夏が恋しくなる、インスタグラマー「kei7474」の花火

何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。

青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎまくった経験があるわけでもないけど、ただただ、あの時間だけは夢見心地。

少し離れていても体の芯まで響いてくる音、知ってる人も知らない人もみんなで空を見上げている様子、職人さんたちの想いがこもったクライマックス——。思えば思うほど「うわ…もう今年の夏おわってんじゃん」とツッコミたくなる。

そんな私にとって、kei7474さん(25歳)のInstagramは、秋の夜長についチェックしてしまう癒しなのだ。

01.

古河花火大会(茨城県)

02.

びわ湖花火大会(滋賀県)

03.

大曲の花火(秋田県)

04.

諏訪湖祭湖上花火大会(長野県)

05.

神奈川新聞花火大会(神奈川県)
※写真は2016年のもの

今年は雨が多かったから、きっと私みたいに消化不良の人も多いと思う。もちろん、秋や冬にも素敵な花火大会はたくさんあるけど、やっぱり夏が恋しい。

ちなみに「kei7474」さんは、

「写真は失敗を誤魔化すためにフォトショでちちんぷいぷいのぷーいってやったものです」

とか言っちゃうあたりも好きだ。

そんな彼の写真が詰まった、日本の四季を感じるカレンダーがクラウドファンディング中。インスタで見るのもいいけど、印刷物の温かみも捨てがたい。

Licensed material used with permission by 中澤圭佑, (Twitter)
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
日本の夏の風物詩、花火。もちろん、花火は世界中で見られるものだけど、そのスケールやクオリティは、やっぱり日本に軍配が上がると思う。花火の起源には諸説あるけ...
海外で花火を見ながらカウントダウンをして新年を祝うのは、日本とは一味違った経験ができるはず。いつか見に行きたいという人も、一生見に行かないだろうという人も...
気がつけば8月も後半戦。あれほど「暑いのはもうイヤ!」と思っていたのに、いざその終わりが近づくと、一気に寂しさが押し寄せてきたり。毎年感じるこの気持ち、一...
7月4日アメリカの独立記念日にお祝いの意味を込めてたくさんの花火が空に打ち上がるけれど花火による事故が問題視されている米テキサス州フォートワースにある法律...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?Reference:Trending in...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
小さな島で過ごした夏の日のこと。
意味もなく、家で水着なんて着ちゃったりして。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯...