オランダの最新「風車」は、ホテルも観覧車もついているらしい

国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品のような独特の風貌。さらには、「風車」でありながら、肝心なアレがない?

ホテル、レストラン
観覧車付きの風車って
どういうこと!?

01_DWW_dag

05_DWW_Interieur_view_skylobby

世界で最も革新的な風車には、羽根がないのです。これまでに前例のない、2つのリングの構造体を三次元に組み合わせた、ダブルリング構造の風車(というより実際はクリーンエネルギーを生み出す複合ビル)は、まるで水中に浮いているようにも見えます。ユニークな外観デザインだけでなく、多様な機能を備えているんです。

DWW_01_Program_NL_web

DWW_02_Panoramic_NL_web

なんと、ダブルリング構造の外円には、ロッテルダム港湾部と街並みを一望できる、30人乗りのユニット型観覧車が。一方、内側のリングには、72戸の住宅のほか、ホテルやレストランなど複合商業施設が入る予定。
ちなみに、Windwheel内の水は、100%雨水をろ過して再利用。生ゴミもリサイクルされバイオガスへと変換し、至るところで再生可能なクリーンエネルギーの生産共有を目指しているんだそう。

水と風だけを使って発電
羽根のない次世代型風車

1509955434

さて、当然ながら「Dutch Windw Wheel」は、再生可能エネルギーを生み出す次世代風車としても注目を集めています。

この羽根のない風車の核となるシステムが、静電気を風力エネルギーに変換する「EWICON」です。かいつまんで説明すると、本来、羽根の回転で発生するエネルギーを電力に変えるところを、直接風の力から電気エネルギーを生み出す仕組み。太陽熱によって温められたフレームの内側を風が抜けるとき、温度差により水滴ができます。この水滴がフレームを伝うときの動きをエネルギーに変えるのがこの発電システムの肝となるところ。

風の国オランダの名物でもある羽根風車ですが、実際は回転する羽根の騒音問題や低周波による健康被害などを、住宅環境への影響が問題視されています。これらを改善する新たな風車の開発 が、デルフト工科大学とワーゲニンゲン大学の研究チームが共同で研究開発にあたり、すでに小型のプロトタイプでは効果が実証済みだそう。
ロッテルダムの新たな観光名所としてお披露目されるのは2020年の予定です。

Licensed material used with permission by DOEPEL STRIJKERS

フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
ウォータースライダーに観覧車の要素を取り入れるというナナメ上の発想。製作を手がけたドイツ企業「wiegand.maelzer」によれば、滑る人は無数の動き...
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
双子を妊娠し、幸せの絶頂にいたAdriannaさん。しかし、残酷なことに双子のうちの1人を亡くしてしまいます。悲しみに暮れる妻の笑顔を取り戻そうと、夫のM...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
2015年11月、万博記念公園内に誕生した日本最大級の複合施設「EXPOCITY」。すぐ隣には、ガンバ大阪の本拠地「市立吹田サッカースタジアム」も新たに完...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
会期を1日延長して、どうにか採択を迎えたCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締結国会議)。アメリカ、中国、インドなどを含めた196カ国が温室効果ガス削...
高架橋の柱と柱の間に見える時計の針のようなものがついたいくつもの丸い穴。かなり奇抜なデザインだが、それだけではない。その機能性に注目だ。「Solar Wi...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
将来的には水田を発電所と呼ぶようになるのかもしれません。オランダの企業「Plant-e」が開発したのは、植物を植えた湿地から電力を“収穫”する技術。まさに...
朝、トーストしたパンにバターを塗ったら、その上に細かいチョコレートをたっぷり振りかけて。これ、オランダ人からすれば常識。チョコレートスプレーのようなカタチ...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...