オランダの最新「風車」は、ホテルも観覧車もついているらしい

国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品のような独特の風貌。さらには、「風車」でありながら、肝心なアレがない?

ホテル、レストラン
観覧車付きの風車って
どういうこと!?

01_DWW_dag

05_DWW_Interieur_view_skylobby

世界で最も革新的な風車には、羽根がないのです。これまでに前例のない、2つのリングの構造体を三次元に組み合わせた、ダブルリング構造の風車(というより実際はクリーンエネルギーを生み出す複合ビル)は、まるで水中に浮いているようにも見えます。ユニークな外観デザインだけでなく、多様な機能を備えているんです。

DWW_01_Program_NL_web

DWW_02_Panoramic_NL_web

なんと、ダブルリング構造の外円には、ロッテルダム港湾部と街並みを一望できる、30人乗りのユニット型観覧車が。一方、内側のリングには、72戸の住宅のほか、ホテルやレストランなど複合商業施設が入る予定。
ちなみに、Windwheel内の水は、100%雨水をろ過して再利用。生ゴミもリサイクルされバイオガスへと変換し、至るところで再生可能なクリーンエネルギーの生産共有を目指しているんだそう。

水と風だけを使って発電
羽根のない次世代型風車

1509955434

さて、当然ながら「Dutch Windw Wheel」は、再生可能エネルギーを生み出す次世代風車としても注目を集めています。

この羽根のない風車の核となるシステムが、静電気を風力エネルギーに変換する「EWICON」です。かいつまんで説明すると、本来、羽根の回転で発生するエネルギーを電力に変えるところを、直接風の力から電気エネルギーを生み出す仕組み。太陽熱によって温められたフレームの内側を風が抜けるとき、温度差により水滴ができます。この水滴がフレームを伝うときの動きをエネルギーに変えるのがこの発電システムの肝となるところ。

風の国オランダの名物でもある羽根風車ですが、実際は回転する羽根の騒音問題や低周波による健康被害などを、住宅環境への影響が問題視されています。これらを改善する新たな風車の開発 が、デルフト工科大学とワーゲニンゲン大学の研究チームが共同で研究開発にあたり、すでに小型のプロトタイプでは効果が実証済みだそう。
ロッテルダムの新たな観光名所としてお披露目されるのは2020年の予定です。

Licensed material used with permission by DOEPEL STRIJKERS

関連する記事

アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
ウォータースライダーに観覧車の要素を取り入れるというナナメ上の発想。製作を手がけたドイツ企業「wiegand.maelzer」によれば、滑る人は無数の動き...
フィンランドの首都ヘルシンキにある観覧車。実はこれ、フィンランド国民にとって重要な“文化”を体現したものになっているそうです。どうでしょう、なんとなく想像...
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
デンマークのリゾートアイランドであるボーンホルム島に、2021年夏に誕生予定の「Hotel GSH」が、かつてない“環境に優しい持続可能な建造物”であり、...
こんなホテルの説明をしたら怒られてしまうかもしれない。実のことを言えば、コンセプトは<未来都市>で、破廉恥さなんて意識していないのかもしれない。とは言って...
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
エネルギーシンクタンク「Ember」の最新の年次報告書で、電力供給において風力や太陽光など再生可能エネルギーが石油を上回ったことを発表。
「セブン-イレブン・ジャパン」は9月下旬、店舗運営で使用する電力エネルギーのすべてを「再生可能エネルギー」から調達する実証実験を神奈川県内の10店舗でスタート。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
双子を妊娠し、幸せの絶頂にいたAdriannaさん。しかし、残酷なことに双子のうちの1人を亡くしてしまいます。悲しみに暮れる妻の笑顔を取り戻そうと、夫のM...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
自転車に乗るときに、ヘルメットの着用が義務化されていたり、追い越す時に確保しなければならない距離が定められていたりと、日本と比べてサイクリストの意識がちょ...
今の時代、デジタル音楽と聞いてもまったく違和感を感じませんが、ツマミを捻って音を奏でる「モジュラーシンセサイザー」が、60年代に普及し始めた時の衝撃は凄ま...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
プログラミングを、PC画面とにらめっこせずに学べるツールが開発されています。「Project Bloks」では、子どもたちが遊びながらにして、自然と基礎を...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
学術雑誌『Science Advances』に掲載された、木材を透明にする最新の研究報告。一般的に髪などを漂白する際に使用する水素で、木材が茶色く見える現...
検査のために指先から血液を採取し、さらに腹部などに注射を打つーー。糖尿病患者が抱える悩みは、想像しただけでも大変です。が、その負担を大幅に改善してくれるだ...