H&Mがタクシー配車サービスと連携して、古着回収

循環型ファッションといえば、H&M。

こう言っても過言ではないほど、彼らの廃棄物ゼロを目指す取り組みは目を引きます。コットンとポリエステルの混紡素材のリサイクル技術の開発や、世界規模の古着回収サービスの実施など。

1月22日〜27日の期間限定ではありましたが、彼らはタクシー配車サービスLyftと連携して、ニューヨークで古着回収を行いました。

これは、H&Mの店舗までの乗車なら10ドル(約1100円)のクーポンが発行され、要らない洋服を持って行ったら15%OFFの割引券がもらえるという内容。

彼らはリサイクルのハードルを低くして、その大切さを訴えかけているのです。

Top image: © iStock.com/J2R
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
童話で読んだお菓子の家のように、すべてがワードローブでできた「洋服の家」がコンセプト。500点以上のファッションアイテムが着替え放題、一部を除いて気に入...
「H&M」が、ストックホルムの旗艦店で「衣類レンタルサービス」のトライアルを開始する。
10月3日、「H&M」は老舗セーターブランド「Pringle of Scotland(プリングル・オブ・スコットランド)」とのコラボラインを発表した。今回...
シグネチャーがデザインされたロングTシャツやパーカー、スウェットパンツ、ニットキャップなど、彼女のセンスが凝縮されたアイテムの数々が展開されるそう。
「リーボック」のスペシャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」が2月28日(金)に発売。