夏が恋しくなる、インスタグラマー「kei7474」の花火

何かにつけ、ひねくれて物を見がちな性格だけど、夏の花火だけは、どストレートに大好きだ。

青春時代にいい思い出があるわけでもないし、大人になってからはしゃぎまくった経験があるわけでもないけど、ただただ、あの時間だけは夢見心地。

少し離れていても体の芯まで響いてくる音、知ってる人も知らない人もみんなで空を見上げている様子、職人さんたちの想いがこもったクライマックス——。思えば思うほど「うわ…もう今年の夏おわってんじゃん」とツッコミたくなる。

そんな私にとって、kei7474さん(25歳)のInstagramは、秋の夜長についチェックしてしまう癒しなのだ。

01.

古河花火大会(茨城県)

02.

びわ湖花火大会(滋賀県)

03.

大曲の花火(秋田県)

04.

諏訪湖祭湖上花火大会(長野県)

05.

神奈川新聞花火大会(神奈川県)
※写真は2016年のもの

今年は雨が多かったから、きっと私みたいに消化不良の人も多いと思う。もちろん、秋や冬にも素敵な花火大会はたくさんあるけど、やっぱり夏が恋しい。

ちなみに「kei7474」さんは、

「写真は失敗を誤魔化すためにフォトショでちちんぷいぷいのぷーいってやったものです」

とか言っちゃうあたりも好きだ。

そんな彼の写真が詰まった、日本の四季を感じるカレンダーがクラウドファンディング中。Instagramで見るのもいいけど、印刷物の温かみも捨てがたい。

Licensed material used with permission by 中澤圭佑, (Twitter)
「花火」ときいて思い出すのは、どんなことですか?
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
夏らしい青空もないし、透き通った美しい海もない、なのにカラッとした心地いい日本の夏の「暑さ」を感じる写真たちです。撮影したのは東京在住のブラジル人フォトグ...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...