ミリタリーが起源の「特殊なボタン」が生まれた理由

ボタンに開いたふたつの穴幅広の頑丈なテープを通して縫い込むことで固定する「パラシュートボタン」

もともと軍隊の空挺部隊が着用するジャケットなどに採用されていたことからそう呼ばれるようになったのは、ご推察の通りです。

それにしても、なぜこのような形状のボタンが誕生したのでしょうか?

そもそも、洋服のあらゆる部位のなかで、もっとも脆弱なのがボタンの糸付け部分です。

そのため、洋服の内側から金具でボタンを留めるチェンジボタンや機械を使った強力な糸付けを可能にした猫目ボタンなど、これまで様々な仕様やボタンが開発されてきました。

ひとつのボタンが取れてしまうことで命に危険が及ぶかもしれない戦地において、降下中にボタンがパラシュートなどに引っかかっても千切れる心配が少ないパラシュートボタンの開発・採用は、軍と空挺部隊にとっては必然だったといえるのです。

また、危険を伴う作業の際に着るウエアには“脱ぎやすさ”も大事な要素のひとつです。

落馬した際、馬具に引っかかった洋服を素早く脱げるようにスナップボタンを採用したウエスタンシャツや、荒れ狂う海に落ちたときでもグローブをはめたままボタンを外すことができるダッフルコートなどと同様に、パラシュートボタンが採用されている洋服は、襟元をつかんで下方向に引っ張ることですべてのボタンが一息で外せるように設計されているんです。

現在販売されているパラシュートボタンのアイテムは、デザイン重視のタイプがほとんどなので、乱暴な扱いはおすすめしませんが、その構造をじっくりと観察してみると、実用性を研ぎ澄ませた作りであることがきっと伝わるはずです。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
ボタンは糸で縫い付けるから取れる。そんな当たり前にギモンを抱き、視点を変えることで誕生したのが「Fast Button」。
知ってるようで知らないフォーマルウエアのマナー。「ジャケットの一番下のボタンを外す理由」って?

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
バイクギアメーカー「KUSHITANI」とサステイナブルブランド「SEAL」がコラボした廃タイヤチューブをアップサイクルしたバッグギア2製品が発売。
カカオの外皮「カカオハスク」を使用したアップサイクルコーヒー「カカオコーヒー」が誕生。
東京・西大井の人気店「超蜜やきいもpukupuku」の焼きいもを、ボタンひとつで作れる究極の焼き芋トースター。