車を購入したら「もっともアメリカらしい」景品がもらえる販売店

今日は、7月4日。アメリカの独立記念日です。各都市で花火が打ち上げられ、たくさんの人がお祭りムードを楽しみます。

様々な企業がキャンペーンを始めるのですが、たぶん、もっともアメリカらしいのがコチラ。

アラバマ州にあるフォードの販売店が、自動車を購入した人に「アメリカの国旗」と「聖書」をあげるというもの。本当は銃のライセンスを持っている人には「ショットガン」もプレゼントするサービスだったんですが、フォード本社の意向でナシになっちゃいました。

まあ、必要な情報ではないと思いますが……キャンペーンの終わりは7月31日です。

Top image: © iStock.com/mrod
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
7月4日といえば、アメリカの独立記念日。そんな日に、マンハッタンのスーパーマーケットで万引きした女性がいた。通報を受けた警察官が駆けつけ、逮捕するのかと思...
男女平等の権利を訴える活動は、いま世界各国で行われています。アメリカの独立記念日に際して行われたキャンペーン「#PasstheERA」では、デザイン業界・...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
「ヴィクトリアズ・シークレット」初の日本人モデルは、小椚ちはるさん。2020年春コレクションを今すぐチェックすべし。