「グッチ」と「H&M」がInstagramアカウントを......

自宅で過ごす時間が長くなり、それに比例してスマホのスクリーンタイムも大幅に増加した。インターネットがない時代だったら、いろんな意味でもっと悲惨だったかもしれない。

毎日感染者数が膨れ上がるなか、各々の認識や理解は重要なことのひとつ。そこで「グッチ」「H&M」は、Instagramアカウントを「世界保健機関(WHO)」に寄付したそう。

WHOは、公共サービスやウェルビーイング、募金に関するインフォメーションを、両ブランドのアカウントを通じてポスト。WHOのフォロワーが460万人なのに対し、グッチは4000万人、H&Mは3500万人と、ファッションブランドの影響力を強く感じる。

なお、アカウントの提供はすでに終了済だが、投稿は閲覧可能。

さらに、グッチの親会社「ケリング」は、300万枚超の医療用マスクの提供や募金の呼びかけも。H&Mは「COVID-19連帯対応基金」に50万ドル(約5300万円)寄付するなど、この危機的状況に対応している。

© Gucci/Instagram
Top image: © iStock.com/nazarkru
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事