17年目のパンツ。

今年もやってきましたこの季節。昨年も紹介したけれどNY在中の『Improv Everywhere』という集団による「No Pants Subway Ride」が今年の1月8日に開催された。このイベントを簡単に説明すると、パンツ姿で地下鉄ジャックするというもの。

男も女も子どもも大人も関係なく、ズボンもスカートも履かない人々。電車へと乗り込む彼らの堂々とした姿をどうぞ。

“お出かけ用のパンツ”を履いて。

5369873660116992544524147779174447447591553597446346042752630784

知っている人も多いかもしれないけれど、No Pants Subway Rideのような「ノーパンツデー」という世界的なイベントがある。念のために説明しておくと、ここでいうノーパンツはパンツを履かないんじゃなくて、ズボンやスカートを履かないってこと。

地下鉄に乗り込む人々の色とりどりのパンツ。日本ではちょっと馴染みのない文化だけど、実はちらほらとイベントや個人でトライしている人もいる。もしも、わたしだったら、絶対に新しいものを購入して、“お出かけ用のパンツ”をお披露目したい(現実にするかどうかは別として)。

まぁ、そんな目で見ちゃうよね。

4938667869077504484518307404185649721408980254726184947589054464

今年で、17年目になるこの“パンツイベント”。だからって、みんながみんなパンツ姿の人々を“普通”に受け入れているワケではなさそう。ちなみに、長年続いているプロジェクトだけど、特に「目的も意味もない」らしい。最初は7人ではじめたことだったけど、どんどん人が増え、今では何千もの人が世界各国で行なっているビッグプロジェクトだという。

でも、それってなんだかステキ。意味のないことを続けてやる、ただ楽しむだけのもの。もしかしたら、“おバカ”だと思う人もいるかもしれないけれど。人間、たまには堂々と、おバカなことをやってもいいんじゃない?

Licensed material used with permission by Improv Everywhere

【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポッチっと受付中です。こちらからどうぞ

あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
リフティングができるほどの運動機能性が備わっているという。数ある機能を重視したフォーマルなパンツのなかでも、フットボールメーカーが“リフティングできる!”...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
代々木上原の『タテイスカンナ』で〈Anti-weathers(アンチウェザーズ)〉に別注をかけた「アンドロップパンツ」はアウトドアに最適な機能が満載。ロー...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
生理は女性にとって切っても切り離せないもの。でも毎月その現象と付き合っているのは、必ずしも「女性」だけとは限りません。性別に関係なく、生理がくる全ての人が...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
汗のいやな臭いを吸収してくれるズボン。秘密は、素材の一部に使われているコーヒーの出がらし。夏場でも、1日中快適に過ごすことができそう。
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
トランクスタイプっていうだけで、敬遠する人もいると思いますが、「SIXTINE'S」のパンツには、フロントのインナーにライニングが付いています。ゆえに見た...
英国人の本気度たるや。世界の人々の生活をガラっと変えてしまうかもしれない偉大な発明とも言えるこちらの商品。なんと、オナラをしてもそのニオイが気にならない「...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
〈BETONES(ビトーンズ)〉の新作「CRASH」シリーズは、発色の良いカラーはそのままに、ブランドロゴまでをワントーンで統一。ビビッドでありながら主張...
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「KNIGHT Pants」の紹介です。
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
〈BETONES(ビトーンズ)〉の「DANIEL2」は、ワッフル素材を使ったボクサーパンツ。ふわっとした肌触りのよさに加えて、動きやすさやフィット感も抜群...
洋服って、たとえサイズが合わなくても、お直ししたり、ベルトでブラウジングなどで調節可能ですが、下着だとそうはいきませんよね。デザイン重視で選んでしまうと、...
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
ゲーリー・リネカー氏が韓国対ドイツ戦の結果を受けて、28年前に放った言葉を取り消すことに。