17年目のパンツ。

今年もやってきましたこの季節。昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年の1月8日に開催された。このイベントを簡単に説明すると、パンツ姿で地下鉄ジャックするというもの。

男も女も子どもも大人も関係なく、ズボンもスカートも履かない人々。電車へと乗り込む彼らの堂々とした姿をどうぞ。

“お出かけ用のパンツ”を履いて。

知っている人も多いかもしれないけれど、No Pants Subway Rideのような「ノーパンツデー」という世界的なイベントがある。念のために説明しておくと、ここでいうノーパンツはパンツを履かないんじゃなくて、ズボンやスカートを履かないってこと。

地下鉄に乗り込む人々の色とりどりのパンツ。日本ではちょっと馴染みのない文化だけど、実はちらほらとイベントや個人でトライしている人もいる。もしも、わたしだったら、絶対に新しいものを購入して、“お出かけ用のパンツ”をお披露目したい(現実にするかどうかは別として)。

まぁ、そんな目で見ちゃうよね。

今年で、17年目になるこの“パンツイベント”。だからって、みんながみんなパンツ姿の人々を“普通”に受け入れているワケではなさそう。ちなみに、長年続いているプロジェクトだけど、特に「目的も意味もない」らしい。最初は7人ではじめたことだったけど、どんどん人が増え、今では何千もの人が世界各国で行なっているビッグプロジェクトだという。

でも、それってなんだかステキ。意味のないことを続けてやる、ただ楽しむだけのもの。もしかしたら、“おバカ”だと思う人もいるかもしれないけれど。人間、たまには堂々と、おバカなことをやってもいいんじゃない?

Licensed material used with permission by Improv Everywhere

【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポッチっと受付中です。こちらからどうぞ

リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
「Google」の開発する「Google Map」が2月6日で15週年を迎え、それを記念した大型アップデートを実施。今回のアップデートで、メイン画面にタブ...