ヘルシンキのサウナ「Löyly」で“ととのう”なら、ゼッタイ夜!

フィンランド大使館が主催する一週間のプレスツアーで、ヘルシンキに行ってきた。

用意されたプログラムは、毎日8時半から18時半ごろまでビッシリ取材。それ以降の時間の使い方は個人に委ねられていたため、サウナーの端くれである自分はサウナに費やすと決めていた。

向かったのは、おなじみの「Löyly」。

近年、ヘルシンキのサウナは日本でも注目されているが、じつはそのほとんどが20時には閉まる。間に合わなくはないが、念願の本場のサウナでせかせかするなんてゴメンだ!

その点、Löylyは22時まで。ホテルがある市内中心部からも徒歩でアクセスできる。

このサウナのウリは、モダンな外観と目の前にバルト海を望むロケーション。「せっかくなら昼に行きたかった……」なんて思っていたのは事実だ。

でも、結果的には夜で良かった。この時間だからこその発見がたくさんあった。

そういえば、「夜のLöyly」って見たことない!

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

たとえサウナーでなくとも、ヘルシンキを訪れる人の多くが足を運ぶLöyly。TVやWEBでも何度も取り上げられている。

でも、それらで目にする映像・写真はどれもが昼。そりゃそうだ。外観もロケーションも昼のほうが伝わりやすいから。

この日、自分が到着したのは20時すぎ。

“脳内でなら”もう何度も行ったはずの「Löyly」と新鮮な気持ちで対峙することができた。

©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD
©2019 NEW STANDARD

夜のメリットはまだまだある。

多くの観光客は昼間に行きたがるから、めちゃくちゃ空いてる。

1ターン目こそサウナルームには7人ほどがいたが、2ターン目は3人、3ターン目なんて自分だけの貸切状態だった。

シャワーだって、テラスだってそう。上の写真は決して人を避けて撮影したわけじゃない。たぶん昼だとこうはいかないはずだ。

水風呂代わりに入る夜のバルト海は体験としてもスペシャル。ヘルシンキ中央部の夜景や星空を眺めながらの外気浴はプライスレス。人が少ないからこそ、やさしい波音だってちゃんと聞こえた。

結論。

Löylyで“ととのう”なら夜だ!

Top image: © 2019 NEW STANDARD

関連する記事

『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、いまだ謎めいた状態“ととのう”について解説してもらった。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
フィンランド・ヘルシンキで新たに展開されているサービス「Think Sustainably(シンク サステナビリティ)」。その名が示す通り、サービス提供が...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...