#ノーパンツデー 下着姿のセクシーな集団がNYの地下鉄をジャック

ええっ、NYの地下鉄で
全員パンツ!?

2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった!?なんてことももちろんない。彼らは、パンツ姿で地下鉄に乗車するため、脱ぎたくて脱いだ“ノーパンツ族”。

実はこれ、今年で15年目を迎える「ノーパンツデー」なるイベントなのだ。蛇足だが、ここで言うところの“ノーパンツ”は、下半身に下着のみ着用するという意味合い。

世界25カ国、60都市で開催
数万人が“ノーパンツ”の一日

意味不明のおバカなイベントは、すでに今年で15回目と意外にも歴史が古い。もともと、2002年にNYのいたずら集団「Improv Everywhere」7人のグループが、パンツ姿で地下鉄に乗るパフォーマンスを開始したのが始まりだ。

こう聞くと、何かのチャリティー活動と思いたくなる。が…実際、何の関係もなく、純粋にただのおふざけを楽しんでいるだけ。

ところが、そのバカバカしさとお祭り騒ぎが一挙に伝播し、なんと今年は世界25カ国、60以上の都市で「ノーパンツデー」が同時開催されたそうだ。発祥の地NYでは、約4,000人が7つの会場に分かれて参加。NY市地下鉄の11ラインをジャックした。

突然、車内でズボンを脱ぎ出す参加者たち。

「一体、何が始まったんだ?」事情を知らない、いぶかしげな表情の乗客。

ドアが開いた瞬間、下着姿の集団がドドド…。これだけノーパンツ族がいれば、もはや恥ずかしさなんて皆無だろう。

そのまま出口へ。

小さい子どもだって(笑)。

こんな格好してたって、警察官も素通り。
裸で公共交通機関に乗車することは、法律で禁じられているが、どこにもズボンを着用していなければならないとは、明記されていない。と「Washington Post」までが、ノーパンツデーを大々的に報じる寛容さ。アメリカって、どこまでも面白い!

ウソ!?日本でも…

なんとなんと、ノーパン族は東京にも!?もしかしたら、1月10日こんな下半身あらわの集団を目にしていたかも?

「我こそは!」という皆さん、来年に向けて下半身のシェイプアップに励んでおこう。

Reference:Washington Post
Licensed material used with permission by ImprovEverywhere.com
昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年も開催。簡単にいうと...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
ニューヨークを舞台にImprovEverywhere.comによって企画されたのは、地下鉄で友人のサプライズ誕生日パーティーを開こうというもの。ある女性は...
大手ファストフードチェーン店「ジャック・イン・ザ・ボックス」のキャラクター変更には、世間を揺るがした大事件が関係してた!
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!