ヘルシンキのサウナ「Löyly」で“ととのう”なら、ゼッタイ夜!

フィンランド大使館が主催する一週間のプレスツアーで、ヘルシンキに行ってきた。

用意されたプログラムは、毎日8時半から18時半ごろまでビッシリ取材。それ以降の時間の使い方は個人に委ねられていたため、サウナーの端くれである自分はサウナに費やすと決めていた。

向かったのは、おなじみの「Löyly」。

近年、ヘルシンキのサウナは日本でも注目されているが、じつはそのほとんどが20時には閉まる。間に合わなくはないが、念願の本場のサウナでせかせかするなんてゴメンだ!

その点、Löylyは22時まで。ホテルがある市内中心部からも徒歩でアクセスできる。

このサウナのウリは、モダンな外観と目の前にバルト海を望むロケーション。「せっかくなら昼に行きたかった……」なんて思っていたのは事実だ。

でも、結果的には夜で良かった。この時間だからこその発見がたくさんあった。

そういえば、「夜のLöyly」って見たことない!

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

たとえサウナーでなくとも、ヘルシンキを訪れる人の多くが足を運ぶLöyly。TVやWEBでも何度も取り上げられている。

でも、それらで目にする映像・写真はどれもが昼。そりゃそうだ。外観もロケーションも昼のほうが伝わりやすいから。

この日、自分が到着したのは20時すぎ。

“脳内でなら”もう何度も行ったはずの「Löyly」と新鮮な気持ちで対峙することができた。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

夜のメリットはまだまだある。

多くの観光客は昼間に行きたがるから、めちゃくちゃ空いてる。

1ターン目こそサウナルームには7人ほどがいたが、2ターン目は3人、3ターン目なんて自分だけの貸切状態だった。

シャワーだって、テラスだってそう。上の写真は決して人を避けて撮影したわけじゃない。たぶん昼だとこうはいかないはずだ。

水風呂代わりに入る夜のバルト海は体験としてもスペシャル。ヘルシンキ中央部の夜景や星空を眺めながらの外気浴はプライスレス。人が少ないからこそ、やさしい波音だってちゃんと聞こえた。

結論。

Löylyで“ととのう”なら夜だ!

Top image: © 2019 NEW STANDARD
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
4月25日、徳島県上勝町に誕生する環境型複合施設「上勝町ゼロ・ウェイストセンター(WHY・ワイ)」のゼロ・ウェイストアクションホテル「HOTEL WHY」...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
フィンランド・ヘルシンキで新たに展開されているサービス「Think Sustainably(シンク サステナビリティ)」。その名が示す通り、サービス提供が...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナのダイエット効果の有無をハッキリさせるべく、疑問をぶつけた。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
日本からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは、10時間ほどで行ける欧州の玄関口。ここでのトランジットには、フィンランドの名物料理「グリッリ・マッカラ」と呼...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
日本サウナ・スパ協会から“大使”に任命されているマンガ家タナカカツキとTABI LABO代表久志尚太郎による「サウナ対談」。サウナにハマる理由、サウナで「...
2012年に急逝したアメリカの国民的歌手、ホイットニー・ヒューストン。そんな彼女がデジタルで蘇る“ホログラムツアー”が今月より開始。彼女のホログラムに加え...
2020年2月21日(金)、渋谷・道玄坂「WOMB」に集まった女の子たちに突撃取材!
複合リゾート施設「BIO RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(埼玉県入間郡)に、3月、一棟貸しの宿泊施設「サウナスイートキャ...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
東京でおすすめのサウナをご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。サウナ、銭湯、水風呂、銭...
今、悩みや迷いがある、なんだかモヤモヤしている、自分の中の何かを変えたい、正直疲れ切っている……突然ですが、そんなみなさんには是非、週末にフィンランドへ行...
11月18日(月)、サウナ熱波師の日本一決定戦「第3回熱波甲子園チャンピオンカーニバル」が開催。
熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、...