「ラグランスリーブ」が生まれた理由

人気のスポーツカジュアルスタイルが簡単に演出できる「ラグランスリーブ」のTシャツやカットソー。

首周りのリブから鎖骨、脇の下、肩甲骨のうえをグルリと走る切り替えが特徴のこのディテールは、様々なスポーツウェアに採用されていることからもわかる通り、肩や腕の動きを抑制しないための構造なのですが、その起源は1800年代の中頃までさかのぼります。

1816年、英雄ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍が、イギリスを中心とした連合軍と熾烈な戦いを繰り広げた「ワーテルローの戦い」

戦いに敗れたフランス皇帝・ナポレオンが南太平洋の孤島・セントヘレナに幽閉されるきっかけとなったこの戦争で、イギリス陸軍の軍人であり政治家のフィッツロイ・ジェームズ・ヘンリー・サマセットは右腕を失います

後に彼は、戦争で手や腕を欠損してしまった兵士のために、脱ぎ着しやすく動きやすい洋服のパターンを考案するのですが、それが時を経てスポーツウェアのディテールに転用されるようになったのだとか。

ちなみに、フィッツロイ・ジェームズ・ヘンリー・サマセットは、数々の功績を讃えられ、1852年に新設された連合王国貴族の爵位を受けています。その爵位の名は──「ラグラン男爵」

つまり、ラグランスリーブとは、戦争で腕を失くしたラグラン男爵が、腕や手を怪我してしまった兵士のために生み出した、悲しくもたくましい歴史をもったデザインだったのです。

今ではスポーティでカジュアルなイメージが強いアイテムにこんな過去があったなんて......洋服の歴史は、人類の歴史そのものといえるのではないでしょうか。

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
アメカジ好きなら誰もが感じたことがあるだろう「古着屋のにおい」がついに判明?!
アメカジの定番アイテムである「スウェット」の「リブ」に隠された秘密をご紹介します。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
肌着メーカー「GUNZE(グンゼ)」から、「肌にやさしい洗える冷感布製マスク」が登場。肌触りがよく、長年に渡って肌に触れる製品を作ってきたこだわりを感じる...
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
アメカジの定番アイテムであるオーバーオールのフォルムには、こんな秘密が隠されていました!
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
「Off-White(オフホワイト)」のアクティブウェアが人気必至!ジムやスポーツ用はもちろん、普段着使いしたいトレーナーやパーカーも!
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
カウチンセーターなどでよくみられる、オフホワイト、ベージュ、ダークブラウンなどの茶系の色味で模様が描かれたデザイン。そのデザインや色味が「染色」ではなく、...
長い歴史をもつ「ジーンズ」の「ベルトループ」にこんな秘話が?
アメカジアイテムの定番のデザインパターンである「ヒッコリーストライプ」の歴史とデザインについてご紹介。
アメカジファッションの定番アイテム「スウェット」の「首元のV字」に隠された意味とは......!?
東京・銀座に、美容目線で厳選したナッツ16種類を揃える専門店「美容とナッツの専門店 produced by Terra grano」が登場。専門スタッフに...
今月1日(火)、「味覇(ウェイパァー)」に新商品の青い缶がお目見え。エビにアサリ、昆布、オイスターなどを合わせた海鮮調味料だ。
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
ジーンズの前立てに施されている「ボタンフライ」と「ジッパーフライ」の歴史と用途をプロが解説。
アメリカの老舗ブランドから、アメカジで定番のハーディング柄マスクが登場。
ヨーロッパではグローブにさまざまな動物の革を使用するのに対し、アメリカでは「ディアスキン<鹿皮>」一辺倒。その理由とは?
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。