世界初の「観覧車」がヘルシンキに登場。その正体とは?

フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像がつくでしょうか?

なんと……、

ゴンドラのひとつが、

「サウナ」になってるんです!

さすがは1,500年以上の歴史を持つといわれているサウナ発祥の地!ゴンドラのひとつが、「スカイサウナ」と名付けられた観覧車式のサウナになっているんです。

20人以上の利用で貸切りが可能。定員は4、5人だとか。

さらに地上には、最大10人程度が同時に入れる豪華なジャグジーが設置されている模様。一周5〜7分のサウナに入り、地上に着くとすぐジャグジーへ。そんなアツいコンビネーションが満喫できるのです。それにしても、フィンランド人のサウナ愛がすごすぎ!

該当のゴンドラに乗るための料金は、1時間240ユーロ(約28,000円)。正直、かなり高額な印象です。ただし、夜景を見ながらのサウナ体験は、間違いなくここヘルシンキでしか味わえいユニークなもの。もし訪れる機会があったら乗ってみたい!?

※本記事では、一部誤りがあったため訂正を加えております(2016/08/18 20:30)

Licensed material used with permission by SkyWheel Helsinki