ミリタリーパッチは、マニアだけのものじゃない。ファッション視点でも楽しめます。

これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。

まあワッペンの一種ですね。

ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?

あそこにつけるんです。

マニアの人は、階級やコールサインが入っているリアルな軍モノのパッチを好むみたいですが、僕はどちらかというと、ファッション視点。

なので、ミリタリー色の濃いものより、ジョークになっていたり、デザインとしておもしろみがあるものを中心に集めています。

海外には専門のブランドまであるんですよ。

最近ではアウトドアウェアやHelinoxのチェアにも面ファスナーがついているので、ただ集めるだけじゃなくて、デイリーに付け替えて楽しんでいます。ピンバッチとかの感覚に近いですね。

同じウェアやアイテムでも、パッチをつけ替えることで、新鮮に感じられます。

一番のお気に入りですか?

ひとつを選ぶのは難しいですが、“404 not found”と書かれたこのパッチなんか、ユーモアがあっていいですね。

こういうの、アメリカではモラルパッチといって、人気が高いんですよ。

中澤範龍/「Khaki」プロジェクト・リーダー
アウトドア専門誌などで活躍中。ミリタリーにまつわるアレコレを紹介するwebマガジン「Khaki」は、近日OPEN予定。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。