ミリタリーパッチは、マニアだけのものじゃない。ファッション視点でも楽しめます。

これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。

まあワッペンの一種ですね。

ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?

あそこにつけるんです。

マニアの人は、階級やコールサインが入っているリアルな軍モノのパッチを好むみたいですが、僕はどちらかというと、ファッション視点。

なので、ミリタリー色の濃いものより、ジョークになっていたり、デザインとしておもしろみがあるものを中心に集めています。

海外には専門のブランドまであるんですよ。

最近ではアウトドアウェアやHelinoxのチェアにも面ファスナーがついているので、ただ集めるだけじゃなくて、デイリーに付け替えて楽しんでいます。ピンバッチとかの感覚に近いですね。

同じウェアやアイテムでも、パッチをつけ替えることで、新鮮に感じられます。

一番のお気に入りですか?

ひとつを選ぶのは難しいですが、“404 not found”と書かれたこのパッチなんか、ユーモアがあっていいですね。

こういうの、アメリカではモラルパッチといって、人気が高いんですよ。

中澤範龍/「Khaki」プロジェクト・リーダー
アウトドア専門誌などで活躍中。ミリタリーにまつわるアレコレを紹介するwebマガジン「Khaki」は、近日OPEN予定。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

ミリタリーっぽいプリントが効いてます。これがあるだけで、質実剛健のゴム長がいきなりファッションアイテムになっちゃう。〈VOIRY STORE〉のこういうア...
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
チェコのアウトドアブランド「Tilak」のトラベルライン「Poutnik(ポートニック)」。その「KNIGHT Pants」の紹介です。
アウトドアでは、タクティカルナイフ(軍用モデル)を愛用。〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのものです。アウトドアには不必要なギミックもあります...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
ポートランド発〈POLeR(ポーラー)〉の「BACKSIDE BOARDSHORTS」は、海やプールで存在感バッチリ。グラフィカルなデザインは、大人の遊び...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
ワシオ株式会社から発売されている「もちはだ」。特殊なブラシによって起毛させた生地は、ネーミングの通りのモチ肌のような触り心地で、保温力も抜群。アウトドアラ...
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
オートバックスセブンが展開する〈JKM〉のシートカバーは店頭で見かけた瞬間、ソッコーでレジへ持っていきました。
デスク作業用にモバイルしている〈PELTOR(ペルター)〉の防音イヤーマフ。耳栓代わりに使えますが、完全にオーバースペック。でもカッコイイんです、コレ。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
ミリタリーアイテムに採用されている「パラシュートボタン」が誕生した理由とは?
海外では、体に貼るだけでいい「2日酔い防止製品」が話題なようです。お酒の席が増えるほど何らかの防止策が必須とはいえ、毎回ドリンクや粉末・錠剤を飲み込むのっ...