夏が恋しくなる、インスタグラマー「kei7474」の花火

何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。

青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎまくった経験があるわけでもないけど、ただただ、あの時間だけは夢見心地。

少し離れていても体の芯まで響いてくる音、知ってる人も知らない人もみんなで空を見上げている様子、職人さんたちの想いがこもったクライマックス——。思えば思うほど「うわ…もう今年の夏おわってんじゃん」とツッコミたくなる。

そんな私にとって、kei7474さん(25歳)のInstagramは、秋の夜長についチェックしてしまう癒しなのだ。

01.

古河花火大会(茨城県)

02.

びわ湖花火大会(滋賀県)

03.

大曲の花火(秋田県)

04.

諏訪湖祭湖上花火大会(長野県)

05.

神奈川新聞花火大会(神奈川県)
※写真は2016年のもの

今年は雨が多かったから、きっと私みたいに消化不良の人も多いと思う。もちろん、秋や冬にも素敵な花火大会はたくさんあるけど、やっぱり夏が恋しい。

ちなみに「kei7474」さんは、

「写真は失敗を誤魔化すためにフォトショでちちんぷいぷいのぷーいってやったものです」

とか言っちゃうあたりも好きだ。

そんな彼の写真が詰まった、日本の四季を感じるカレンダーがクラウドファンディング中。Instagramで見るのもいいけど、印刷物の温かみも捨てがたい。

Licensed material used with permission by 中澤圭佑, (Twitter)

関連する記事

「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
「江崎グリコ株式会社」が期間限定でリリースしたスマートフォンアプリ「ポッキー花火!」は、AR技術を介してポッキーをスマホで読み込み、そこに花火を再現すると...
東京の花火業者「丸玉屋」が制作した、文句なし!360度大迫力の花火映像。本来なら保安上、花火師にしか許されない「打ち上げ地点真下」からの貴重な花火体験も!
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
昨日から、「東京スカイツリータウン」と「すみだ水族館」にて夏の風情を感じられるコンテンツ「未来につなぐバーチャル花火」がスタート。
花火を心待ちにしている人に向け、新しい楽しみ方を提供するプロジェクト「キズナハナビ」が始動。
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...
「すみだ水族館」は、夏のショープログラム「ペンギン花火」を8月30日までの土日祝日に実施。日本最大級の屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージ...
花火の夢の意味とは?花火の夢について、登場人物、シチュエーション別に夢占いの専門家が解説します。
エジプトの著名な考古学者のザヒ・ハワス氏が率いる研究チームが、エジプト南部ルクソールにて、古代エジプトの都市遺跡を発見。
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
「日本の魅力を、多くの人に知ってもらいたい。写真の中に、“和情緒”をそっと閉じこめる。観る人が懐かしい温かみのある「日本の雰囲気」を感じられるように。そん...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
「Airbnb」から夏にピッタリの新感覚バーチャル体験が登場。「夏の風物詩」であるお化け屋敷、花火、お祭り、富士登山と、家族や友人たちと楽しめるコンテンツ...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
街中の工事現場などで見かける、通行人や一般車両の侵入を防ぐガード。数年前から、ゾウやサルなど、動物型のものを見かけることが増えていませんか?工事現場と「カ...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...