「下着を履かない生活」を試してみてほしい11の理由

息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexia LaFatoさんが推奨するのが「パンツを履かない生活」。

あり?なし?

01.
とにかくラク!

正直、この理由に尽きるかもしれません。パンツを脱いでデリケートゾーンを自由にさせてあげれば、体も一気にリラックスモード。

そこにワインもあれば、言うことなし。

02.
履かなくても
炎症は起きない?

「Planned Parenthood New York City’s」で、臨床研究とトレーニングの副医長を務めるGillian Dean医師によると、パンツを履かないままズボンを履くことは、菌を呼び寄せることに直接関与していないそう。そのため、細菌性膣炎やカンジダ膣炎などの心配をする必要もないと言います。

03.
むしろ炎症を緩和する
という話も…

婦人科医のDr. Kate氏は、自身のブログで「かゆみを感じるなら下着は履かないこと」とオススメしています。日中はちょっと…と思う人は、せめて夜だけでも試してみては?

陰部はもともと湿っていて、毛も生えているので、換気がしづらいエリア。そのため、パンツを履くと逆に菌が増殖してしまうのだとか。膣にかゆみを感じるあなたは、騙されたと思って一度「パンツを履かない生活」に切り替えてみては?

04.
下着が透けることがない

タイトで色の薄いズボンから下着が丸見え。そんな女性、見たことありませんか?「自分で気づかないものなの?」と不思議に思えるかもしれません。

そもそもパンツを履かなければ、こんなに恥ずかしい経験をすることもありません。でも、パンツなしで出かけるときは、ホットパンツやスカートは控えましょう。

05.
お尻に食い込むこともない

パンツの食い込みを避けたいのなら、脱いでしまいましょう。キレイな後ろ姿を手に入れるためなら、試す価値ありでしょう?

06.
いざドレスを着るときも
違和感なし

もしかしたら、パンツ履いたままだと着れない服に遭遇するかもしれません。そんな日に備えて、履かないほうに切り替えるのもありでしょう。

たとえばセレブが着るハイカットのドレスなんて、パンツを履いてたらとてもじゃないけど着れないでしょ?

07.
自然と色気が出る

レースのランジェリーを着て気分を上げる女性もいるかもしれません。でも、「ジーンズの下は何も履いていない」に勝るセクシーさはないでしょう。

内側から出る色気が、同僚や友だち、そして気になる相手の前でも自信として表れるはず。

08.
セクシーさに、彼も夢中

今の彼とのセックスライフを燃え上がらせたいとき。公共の場で「じつはこの下、何も履いていないの」と彼の耳元に囁いてみたり…。

09.
おかげでジーンズも
ジャストフィット

パンツを履くと、お尻周りがきつく見えてしまうボトムスもあります。そんなときは「パンツを履かない」が、最適の手段。

パンツを履かなければ、ジーンズのフィット感を気にする必要もなくなって、ひと回り小さいサイズのジーンズだって履けちゃうかもしれません。

10.
ちょっと
気持ち良かったり

パンツを履かないのは、本当に快適。いえ、むしろ「快感」とも言えるかも。縫い目が厚いジーンズを履いているとき、感じてしまうこともあるんです…。

11.
下着がないときも
大丈夫

収納を開けたら、下着がない!でも、洗濯をする時間もないし…。そんなときも悩む必要はありません。

洗ってない使用済みのパンツを履くなんていう選択肢は捨てて、「パンツを履かない生活」をはじめる絶好のタイミングだと思って、試してみましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
デリケートな部分を守るため、隠すため、カタチを整えるため。私がもう一つあげるとしたら、「気持ちを引き締める」ため。服を上から着てしまったら意味ないじゃんっ...
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
カナダのファッションカンパニーが開発した下着「Skiin」は、あなたの体温や心拍数、呼吸回数、水分量、体脂肪率などのあらゆる健康に関するデータを集めてくれます。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
洋服って、たとえサイズが合わなくても、お直ししたり、ベルトでブラウジングなどで調節可能ですが、下着だとそうはいきませんよね。デザイン重視で選んでしまうと、...
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
「そんなはずはない!」 でも、“あり得ないところ”から確かに視線を感じる…。そうした違和感を感じていたら、にゃんとこの子の仕業でした。Reference:...
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
「Emglare」は心拍数を測定してくれて、心電図の記録もサポートしてくれるスマートウェア。異常が見つかった場合はアラートを出してくれる機能もある。
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
昨年、「Collective Evolution」に掲載されていたAlanna Ketler氏の記事は、大きな話題を呼びました。スキニージーンズを長時間履...
異国文化の窓口として400年以上の歴史をもつ長崎から、日本伝統の「ふんどし」の魅力を発信するお店『TeRAYA』にお邪魔しました。
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
〈BETONES(ビトーンズ)〉の新作「CRASH」シリーズは、発色の良いカラーはそのままに、ブランドロゴまでをワントーンで統一。ビビッドでありながら主張...