今の気分にちょうどいい「ミリタリーパンツ」

以前にも紹介した「Poutnik(ポートニック)」から、今回は「KNIGHT Pants」をチョイス。ルーズシルエットを基本とするミリタリーパンツが、現代的にアップデートされるとこうなる!

股と膝部分の立体縫製は、同ブランドが得意とするところ。フロントとヒップポケットのフラップが交差するシャープなカッティングデザインも効いています。

そしてなにより、膝から下へゆるやかにかかったテーパードが絶妙。細すぎず、太すぎずのナチュラルなシルエットが、今の気分にちょうどいい!

ルックスの良さがわかったところで、履き心地の補足も。

採用しているのは、チェコ軍用として開発されたファブリック。ストレッチ性に優れているため、とにかくストレスフリーで驚きました。

前にかがんだときでさえリラックスした状態が保てるのは、ヒップ周りだけゆったりとしたデザインになっているから。トラベルラインゆえ、快適性にも相当なこだわりが見られます。

それにしても、横から見たときの佇まいが最高にカッコいい!

©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
北欧を中心に洋服を販売しているウェブサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
あのペラペラの太いパンツをもとに、“2018年の日本の都市でかっこよく、快適に履けるパンツ”へとアップデートしたのが、この「コンフォータブルパンツ」だ。
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
エチオピアのファッションブランド「MAFI MAFI」の洋服は、伝統的な生地や製法が使われていますが、従来のアフリカファッションのイメージに比べるとカジュ...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
チェコのアウトドアブランド「Tilak(ティラック)」。その代名詞とも言える「ATTACK JACKET」の紹介です。
ノルウェーのアンダーウェアブランド「TUFTE(トゥフテ)」。ここのボクサーパンツはモノが違います。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...