ZARA、H&M、FreePeople。有名ブランドで「セクシー」なコーデをお願いしたら・・・

ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを後悔させるセクシーなコーデ」というテーマで、ZARAやH&Mなど、5つのショップスタッフにコーデを組んでもらったレポート記事です。

セクシーな女性にして!

私は周りの人から「面白い」「優しい」「変」「風変わり」「なまけもの」「迷惑」「おしゃべり」と言われることは多いけど、「セクシー」って言われたことはほとんどないの。同情はしないでね。セクシーな人もいれば、可愛い人もいる。私は前者に当てはまらないだけのこと。実際、くだらない下ネタが好きだし、食事の後ごはんが顔についてたりするから、セクシーとはかけ離れていると思う。

でも、一度はセクシーな女性になってみたい!

だから思い切って、アーバンアウトフィッターズやフリーピープルへ行って、お気に入りのショップスタッフに私に似合うセクシーなコーデを組んでもらったの。セクシーだけじゃ抽象的だったから「元カレにばったり会った時、別れたことを後悔させるセクシーなコーデ」というテーマでね。

まず、これがいつもの私。ダボッとしたセーターに黒のレギンス、ムートンコートを羽織って足元はブーツ。楽ちんだけどセクシーではないわよね…。

ってことで早速、1店舗目!

01.
Urban Outfitters

(アーバンアウトフィッターズ)
「スキャンダラスなボディスーツ」

まず最初は、アーバンアウトフィッターズ。ここのスタッフが組んでくれたコーデは、ベージュのボディースーツに黒のデニム、黒のライダーズとクロッグ。

見ての通り、私の胸はまな板状態だからこんなVネックは相応しくないけど、背中が開いたスタイルって確かにセクシーな気分になる!

02.
Free People
(フリーピープル)
「男性人気No.1ワンピ」

お次はFreePeopleよ。涼しげなサンドレスにレースアップのヒール。夏の定番コーデだから新鮮さはないけれど、セクシー&キュートのバランスが絶妙♪

03.
Aritzia(アリツィア)
「上品さも兼ね備えたセットアップ」

実は私が持っている洋服の70%以上がアリツィアのものなんだけど、オレンジとベージュのカラーコーデは初めて!たぶん、同じ感じで色違いのセットアップは40着くらい持ってるけど、全然セクシーじゃなかった。でも、これならいいわよね!?

それはさておき、ここまでの3コーデ、タイプが全然違うわ。セクシーなコーデっていろいろあるのね!ただ、ひとつ共通点があって…どれもブラをしてないの。

04.
ZARA(ザラ)
「全身レースのボディスーツ」

ZARAは私が好きなファッションブランドのひとつ。でも、ここのスタッフが組んでくれたレースのバミューダパンツにスケスケのトップスを合わせたコーデは着心地が良くなかったわ。

体にフィットしすぎな感じがしたし、普段着ている洋服と正反対だし…。あまり私が好きなコーデじゃなかったってことね。

05.
H&M
(エイチアンドエム)
「“いかにも・・・”な赤ワンピ」

H&Mのスタッフは、私を一目見ただけでコーデが思い浮かんだみたい。「真っ赤なプリーツのワンピースに黒のプラットフォームヒールだ!」って。

良くも悪くも、いかにもって感じだったな〜。

結局「セクシー」って
なんだろう?

私が思っていた通り、セクシーの定義って人それぞれで、主観的なものだったの。どのお店のスタッフも、コーデを組む前に私の普段のスタイルを聞いてきたんだけど、セクシーを演出するために一番大切なのはいつもは着ない洋服を選ぶってことみたい。

つまりセクシーって心のあり方なのね。ショートパンツをよく履いている人はロングスカートを履くとセクシーな気分になるかもしれないし、いつも体のラインが出るタイトなTシャツを着ている人はゆるいカットソーを着るとセクシーな気分になるかもしれない。

あ、そうだ。ボディースーツだけは定番のセクシーコーデよ。赤ちゃんのロンパースみたいに股下のボタンを止めるときだけは不思議な感じがするけど、ボトムスを履けばそんなの関係ナシ!

Licensed material used with permission by Elite Daily
他の記事を見る
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...
アンダーウェアをチェックするなら、じつは外せないのがファストファッションブランド。なかでもH&Mは毎シーズン、トレンドを上手にMIXしたラインナップが素敵です。
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
「うんちのドナー」なるものがあります。健常な人の糞便から腸内細菌を取り出し、消化器疾患などを抱えた人の大腸に移植するんだそうです。日本でも行われていますが...
カナダのアルバータ州に住む夫婦のもとで暮らしているハンターくんは、幼い頃から新しいことに挑戦することがダイスキでした。約2年前、初めて絵を描いてみたところ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
北欧を中心に洋服を販売しているウェブサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
「Elite Daily」の女性ライターZara Barrieさん。正直でストレートな内容が人気の彼女が今回執筆したのは、「セクシーな女性が抱える6つの悩...
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...