「下着を履かない生活」を試してみてほしい11の理由

息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexia LaFatoさんが推奨するのが「パンツを履かない生活」。

あり?なし?

01.
とにかくラク!

正直、この理由に尽きるかもしれません。パンツを脱いでデリケートゾーンを自由にさせてあげれば、体も一気にリラックスモード。

そこにワインもあれば、言うことなし。

02.
履かなくても
炎症は起きない?

「Planned Parenthood New York City’s」で、臨床研究とトレーニングの副医長を務めるGillian Dean医師によると、パンツを履かないままズボンを履くことは、菌を呼び寄せることに直接関与していないそう。そのため、細菌性膣炎やカンジダ膣炎などの心配をする必要もないと言います。

03.
むしろ炎症を緩和する
という話も…

婦人科医のDr. Kate氏は、自身のブログで「かゆみを感じるなら下着は履かないこと」とオススメしています。日中はちょっと…と思う人は、せめて夜だけでも試してみては?

陰部はもともと湿っていて、毛も生えているので、換気がしづらいエリア。そのため、パンツを履くと逆に菌が増殖してしまうのだとか。膣にかゆみを感じるあなたは、騙されたと思って一度「パンツを履かない生活」に切り替えてみては?

04.
下着が透けることがない

タイトで色の薄いズボンから下着が丸見え。そんな女性、見たことありませんか?「自分で気づかないものなの?」と不思議に思えるかもしれません。

そもそもパンツを履かなければ、こんなに恥ずかしい経験をすることもありません。でも、パンツなしで出かけるときは、ホットパンツやスカートは控えましょう。

05.
お尻に食い込むこともない

パンツの食い込みを避けたいのなら、脱いでしまいましょう。キレイな後ろ姿を手に入れるためなら、試す価値ありでしょう?

06.
いざドレスを着るときも
違和感なし

もしかしたら、パンツ履いたままだと着れない服に遭遇するかもしれません。そんな日に備えて、履かないほうに切り替えるのもありでしょう。

たとえばセレブが着るハイカットのドレスなんて、パンツを履いてたらとてもじゃないけど着れないでしょ?

07.
自然と色気が出る

レースのランジェリーを着て気分を上げる女性もいるかもしれません。でも、「ジーンズの下は何も履いていない」に勝るセクシーさはないでしょう。

内側から出る色気が、同僚や友だち、そして気になる相手の前でも自信として表れるはず。

08.
セクシーさに、彼も夢中

今の彼とのセックスライフを燃え上がらせたいとき。公共の場で「じつはこの下、何も履いていないの」と彼の耳元に囁いてみたり…。

09.
おかげでジーンズも
ジャストフィット

パンツを履くと、お尻周りがきつく見えてしまうボトムスもあります。そんなときは「パンツを履かない」が、最適の手段。

パンツを履かなければ、ジーンズのフィット感を気にする必要もなくなって、ひと回り小さいサイズのジーンズだって履けちゃうかもしれません。

10.
ちょっと
気持ち良かったり

パンツを履かないのは、本当に快適。いえ、むしろ「快感」とも言えるかも。縫い目が厚いジーンズを履いているとき、感じてしまうこともあるんです…。

11.
下着がないときも
大丈夫

収納を開けたら、下着がない!でも、洗濯をする時間もないし…。そんなときも悩む必要はありません。

洗ってない使用済みのパンツを履くなんていう選択肢は捨てて、「パンツを履かない生活」をはじめる絶好のタイミングだと思って、試してみましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

デリケートな部分を守るため、隠すため、カタチを整えるため。私がもう一つあげるとしたら、「気持ちを引き締める」ため。服を上から着てしまったら意味ないじゃんっ...
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
カナダのファッションカンパニーが開発した下着「Skiin」は、あなたの体温や心拍数、呼吸回数、水分量、体脂肪率などのあらゆる健康に関するデータを集めてくれます。
「パンツ」って、値段も大きさも、使い勝手的にもプレゼントにモッテコイだと思いませんか?なぜか「ちょっと変なもの」をもらっても、嬉しくなっちゃうのもいいとこ...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
洋服って、たとえサイズが合わなくても、お直ししたり、ベルトでブラウジングなどで調節可能ですが、下着だとそうはいきませんよね。デザイン重視で選んでしまうと、...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。