2025年までに、ガソリン車の販売が違法になるかも?(オランダ)

オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販売を禁止しようというのだとか。ガソリンやディーゼルはもちろん、ハイブリットカーまで規制対象に。

電気自動車以外、ほぼ禁止!

もし、この規制が正式に採用された場合、同国で販売できるのは電気自動車(EV車)と水素燃料電池で走るFCV車のみになります。「Inside EVs」が紹介した2015年に登録された車両はぜんぶで449,347台。そのうち購入されたEV車は43,000台、全体の9.6%です。

ゼロ・エミッション車の普及を進める国の中でも、販売できる車両を大幅に制限するアイデアは異例のもの。「Science Alert」では、強い賛成意見が寄せられていると伝えられており、可決される見込みが高いとの見解も多数あるようです。