パニック障害を抱える、彼女ならではの「世界一周」

以前訪れたことのある特定の場所で、不安や恐怖を感じてしまうパニック障害「広場恐怖」。この症状に悩まされている人たちにとっては、「旅」に出ることはかなりハードルが高いという。

そこで、Agoraphobic Traveller(広場恐怖症を抱える旅人)と自らを称するJacqui Kennyさんは、自宅にいながら世界一周する方法を思いついた。彼女のアイデアには多くの反響があり、様々なメディアが取り上げるなどした結果、35,000以上のフォロワーを抱える人気Instagramアカウントに。

ストリートビューを使った
「世界一周の旅」

アラブ首長国連邦・シャールジャ

モンゴル・ウランバートル

ペルー・アレキパ

モンゴル・バガノール

ペルー・アタカマ

ベルギー・フランデレン

セネガル・サン=ルイ

メキシコ・シウダーフアレス

キルギス・ナルン

ペルー・タクナ

チュニジア・メドニン

旅をしているときは
ストレスを忘れることができる

もともと広場恐怖症を抱えていたJacquiさん。そこに、経営していた会社をたたまなければいけなくなったことが重なり、かなりのストレスに襲われたという。だから、自分のネガティブな感情を忘れられることを探し求めていた──。

そこで、Googleストリートビューを見ていたときに、行ったことのない土地を知る感覚に惹かれ、その景色をスクリーンショットするプロジェクトを始めたのだ。「今までに『旅』をした場所で一番好きな国はどこ?」という質問に、彼女はこう答えてくれた。

私は、ほぼ全ての国を旅しました。おそらく行った都市は1,000以上ですね。そのなかでもお気に入りは、モンゴル、セネガル、ペルー、チリの4カ国かな。明かりの入り方や街の色がとても綺麗なの

Photos by Jacqui Kenny/Google

Licensed material used with permission by Jacqui Kenny
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
カラフルでハッピーなインスタ映えを意識する写真が増える中で、Mimmi Strinnholmは「闇」のある写真を公開し続けている。彼女の魔女をイメージさせ...
小さな頃は、ずっと一緒にいたのに。
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
アフリカ・ケニアの自然保護区に、「Googleストリートビュー」が新たに加わりました。ただ、赤土の道をガイドしている訳ではありません。今回のプロジェクト、...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...