弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。

去る7月4日は、アメリカ独立記念日。お祝いの意味を込めて花火大会があったり、家族で手持ち花火を楽しむのが恒例となっている。けれど、盛り上がりに水を差すようなトラブルがあったりもするらしい。

そこで、事故やケガを防ぐための「適切な花火の遊び方」を教えてくれているのが、弁護士のMr.Bryan Wilsonさん。先に言っておくけれど、想像しているようなお堅〜い啓蒙動画じゃありませんよ。いわば、反面教師的アプローチ。

「花火は正しく扱いましょう!」

7ae2229a0bcd4a99e726431608f9ef73403a6493A1621160106da3a9a339c217a8d7d98101d5b1d3

「まず、火をつけたらすぐに離れるんだ!」

60d4a3ec6018da60e04524b9aec8f3dd8a477211

「ガススタンド、学校、病院などの……公共施設のそばでは、いけないぞっ…」

0f8f9b722c1ecfd8a5530806c84f2766c15b07f9

「芝生は刈って、綺麗にしておくこと」

A57857d8657b6f5a9c244518e681619e06464a8d

「(ルールを守って使用しましょう)」

最後はもう、セリフを発することも出来ず、見ているこちらが心配に。

これがYouTuberなどではなく、「弁護士」だというギャップを、いまいちど堪能して。

Licensed material used with permission by Bryan Wilson
今日、7月4日はアメリカの「独立記念日」です。昼間はBBQ、夜は花火を見るというのがトラディショナルなお祝いの仕方。全米のどこもだいたい一緒。でも、ここで...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
「弁護士という職業を通じてあらゆる修羅場を見てきた」と、原和良さん。どうすれば逆境から立ち向かうことができるか、その秘訣を弁護士ならではの視点で伝える「自...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
弁護士というハードな仕事をこなしながら、複数の会社を経営するFran Garcíaの写真を見て働き方を改めねばならないと思った。多忙にも関わらず、「遊び心...
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
ここに紹介する『明るい失敗』(クロスメディア・パブリッシング)の著者・原和良さんの職業は弁護士。本書では、原さんが日々さまざまな相談を受ける中で見えてきた...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎま...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?Reference:Trending in...
男女平等の権利を訴える活動は、いま世界各国で行われています。アメリカの独立記念日に際して行われたキャンペーン「#PasstheERA」では、デザイン業界・...
日々、超多忙そうな弁護士という職種。彼らならばこその仕事の効率化。考えさせられます。