現代のウルトラヘブン。東京のサウナ好きがまとめる極上サウナ5選

今や、サウナはカルチャーだ。
おじさんたちの熱苦しいたまり場ではない。
 
ここ数年、漫画家のタナカカツキさんが、サウナに関する書籍や漫画を出版し、サウナ大使に任命され、一気にサウナの魅力が世の中に言語化、ビジュアル化され、広がりをみせた。
 
そして、以前よりサウナを愛する人達に支持されていたサウナの魅力が、サウナ専門ブログやSNSを通して広がり、サウナをテーマにした専門誌が発行され、オシャレな雑誌で特集されるまでになった。
 
サウナを愛する人たちの呼び名である「サウナー」という言葉が生まれ、サウナのLINEスタンプが生まれた。
 
ぼくのまわりでも、サウナへ通うだけでなく、サウナ遠征をしたり、海外出張で地元のサウナを探したりと、サウナーとして新たな境地を切り開く先駆者たちがいる。とにかく、楽しみごとのひとつとして、かなりの盛り上がりをみせているのだ。
 
これはもう、一つのカルチャーとしての盛り上がりだと、断言してもよいほどだと思う。

いざ、自分を整える旅路へ

サウナの正しい入り方はこんな具合だ。

食後や飲酒後すぐは避け、かけ湯して、身体を洗ってから入るのがマナー。サウナ室の熱気は上へ昇っていくから、はじめは低いところに座るのが妥当だろう。1セッションは、サウナ10分、水風呂で2〜3分。水風呂でクールダウンしたあとは、椅子にこしかけて、休息または外気浴。

サウナ、水風呂、外気浴を、無理のない範囲で3セットほど繰り返せば、恍惚感に満たされて身体の中がすっきりし、それまでの自分が一新するようである。

まさに「整う」という言葉そのもの。

日本人は我慢好きが多いが、他の人と競ったり、無理する必要なんてない。自分のペースで、辛くなる前に出よう。

サウナとは、言うなれば、自分自身を整える旅である。人が集い、熱狂し、集う者の間で新しい何かが生まれる様子は、もはやカルチャーと呼んでしまって良いのではないだろうか。

だからこそ、まだ足を運んだことのない人に行ってもらいたい。合法的なウルトラヘブンへ。友人のサウナーと共に選んだ、今、最も熱い、サウナカルチャーの最前線をご紹介する。

前野原温泉 さやの湯処

サウナの質だけを見れば、他にもおすすめしたいところがたくさんあるが、さやの湯は、清潔感のある女性でもエントリーしやすいのが特徴である。4段あり、20名程入ることが可能なドライサウナ(高さによって体感温度調節可能)と、狭い入口をくぐると広がる塩スチームサウナは、まさに瞑想の世界。整います。

前野原温泉 さやの湯処
住所:東京都板橋区前野町3丁目41番1号
電話:03-5916-3826
営業時間:10:00〜25:00(最終入館受付24:00)
※年に数回、設備点検の為休館いたしますが、事前に館内及びWEBサイトにてお知らせ致します。
※アクセス方法はコチラからご確認ください。

豊島園 庭の湯

男女一緒に水着ではいれる屋外のログハウス風のサウナから外を眺めると、まるで海外にきた気分になる。サウナを出て、すぐのところにあるシャワーは、高さがあるので、水風呂とはまた違う気持ちよさ。木々を眺めながらの外気浴は最高に気持ちが良くて、森の中の遊歩道を歩けるのも、また嬉しい。個人的には都内最強のサウナ。

豊島園 庭の湯
住所:東京都練馬区向山3-25-1
電話:03-3990-4126
営業時間:10:00~23:00(最終受付 22:00)
休:年中無休
※メンテナンス実施日は臨時休業いたします。
※アクセス方法はコチラからご確認ください。

タイムズ スパ・レスタ

なぜあの駐車場経営のタイムズがサウナを経営しているのか、一度インタビューしてみたい。おもてなしと言えば、ここ。「五感で四季を感じる」がコンセプト。あらゆるところに気持ちの良いこだわりが。老若男女どんなシチュエーションでも楽しめ、間違いないクオリティがここにあり。

タイムズ スパ・レスタ
住所:東京都豊島区東池袋4-25-9 タイムズステーション池袋10~12階
電話:03-5979-8924
営業時間:11:30~翌9:00
年中無休
※アクセス方法はコチラからご確認ください。

天空のアジト マルシンスパ

「Loyly(ロウリュウ)」を知っているかい?サウナの発祥の地・フィンランドの言葉で、 蒸気を浴びる蒸気浴のこと。サウナの作りも、セルフロウリュウも、水風呂も、外気浴も、すべてわかってる感半端ない。コンパクトで無駄のない、細部に行き届いた作り込みは、まさに天空のアジトという名がふさわしい。男のための完璧なサウナパッケージ。

天空のアジト マルシンスパ
住所:東京都渋谷区笹塚1-58-6 マルシンビル10F
電話:03-3376-5225
営業時間:24時間営業
休:元旦
※アクセス方法はコチラからご確認ください。

【番外編】サウナしきじ(静岡)

サウナ界の聖地しきじ。そして、しきじと言えば水。最高品質の水風呂は多くのサウナファンを魅了してきたことは言うまでもない。個人的には、水の良さ以上に、音の良さが、整うポイント。風呂中に響き渡る、滝の音。極上のサウナと水風呂で整ったあとは、椅子にこしかけながら、滝の音に耳を傾け、整ってほしい。
注意:天然地下水を飲みたい方は、滝の脇から流れ出る地下水をどうぞ。

サウナ しきじ
住所:静岡県静岡市駿河区敷地2-25-1
電話:054-237-5537
営業時間:24時間営業
年中無休
※アクセス方法はコチラからご確認ください。

一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
東京の新しいカルチャー発信基地、「TRUNK(HOTEL)」で開催された、SAUNA PARTY。日本のサウナ文化を中心に、食や音楽、ファッションなどがミ...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
恵比寿駅から徒歩1分独自のサウナと睡眠に特化したリフレッシュ空間℃(ドシー)〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目8-1https://do-c.jp/
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、...
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
日々の癒やしのヒントは、女性同士の会話から得ることもある。
東京都品川区には、企業が運営する希少な商品や、ちょっと変わったものが並ぶミュージアムがあります。「建築倉庫ミュージアム」「自転車文化センター」「ソニー歴史...
今やサウナに対して「暑すぎる!」「苦しい!」なんて思う人はいないだろう。誰もが楽しめるようになった。 さらに、フェスやビーチにも設置され、サウナの立ち位...