究を進め、医学的効能をより詳しく明らかにし、人々の健康増進に役立てる。さらには、研究成果を社会にわかりやすく発信し、適切なサウナ利用に向け...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
サウナーにおすすめしたい東京の「極上サウナ」をご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
サウナー専門ブランドを運営する「TTNE株式会社」が、全国5000以上ともいわれるサウナ施設の中から、いま行くべき全国のサウナ上位11施設「SAUNACH...
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
この夏、サウナーの話題を独占した「8HOTEL CHIGASAKI」のサウナを取材。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、いまだ謎めいた状態“ととのう”について解説してもらった。
見知らぬ他人と3密空間で過ごさなくて済む「貸切サウナ」を5つ紹介。