フィンランドでは日常。サウナに毎日入ると、長生きできるってホント?

熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、実際どうなんでしょうか?

そこで、20年以上にも及ぶ長期的な調査を行ったのは、サウナ大好きフィンランドの人々。病気のリスクなどとの相関関係をはかったそうですが、健康にいいと思われる要因がいくつも見えたそうな。

毎日サウナは長寿の秘訣?

2015年2月、アメリカの医師会雑誌(JAMA)に掲載された東フィンランド大学の調査によれば、サウナに通う頻度の高い人ほど、心臓病リスクや全死因による死亡率が低かったそうです。

もちろん、週に一度の人や毎日入る人もいました。が、週に1回未満の人と4回以上行く人とで比較するとその差は歴然。TIME誌には論文の著者であるJari Laukkanen博士のコメントが掲載されています。

「回数は多いほうがより良い結果になっていました。もちろん週に2〜3度でも効果があるようですが、最もリスクが低かったのは週に4回以上サウナに入る人でした」

利用時間によっても
差があった

さらに、入る時間が11分未満の人と19分以上の人を比較した場合でも、後者がよりポジティブな効果を得ていました。

フィンランドのサウナといえば、その多くが乾式。調査対象に選ばれたのも、室温が80度〜100度の乾式サウナです。あくまで統計結果からみた相関関係ですが、Laukkanen博士はこう続けます。

「心拍数が上がり発汗が促され、エクササイズと同様の効果が期待できます。そのため、リラックス効果や幸福感も得られるでしょう」

もちろん、心拍数が上がるということはそれだけ心臓に負担がかかっているのも事実。脱水症状を引き起こすこともあるため、あくまで入り過ぎは禁物です。

しかし、この調査結果からいえば、どうやら"長生きできる"というのもあながち嘘ではないのかも。サウナ好きの皆さん、どう思いますか?

Reference:JAMA, TIME
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。
2月24日、イングランドと北アイルランド、スコットランドのサッカー協会が「ヘディング」に関する新たなガイドラインを発表した。それにより、小学生のヘディング...
複合リゾート施設「BIO RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(埼玉県入間郡)に、3月、一棟貸しの宿泊施設「サウナスイートキャ...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
「HOFFE ONE」はスキルが必要とされているハンドドリップを簡単操作でおこなうために開発されたアイテム。
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...
11月18日(月)、サウナ熱波師の日本一決定戦「第3回熱波甲子園チャンピオンカーニバル」が開催。
人気ブランド「VITAL MATERIAL」から、“旅”をテーマとしたオーラルケアシリーズが新登場。
“Black History Month”を迎える今月、「ナイキ」と「コンバース」の2社が2020年の「BHM」コレクションとして「Air Force 1...
幸福度世界No.1のフィンランドの人たちに、「日本人が幸せを感じるためのアドバイス」を求めました。
フィンランドで現職世界最年少の女性首相サンナ・マリン氏が誕生!これによりフィンランドの5党の党首は全員女性になる見通しだ。
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
フィンランドの国営鉄道「VR」が、長距離列車の切符を購入する際には現金を受け付けないと発表した。9月1日から施行される。
フィンランドのスタートアップ「Solar Foods」は、空気と電気を主な原料として、プロテインを生成することに成功しました。