フィンランドでは日常。サウナに毎日入ると、長生きできるってホント?

熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、実際どうなんでしょうか?

そこで、20年以上にも及ぶ長期的な調査を行ったのは、サウナ大好きフィンランドの人々。病気のリスクなどとの相関関係をはかったそうですが、健康にいいと思われる要因がいくつも見えたそうな。

毎日サウナは長寿の秘訣?

2015年2月、アメリカの医師会雑誌(JAMA)に掲載された東フィンランド大学の調査によれば、サウナに通う頻度の高い人ほど、心臓病リスクや全死因による死亡率が低かったそうです。

もちろん、週に一度の人や毎日入る人もいました。が、週に1回未満の人と4回以上行く人とで比較するとその差は歴然。TIME誌には論文の著者であるJari Laukkanen博士のコメントが掲載されています。

「回数は多いほうがより良い結果になっていました。もちろん週に2〜3度でも効果があるようですが、最もリスクが低かったのは週に4回以上サウナに入る人でした」

利用時間によっても
差があった

さらに、入る時間が11分未満の人と19分以上の人を比較した場合でも、後者がよりポジティブな効果を得ていました。

フィンランドのサウナといえば、その多くが乾式。調査対象に選ばれたのも、室温が80度〜100度の乾式サウナです。あくまで統計結果からみた相関関係ですが、Laukkanen博士はこう続けます。

「心拍数が上がり発汗が促され、エクササイズと同様の効果が期待できます。そのため、リラックス効果や幸福感も得られるでしょう」

もちろん、心拍数が上がるということはそれだけ心臓に負担がかかっているのも事実。脱水症状を引き起こすこともあるため、あくまで入り過ぎは禁物です。

しかし、この調査結果からいえば、どうやら"長生きできる"というのもあながち嘘ではないのかも。サウナ好きの皆さん、どう思いますか?

Reference:JAMA, TIME
他の記事を見る
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
かわいい洋服を身にまとった、素敵なおうちでの生活。きっと、誰もが幼い頃に一度は憧れたであろう世界を、ぜひ一度のぞいてみてください。
近年はサウナやオーガニック料理に気を取られがちですが、いえいえやっぱりフィンランドではオーロラを忘れてはいけません。
「CleanseBot」は、殺菌灯にも使用される紫外線(UV-C)を照射し、ベッドシーツなど衛生的に気になるものを除菌してくれます。カバンに入るサイズで持...
夏はもうそこ。けど、ジムに通うのだってツライし、面倒くさい。毎日サウナには行くなってサイフが言ってる。こんな人を救うのが、この逆さまの傘。
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...
外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
夜になれば、多くの星が輝く空を眺められる。運が良ければ、オーロラを観測できる可能性もあるらしい。神秘的な景色を望めるホテル「Arctic Bath」は、ス...
汗を全身でかきながら熱した空間に座り続ける姿は、我慢比べをしているように見えてしまう。それでも、毎日のように通い詰める人たちからすると、天国のような場所ら...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよ...
1月の気温がマイナス20度くらいになるフィンランド・ロヴァニエミで体験できる「オーロラ鑑賞アクティビティ」です。
恵比寿駅から徒歩1分独自のサウナと睡眠に特化したリフレッシュ空間℃(ドシー)〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目8-1https://do-c.jp/
日々の癒やしのヒントは、女性同士の会話から得ることもある。