セクシーな女性が密かに抱えている、6つの悩み

Elite Daily」の女性ライターZara Barrieさん。正直でストレートな内容が人気の彼女が今回執筆したのは、「セクシーな女性が抱える6つの悩み」。

男勝りな内面とグラマラスな外見のギャップに悩まされてきたという彼女が、同じジレンマを抱える女性に呼びかけています。

私は「お年頃」といわれる時期を迎えたときから、自分が昔から「魅力的」だと感じていたグラマラスな女性を真似して、メイクに手を出したの。

まつ毛はマスカラで黒く塗りつぶして、リップは真っ赤なものをチョイス。ネイルは14歳のころからいつも何かしら塗ってある状態。あと、ブレスレットとヒールが音を立てるから、私が部屋に入った瞬間、みんなが気づくの。

ただファッションが派手だからって、性格もそうだとは限らないっていうことを理解してほしいの。セクシーな女性だと思われがちだけど、じつはとてもおてんばだし男勝りなところもある。セクシーなファッションで露出が増えるのはちっとも恥ずかしくないけど、見た目で性格を決めつけられるのだけはうんざり。「イメージと違った…」って勝手にガッカリされてもね…。だからラフな格好だと、ちょうど良かったりするのかも。

それでも、私はキレイに着飾っていたい。ブレスレットを何個も重ねるような派手な格好が好きだし、マスカラもたっぷり塗りたい。明日が人生最後の日だったら、ジーンズとTシャツなんかよりも、猫目のアイライナーを引いて、かわいいチュールスカートを履いて死にたい。

こうやって外見にこだわってると、ありえない理想を期待されちゃうこともあるんだけど、外見と中身のギャップに悩む女性なら、きっとこの6つのことに共感できるはず。

01.
高級なホテルより
安い飲み屋さんが好き

ロングドレスを身にまとって、持ち歩くのはパイソンのクラッチ。休日はリッツカールトンのプールサイドでリラックス…なんてよく勘違いされるの。

でも現実の私は、安くて汚い飲み屋さんが大好き。酔っ払いに絡むのも平気だし、エアホッケーも超がつくほど得意なの。BARに集まる人に安いショットをおごって、みんなでドンチャン騒ぎをするのも楽しくてたまらない。

02.
派手に見えるけど
けっして「お金持ち」じゃない

オシャレにこだわる人のほとんどは、自分が好きなものをしっかりと把握している人。だから普通の会社員じゃなくて、自分のやりたいことができるクリエイティブな仕事に就いていることが多いの。でも、こういう業界って、悲しいことに安月給…。

つまり、高級感が漂う格好をしているからって、必ずしもお金持ちだとは限らない。なのに、周りは私たちの見た目だけでお金がついてまわると思い込んでる。実際は、安く済むホームパーティが大好きなの。

03.
頭が悪いって
決めつけないで

ファッションにこだわりを持つ人は、頭が悪くて、くだらない人間だと思われがちなのが悲しいわ。でもオシャレ好きだからって、四六時中ネイルやリップの色を考えてるわけじゃないの。真面目な話をするたびにビックリするのは、もうやめてほしい。

04.
なんでもOKすると
思われがち

可愛らしい格好をしている女性は、妖精みたいなか弱いイメージだけど、でも本当はそういう子ほどタフだったりするの。男性に弄ばれるなんて、こっちからお断りよ。派手に着飾るのだって度胸がいるんだから。男性ってそのことをあまり理解していないのよね。

05.
仕事だって
ちゃんとできる

メイクやファッションが好きだと、「どうせファンデーション選びくらいしかできないんだろ」なんて思われがちだけど、私の場合、デバイスを使ったリサーチ力には自信があるわ。しっかり任せてくれれば、たくさんの指輪をはめた指で、解決案を導いてあげられる。

06.
金銭感覚より
「冒険心」が大切

私のクローゼットにある洋服は、汚れていたり、破けてたりするものばかり。でも決してそれはモノを粗末にしているわけじゃないの。結局のところ、私にとって洋服は洋服でしかないの。だからその場のノリで騒いで服をボロボロにしたって、そんなの気にしない。

500ドルする靴を履いたままプールに飛び込んだり、シルクのドレスで木に登ったり。高級な洋服がズタボロになるのって、なぜか快感なの。

どんなときでも「突発的で冒険心のある私」が、ファッションを上回るの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
女性の中でも比較的人気が高い、草食系と肉食系の特徴を両方兼ね備えている「ロールキャベツ系男子」。あなたが気になっている男性の中で、該当する人はいそうでしょ...
無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
結婚セラピストのShelly Bullard氏が「mindbodygreen」で圧倒的にセクシーになるための6つの方法をまとめています。きっと、自分のルッ...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
女性の輝きとは、内からにじみ出るもの。だから「わたしなんて...」と自分にダメ出しばかりしていると、すぐにその気持ちが表に出てきてしまいます。いつの時代も...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
アメリカで“セクシーすぎる”20代のイケメン医師が、自分の魅力を最大限に活かした奇想天外なチャリティーを実施中。「一番多く寄付してくれた女性とデートします...
女性という、生き物について。
何らかのコンプレックスを抱えていて自分に自信が持てない女性たちを勇気づけたい、そんな思いから、イギリスのファッションブランドがカラダに様々な特徴を持つ女性...
街中を歩いていると一際目を引く「背が高い女性」。テレビ等に取り上げられるスポーツ選手や芸能人を見ても一昔前より目にすることが多くなり、背が高い女性に魅力を...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
女性が男性に色気を感じる瞬間は、必ずしも“夜の営み”の最中というわけではない。そんな記事を書いているのは、「Elite Daily」のライターAlexa ...
どんな女性も、もっと素敵になるために、心に留めておくべき言葉があります。ここで紹介するのは「Elite Daily」のBrannan Bellさんがまとめ...